最近のコメント

アーカイブ

2016年09月28日

石に立つ矢

石に立つ矢
『韓詩外伝』の楚の熊渠子や、『史記(李広伝)』の李広という勇将が、
大石を見誤って虎だと思って弓を射ったところ、立つはずのない矢が
石に突き刺さったという故事から
どんなことでも、必死になって行えば必ずできるということのたとえ。

高3生の皆さん、今一度、志望校を確認してください。そして、自らが現役合格する
ことを信じ、大学受験に向け、必死になりましょう。ここからが勝負です。

雨垂れ石を穿つ
軒下から落ちるわずかな雨垂れでも、長い間同じ所に落ち続ければ、
ついには硬い石に穴をあける意味から
どんなに小さな力でも、根気よく続けていればいつか成果が得られる
ということのたとえ。

高1高2生の皆さん、目標を持ってやり続けていることはありますか?
部活をはじめ、学習以外のことでも言えますが、学習面ではどうでしょうか?
英単語や熟語・構文、古文単語や句形などの暗記内容を覚えていくことを
早め早めから続けていくことで、受験勉強を本格的に始めた時には、大きな
武器となるでしょう。『思い立ったが吉日』今から始めていきましょう。

進学アドバイザー 乕間

2016年09月21日

明確な意思表示

 みなさんこんにちは。10月を前にして皆さんに確認をしておきたいことを以下に記載します。
 高3生はセンター試験まで115日になりました。皆さんにとっての本格的な受験勉強の1年のうち3分の2が終了したことになります。
 高2生は大きな学校行事が終わりつつあり、受験生としての気持ちの入れ替えをしている人も多くいるのではないでしょうか。
 多くの高校では、10月から学校指定(受験必須)の模試が本格的に行われる時期に入ります。マーク・記述系模試を受験し、翌月11月には大学別模試を受験し、両方においてなにかしらの結果を出さなければなりません。

 時期としてはマークで結果を出し、次に記述(大学別)で結果を出すという、一応の順番がありますが、各自が”結果”というものに対して本気で取り組まなければならない時期が来たのです。
 その中でも「これは」というものを明確にしておく必要があります。それは”苦手科目の押し上げ”かもしれませんし”得意科目で結果を残す”ということかもしれません。そこの明確な意思があれば、試験の結果(判定)を見なくても、受験し終わった時点で課題が浮き彫りになるはずです。それが次の本番までにしあげなければならない課題となる訳です。

 高2生も同様のことが言えます。高2生のセミナーで伝えることに、高3生の始まりでスタートラインがそろうという考えは”幻想”でしかないということです。
 何事においても早くに始めることが大切ですが、そのスタートラインまでに何を”課題”として、そこにどれぐらい辿りつけたのかが重要です。
 高2・高3生が本格的に意識を変えなければならない時期が迫っています。当然のことながら、講師・スタッフも全力でサポートします。これからの3ヶ月が実りあるものにするために頑張っていきましょう。

進学アドバイザー 湯川

2016年09月14日

暗記のコツ

まだまだ残暑が厳しい日がありますが、少しずつ秋を感じられる日が増えてきま
した。

9月からの学習では、まず、夏期の復習を中心としたインプットの学習で、習い
終えた知識の定着を徹底してください。授業や自習で一度インプットを終えた
ら、その次のステップの中心は復習に移ります。復習は一度で完璧に覚えようと
するのではなく、何度も何度もくり返すことに重点を置いてください。一度し
かインプットしていない記憶は数日後にはほぼ喪失してしまい、結局はほとんど
記憶として残りません。また、機械的にこなすような勉強では身につきにくい
ので、必ず「理解」することに重点を置いてください。

暗記の勉強にはいくつかのポイントを挙げることができます。暗記において既存
の知識と関連させることは非常に有用です。人間の脳は、無味乾燥な単語の羅
列を覚えるようにはできていません。新しい知識を覚える際には反復が必須とな
ります。語呂合わせも既存の知識と関連することの一例です。

また、覚えるだけでなく「理解」することで、覚えた知識を定着させやすくなり
ます。「数学・物理の公式を暗記したいなら、公式を一度自分で証明してみ
る」「歴史の用語は、用語集で関連知識を整理する」などです。もし「反復なし
で覚えたい」「反復の回数を少なくしたい」と思うのなら、このような関連付
けは不可欠です。

そして、単語だけに限らず、何かを覚えるときには必ず「声に出して読む」よう
にしてください。声に出して読むことで、視覚情報だけでなく、聴覚、その他
の感覚器官も使うことになるので、より強いインパクトとして脳に残りやすくな
ります。

