最近のコメント

アーカイブ

2016年05月25日

研伸館 試験の季節

高1・2生のみなさんは学力診断テストまで残り4日となりました!
準備はしっかりとできていますか?
学力診断テストは今後の受講講座のクラスを判定する大事なテストになります。
テキストの復習やぼん単は、今からしっかりしておけば、高3になってからもきっと役に立ちます!
部活等をしていてなかなか勉強の時間を取りづらい方も、できる範囲で「1日にこれは絶対するんだ」という目標を決めて少しずつ頑張っていきましょう。

高3生のみなさんは第1回センター模試が来週末(6月5日(日))に実施されます!
まだ部活を引退されてない方もいるかと思いますが、そろそろみんなが受験勉強に本腰を入れ始める時期だと思うので少しずつ計画を立てて、部活も最後まで頑張りつつ勉強にも力を入れていきましょう。
今回の模試を通して夏休みに勉強しなければならないところを発見できるかと思いますので、今の自分の実力を精一杯出し切ってください。

勉強の仕方が分からないなど何かご相談があれば、気軽に進学アドバイザーまでご相談くださいね。

進学アドバイザー 井上

2016年05月18日

夏はもうすぐそこです!

外に出るのが気持ちいい季節ですね。
受験生にとっても、外で体を動かしたり、外の空気を吸ってリフレッシュしたり、適度に切り替えながら勉強することが大切です。

先週からプレサマーフェスタの申し込みが始まっています。
校舎ごとにテーマの違う講座を楽しみながら探してみてください。

自分に合う講座が必ずあるはずですので、早めにお申し込みください。

夏はもうすぐそこです!

進学アドバイザー 古川

2016年05月11日

備えあれば憂いなし

新学年を迎え、1ヶ月が過ぎようとしています。そろそろ新しい環境には慣れたでしょうか?
5月に入ると、学校によっては、定期テストや校外模試が予定されています。
研伸館でも高1・高2の生徒には「学力診断テスト」、高3の生徒には「センター模試」を予定しています。

「備えあれば憂いなし」よく耳にしますね。

この諺は、政治史・政教を記した中国最古の歴史書で、堯舜から夏・殷・周の帝王の言行録を整理した20巻、58編、25700字から成る演説集である『書経』説命(えつめい)中に収められた
「これ事を事とする(するべきことをしておく)乃ち其れ備え有り、備えあれば憂い(患い)無し」
という殷の宰相傳説の言葉です。

意味は、
「普段から準備をしておけば、いざというとき何も心配がないということ。」
です。

GW中は、5月に予定されている各種テストに向けての準備は行えたでしょうか?
着々と準備のできている人はその調子で頑張ってください。
もしもまだ何もという人がいたならば、すぐに準備にとりかかってください。

目の前のことだけでなく、少し先のことまで見据え、着実に早め早めの準備を心がけていきましょう。
特に高校3年生は、ここからの過ごし方が大切だということを忘れずに、先々の予定を確認しつつ有意義に過ごしていけるように心がけていきましょう。
あっという間に夏はやってきます。実力を養う上で最も重要な夏を迎えるために何の準備をしておくことが必要かをしっかりと考え、万全の準備を行っていきましょう。

進学アドバイザー 乕間

2016年04月27日

スケジュール管理

間もなく、高校生課程の皆さんに研伸館ハンドブックが配布されます。
高3生模試や高1・2生の学力診断、イベント実施予定、内部選抜試験
実施日など、研伸館で予定されるスケジュールを確認いただけます。

学校の予定表も皆さんのお手元にあると思いますので、しっかりと学習
計画をハンドブックに書き込んでいきましょう。

学習計画などの相談も、随時できますので、学校の予定表を持参して
一緒に計画することも可能です。5月末には現在授業配布中の学力
診断やセンター模試も行われます。新学年のスタートからしっかりと予定
を立てる練習をしてください。

進学アドバイザー 湯川

2016年04月20日

サポーター制、本格稼働!

新学期も始まり、高校3年生は受験本番までおよそ10ヶ月となりました。

今まで以上に計画的かつ効果的に学習を進めていく必要があります。

そこで、研伸館では高3生全員に「サポーター」が担当につき、
皆さんの大学受験を全力でバックアップしていきます。

4月中に研伸館に通っている高校3年生全員に、
担当サポーターの通知書が郵送されますのでご確認ください。

6月に「第1回研伸館センター模試」が実施されますので、
まずはその模試に向けての目標や学習法などを
サポーターと相談のうえ、計画的に学習を始めましょう!