さらに大切なのは、「知る」ことに感動することです。「へぇ」「なるほど」と
いうような、ある種の感動を伴いながら覚えることができると忘れにくいと思
います。勉強以外で感動したことを思い浮かべると容易にわかりますよね。これ
は勉強の暗記にも同じことが言えます。

進学アドバイザー 古川

2016年09月07日

ちょっと視点を変えてみる 〜シリーズ院

今回のテーマは『0に戻す』です。

皆さん夏休みが終わり、2学期がスタートしていると思いますが、研伸館でも後期授業が今週月曜日から開始となっています。受験生は夏が終わり、より一層受験への緊張と気持ちの高まりがあるのではないでしょうか。

学校でも夏前にはあまり話題にも上がってこなかった推薦入試・AO入試などの話が湧き上がり、連日相談にくる方も多く、一旦志望校は夏前に決めていたものの、夏を経て、最終的な志望校・志望学部選びの相談にくる方もいます。

そこで今回のテーマですが、皆さんは夏の40日間で勉強してきた内容をたった1日で方向転換する覚悟はありますか?

『いやそれはちょっと。。。』

そんな声が聞こえてきそうですが、高3生はこの時期、決断を求められます。

最終的に志望校・志望学部が決まった時に夏に勉強してきた科目が、受験において不要(あるいは一部が不要)になった時、潔くその科目を断ち切って現役合格に邁進できるか惰性で勉強してしまうかによっては結果に大きな差が生まれます。

思い切って方向転換するのは、とても勇気のいる事ですが、保険を掛けながら勉強した時には大きな成果を出すことが難しくなるケースも多々あります。

『取り敢えず・・・』この言葉はこれから危険ですね。

この夏、リオオリンピックがありましたが、トップアスリートであっても同じような決断をしている選手はたくさんいます。

今までの自分のフォームでは、銅メダルは取れるが、銀以上は取れない。
しかし、フォームを変えてしまったら、入賞すらできないかもしれない。この葛藤。

でも一大決心をし、コーチを変え、これまでの経験を一旦0に戻し、イチから積み上げ、金メダルを取った選手がいました。

これまで頑張ってきた方向性を一瞬で転換する事は非常に決断が難しいと思いますが、時にはそういう事が必要な場合もあります。

2学期が始まった今、一度自分を見つめなおしてみても良いかと思います。勿論、その相談先として経験のある進学アドバイザーが校舎にはいますので、是非頼ってくださいね^^


学園前 進学アドザイザー 番匠

2016年08月31日

感動!

皆さんは、リオオリンピックをどれくらい見たでしょうか。
高校3年生の人には、「そんなどころじゃないよ!」と言われてしまうかもしれませんね。
私は仕事から帰るころがちょうど盛り上がり始めているところで、体操、柔道、卓球、バドミントン、レスリング…と目につくものはついつい見てしまいました。

普段見慣れない競技でも、見ているとついつい力を入れて応援してしまいます。
アスリートたちは、メダルを取っても取らなくても、メダルの色が何色でも笑顔と涙に包まれた17日間だったと思います。
けど、同じ流す涙なら嬉し涙がいいですよね。
「自分はこれだけ頑張った。努力した。だから、優勝できたんだ!」
という思いのこもった涙は、美しい。

さて、皆さんはどうでしょう。
オリンピックのように取材が来たり、注目されたりすることはありませんが、大学受験での金メダル=合格を勝ち取るために勉強に励んでいると思います。
大学受験の結果が見えた時、
「自分はこれだけ頑張った。努力した。だから、合格できたんだ!」
という思いのこもった涙が流せそうですか。
自然と笑顔がこぼれそうですか。

高校3年生の人は、あと半年ほどです。
現役合格はたった1回しかありません。
“合格”の2文字を勝ち取り、感動をもらう方から、周りに感動を与えられる方になってください。

進学アドバイザー 北村

2016年08月24日

校内生のみなさんへ

先日、9月期からの「受講講座確認書」を発送しています。
各自の受講講座、並び9月以降の模試や特別講座の案内も同封していますので、
必ず確認するようにしてください。
※9月期からの曜日・時限が変わる講座もありますので注意してください。

また、9月期から新規開講する講座も多数あります。
特に高3生は最後の一押しとして演習講座などはぜひ活用してください!
(受講相談は各校窓口、または担当サポーターまでお気軽にご連絡ください)

<9月期新規開講講座(一部抜粋)>
160824image.gif

進学アドバイザー 今津

2016年08月17日

医学部医学科志望 高校2年生の皆さんへ

夏休みもそろそろ終盤にさしかかってきましたね。
自分がたてた夏休みの計画にそって有意義に過ごせていますか?