進学アドバイザー 谷口

2016年04月13日

ちょっと視点を変えてみる 〜シリーズ〜

今回のテーマは『メンターを探せ』です。

新学期が始まりましたね!学年が上がった事で気分も変わり、新高校1年生になった人は、新たな場所と出会いに期待を膨らませている事でしょう。

そんな皆さんに送りたいアドバイスが、今回のテーマ『メンターを探せ』です。
<メンター>は相談相手、助言者、ガイドなどと訳されます。

日本では、まだまだスピリチュアルやメンタル的な事に関しては懐疑的で、不信感を抱く人も多いですが、実はこれ、何かを成し遂げようとする時には物凄く大切です。

とある日の会話

(生徒)『部活を引退したので、ここから受験まで気合を入れて頑張ります!』
(先生)『頑張ろうね!ところで誰かに勉強の仕方とか相談した?計画は立てた?』
(生徒)『いや特には。まずは自分で頑張ってみて、迷ったら相談します。』

皆さんが、仮に世界最高峰のエベレストに登るとしましょう。ガイドを付けずに登りますか。
確実に生存の危機に立たされると思います。

上記の会話は一見じゃあ頑張ろう!となりそうな雰囲気ですが、私はとても危険な香りがします。

皆さんにとっては初めての受験(登頂)ですが、我々進学アドバイザーは受験勉強においては、経験に長けた助言者(登山ガイド)です。

皆さんは平坦で安全な道と思っていても経験者から見ればいばらの道に見えることだってあります。

先日引退した水泳の北島康介選手には平井先生というメンターが付いていました。
お互いの信頼の結果、オリンピック2大会制覇を現役時代に成し遂げています。

我々進学アドバイザーも皆さんに信頼してもらえるような存在になっていけるよう日々研鑽する一方、皆さんも何か大事な一歩を踏み出す時には、是非頼ってくださいね!

それでは、新学期張り切ってスタート!


学園前 進学アドザイザー 番匠

2016年04月06日

本格的に新学年スタート

4月に入りいよいよ本格的に新学年がスタートします。それぞれの学年で意識してもらいたいことを書いていきますね。

<高1になる方>
 高校生活がスタートします。中学の時とは違うことが多く、始めは特に色々と戸惑うことが多いかと思います。まずは学校の生活に慣れることが先決です。その中で、勉強に関しては間違いなくスタートダッシュが大切ですから、どの教科も分からないことや苦手を作らないようにすることが大切です。

<高2になる方>
 部活をしている人は部活で忙しくなっていくと思います(特に運動部)。その時に、勉強との両立がうまくいかずに高2で成績が下がったというのはよく聞く話です。そこで、最低限のノルマを決めておくのがよいかと思います。どんなに部活でしんどい日でも「英単語30個は覚える」や「数学の問題を一日2問は必ず解く」など、現実的にできる範囲で継続させていくようにしてください。

<高3になる方>
 いよいよ本格的に受験勉強がスタートしていくと思いますが、今までにしっかり計画を立て実行できている方は今のペースをきっちり守ってください。そうでない方は、まずは計画を立てる。その中で自分が何ができて何ができていないのかを把握してから学習の計画を立てるようにしてください。例えば、自分の得意なものばかりに時間を掛け、苦手なものを後回しにしていると合格を掴みとることが難しくなります。合格を掴みとるために、ちゃんとした計画を立て継続させていきましょう。

 以上です、どの学年の方もしっかり勉強して、充実した高校生活を送れるようにしましょう。

横山

2016年03月30日

合格速報(2016年度入試)

現役合格されたみなさん、本当におめでとうございます!

20160330130832620_0001.jpg

進学アドバイザー 今津

2016年03月23日

本日より春期講習スタート!!

いよいよ春期講習が始まります。自宅に届いた春期講習受講確認書を見て自分が受講する
講座の開講日時は確認できていますか?
テキスト引き換えが必要な人はすでに在籍校舎の窓口で受け取っていますか?

そして・・・
春の無料体験授業週間の間に自分が気になっていた授業や受験に向けて鍛えておきたい
科目の授業を受講して満足できた人は講座追加を検討し、動き出せていますか?
受講講座のレベルや開講日時の都合が合わない等で受講しようかどうか迷っている人は
すぐに相談にきてくださいね。

3/20(日)に新高3生対象研伸館基礎力テストが実施されました。受験後に自己採点を
終え、定着度が低い科目を各自把握できたかと思います。

その後の対策として・・・
「今まで習ってきたところをとりあえず復習する」というのではなく「理科の○○という分野、 数学の○○という単元」に「○○という教材を使って取り組む」という感じで具体的に決めて進めていってください。

春休みは夏休みを迎える前に計画をたてる練習という意味でも1日の勉強量、
勉強開始時間等、自分に合っているかどうか、もう一度考えてみてください。

勉強の時間配分を変えたほうが良い?
勉強する環境を変えたほうが良い?

そういったことで悩んでいる人は進学アドバイザーまで相談に来てください。

進学アドバイザー 関山

2016年03月16日

クラブ活動

春は、

新入生にとっては、クラブ活動の選択のシーズンになります。
2年、3年にとっては、クラブの中心として活躍するために大事な時期となります。

クラブ活動は、

将来にわたり、体力づくり・人間関係の形成など有意義な面が多くあります。
しかし、クラブ活動のみが生活の中心になってしまうのもよくありません。
研伸館の生徒にとっては、勉強の両立も考えないといけません。
時間の使い方もしっかりと考えた上で1週間の計画を立てて過ごすようにしましょう。

クラブの選び方

新入生は、体験期間があったり、先輩の話などを参考にしたりして、どのクラブが適しているかを
考えましょう。途中からの入部が難しい場合もあります。

学校によっては、マイナーといっては失礼ですが、競技人口の少ない運動部もあると
思います。日本チャンピオンでもオリンピックに出場できない競技もありますが、
4年後の東京オリンピックでは開催国の関係で出場できるようになる競技が増えるも
のもあります。
オリンピックを狙ってなども一つの選択肢にしてはどうでしょうか。

西田より