特に難関国公立大学の医学部医学科に現役合格してきた研伸館の先輩達は受験勉強に対する努力やメンタル面の強化を「それなりに(受動的)」ではなく、色々なアドバイスを吸収し行動を起こすことで「自分のもの(能動的)」としてきたはずです。

研伸館では、医学部医学科に昨春103名、今春110名と輝かしい合格実績を積み重ねてきており、学校の先生方や他予備校の方から驚かれたり感謝されたり、秘訣を問われたりすることもあります。この合格実績をつくるのは、研伸館講師の授業力、教材はもちろんのこと、医学科受験指導のノウハウ、講師と進学アドバイザーの連携によるところも大きいと感じています。
 
研伸館には、上記のように医学部医学科を目指す生徒が少なくありません。ま た、医学部医学科を目指すご家庭の希望に応えたい、そういった想いから上本町校で「高2秋から始まる医学科日曜特訓」をスタートさせることにしました。

数学・理科(物理・化学・生物)は演習講義、英語は知識確認テストを9月下旬から翌年2月下旬まで行います。(他校舎の生徒に関しても数学・理科はIVODで受講可能となっています)

高3になるまでにマスターしておいてほしい学習を進め、現役合格の夢を膨らませるためにこの特訓講座に是非参加してください。

詳細は研伸館上本町校までお問い合わせください。

進学アドバイザー 関山

2016年08月10日

読書の夏

夏になると各出版社で夏の文庫フェアーが開催されます。
新潮文庫では新潮の100冊、角川文庫ではカドフェス、集英社文庫ではナツイチなど
です。

私は、毎年、この期間に無料で配られる目録に既読のものをチェックするのを楽しみ
にしています。
だいたい、100冊のうち30冊から40冊を読んでいて、秋が来る頃に50冊程チェックが
入り終了となります。

受験生にとって読書にはなかなか時間がとれないかも知れませんが、その他の学年の
生徒は夏に興味のある1冊を読んでみてはどうでしょうか。
上記の冊子から選ばなくてもいいですし、最近は、読書のスペースをもつ大型店も増
えてきています。
店内は冷房も効いていますし、本屋さんに足を運んでみてはどうでしょうか。

人生を変えるとは言い過ぎですが、考え方が変わる、心が和むなどいろいろな効果が
あると思います。
ちなみに、私がやられたなと思った本は、生物学の棚で見つけた「鼻行類」です。

研伸館 三田校 西田

2016年08月07日

「花の日」にちなんで〜桜を咲かせるために大切なこと〜

今日8月7日は、何の日か知っていますか?

まず一つは、2016年の立秋です。
立秋とは、朝夕が涼しくなり、秋の気配が立つ日。
暦の上では秋になりますが、実際には厳しい暑さが続いていますね。

また、「87」の語呂合せから「花の日」とも言われています。

「花の日」にちなんで、勉強の合間に
自分の「誕生花(たんじょうか)」を調べてみると面白いと思います。
1年366日それぞれの「誕生花」というものがあり、
花の名前やその花言葉が載っているサイトなどがあります。

例え、自分の誕生花の花言葉があまり良い意味の言葉じゃなくても、
重く受け止めないでくださいね。あくまで“お遊び”ですので。
幸運にも、良い意味の言葉だったら、ちょっと友達や家族に自慢してみてください。

「誕生花」も確かに興味深いですが、大学受験を目指す皆さんに一番関係のある花は
やはり「桜」ではないでしょうか。
「桜咲かせる」その日のために、日々努力を重ねていると思います。

そこで今日は、合格した先輩たちに聞いた
「桜を咲かせるために大切なこと」を紹介したいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------------
●私はずっとE判定しかとったことがなかったのですが、それでも自分を信じて
勉強し続けました。また、受験は団体戦というように、お互い高め合える友達が
いたことや親身になって相談に乗ってくれる先生方がいたからこそ合格できたと
思います。(K高校・女子)

●自分の最も嫌な部分と正面から向き合い、それを克服しようという強い意志を
持つこと、そして合格するという覚悟と自信を持つことが何よりも大切だと思います。
(O高校・女子)

●あきらめずに頑張り続けること、自分をよく知ること、友達を大切にすることです。
特に自分をよく知ることは大切です。自分の癖や、問題を解き身につけるのにかかる
時間などを把握しておかないと、計画倒れになったり、間違いを改善できなかったり
します。(N高校・女子)

●モチベーションを維持することが一番難しいですが、一番大切だと思います。
私は先生に課題を出していただくことや友人と切磋琢磨することでモチベーションを
上げていましたが、色々な方法を試しながら自分に合う方法を模索していくと良いと
思います。(N高校・女子)

●周りの情報や誘惑に惑わされないこと、そして一番集中できるスタイルを見つける
ことです。(T高校・女子)
----------------------------------------------------------------------------------------

どうですか?

今の自分と照らし合わせて、自分にはまだまだできていないと感じることがあれば
「実践しようと“思う”」ことから始めてみてください。

そして、春には満開の桜を咲かせてほしいと思います。


2016年08月03日

夏を乗り切るためのメソッド 〜健康編〜

研伸館では夏期講習Cターム真っ只中 8月に突入しましたね!

ところで、みなさんいろいろと夏の計画を立てているかと思いますが、特に高3生は設備面で充実している研伸館にほぼ1日中滞在するという人もいるかもしれません。
何時間も自習室で勉強したり、数コマ連続で授業を受けたり…。

そんな夏の生活において大切なのが『夏バテ対策』です。
クーラーをかけている時、「寒いなあ〜」と感じたままずっと我慢していると元気が無くなって夏バテの症状を引き起こしてしまいます。
夏バテというのは、暑さからくる食欲の低下や食事の偏り、睡眠不足といった単純な原因に加え、冷房の効いた室内と年々暑くなる炎天下を行き来することで、その温度差に身体がうまく対処できず、カラダが混乱して自律神経失調状態になるといった複雑なもの、だそうです・・・。
大切な夏休みを充実させたものにするため、必ず『夏バテ対策』をしましょう!

<夏バテ対策 グッズ編>

コンパクトで、かばんの中からさっと取り出せるグッズが◎。寒さを我慢せずに何かを身にまとい、できるだけ体温が奪われるのを防ぎましょう。

●長袖のシャツ
●薄手のカーディガン
●ひざ掛け
●ストール

(研伸館にいるときに、「寒い」「暑い」と感じたらすぐ受付まで申し出てください!温度調節いたします。)
 

<夏バテ対策 食べ物編>

血行を促進し、体を温める働きのあるものが◎。カラダの内側から温めることも大切です。

●ショウガ(ショウガ湯を飲んでみてください。朝、夕2回を数日続けるとかなり効果があるかもしれません。)
●ニラ
●ピリ辛フード

夏バテしてしまった人がやりがちなのが、食欲が出ないから毎日そうめんしか食べない…という偏りのある食生活。
きちんと栄養たっぷりの食事を摂らないと、この暑い夏の勉強は乗り切れません!!
「でも、あんまりこってりしたものは気が進まないし…」そんな人におススメな、元気が出る栄養たっぷりな料理がこちら!

●酸辣湯麺(サンラータンメン)
 ⇒お酢の酸味と唐辛子・胡椒の辛味が効いたとろみのあるスープに、中華麺・ひき肉・ショウガ・ネギ・シイタケ・きくらげなどの具材が入った中華料理です。
  お酢の主成分の酢酸には、疲労の原因となるグリコーゲン不足を補う効果があります。ネギの辛味成分の硫化アリルには、神経を鎮静させストレスを和らげる効果があります。
  お酢・唐辛子・ショウガ・ネギ、疲労に効く4大食品が入った酸辣湯麺を食べれば夏バテなんて一気に吹き飛びます!!
●冷やし中華
 ⇒冷水でしめた中華麺の上に細く切ったキュウリ・トマト・錦糸卵・蒸し鶏をのせ、その上からお酢の効いた醤油ダレをかけて食べる、夏の風物詩とも言える料理です。
  キュウリに含まれるカリウムにはむくみ解消効果が、トマトに含まれるリコピンには抗酸化作用があるので疲労回復が期待できます。
  しかもリコピンには美肌効果もあるので、勉強のストレスで肌荒れが気になる女子には特にオススメです!


<夏バテ対策 その他編> 

実は、『クーラーによる体調不良』もあるんです…。汗をかかないことによる体調不良ですので、発汗作用を促すのが効果的です。

●「普段より少し熱めのお風呂に入る」
●「タンブラーに温かい飲み物を入れて飲む」
●「こまめな水分補給」
 ⇒理想は1日2リットルの給水。朝目覚めたらまずコップいっぱいの水を飲む。トイレを済ませた後には必ず給水。
 マイボトルなど用意して常に携帯するのも良いかもしれません。
  新陳代謝の促進、熱中症対策にも効果的です!ただし、冷たい飲み物を飲みすぎるのもよくないので気を付けてくださいね!
●「サンダル、クロックスを履かない」
 ⇒冷えは足元からやってきます。きちんと靴下と靴を履いて、体が冷えるのを防ぎましょう。

最高の学習成果を得るにはまず健康管理から!

進学アドバイザー 井上