最近のコメント

2015年09月02日

高3生はこれからの2か月が大事

マーク模試・大学別模試を受験し、各自の弱点の克服に夏休みの後半を費やした方が大半ではないでしょうか。
ここから学校生活が始まり、夏のような長時間何かに費やすということが難しい中、10月中旬〜11月上旬にあるマーク模試・大学別模試の成果(手応え)とその結果が、最終一歩手前の皆さんの進路を一旦確定してしまうことになります。この2か月は受験生にとって大きな差が生まれる2段階目です。学校行事も行われる中で、少しでも克服・習得する努力を怠らなかった人はきっと成果が出ます。頑張ってください。

進学アドバイザー 湯川

2015年08月26日

学力と得点の差を0に!

夏休みも終盤。今までやってきた勉強をきちんと振り返っておく時期です。
2学期が始まると、学校等で今まで以上に忙しくなってきますから、夏の学習は今のうちに振り返っておきましょう。

模試の自己採点等をふまえて面談をしていますと、

 「時間が足りなくて・・・」
 「ケアレスミスをしてしまって・・・」
 「解く問題を間違えてしまって・・・」

など、学力以外の部分で実力が得点に結びついていないケースがよく聞かれます。

今回の失敗を、単に「不慣れ」「ちょっとしたミス」で片づけてしまうか、
自分の意識にしっかり刻み込んで今後1回1回の実践の場に望んでいくか、
ちょっとした意識の持ち方が、今後大きな差になっていくでしょう。


◇センター形式対応力を磨く

受験生のマーク形式の模試は、英語ではセンター試験と同じ大問構成になっていることが多いです。

2015年センター試験英語(筆記)の問題構成は、
 第1問:発音・アクセント
 第2問:語い・文法・語法・会話
 第3問:会話・文脈把握
 第4問:資料読解
 第5問:カジュアルな文章の読解
 第6問:長文読解
となっています。

 80分という限られた時間内に様々な形式の問題に対することになります。仮に、見直し等の5分を差し引いた75分で全て解き切るためには、第1、2問はあわせて約15分程度で済ませ、第3〜6問をそれぞれ15分ずつで解くくらいのスピードが必要となりますから、発音や文法・語法問題については、日頃から意識して、”瞬間的に解答できる”レベルまで学力を磨き上げてください。


◇計算ミスは「ケアレスミス」?

計算ミスを「ケアレスミス」と言っている時点で、まず、その認識を変えなければなりません。「理解はできているから、後でなんとかなる」と、高をくくっていませんか?計算ミスは、皆さんの努力を無にしてしまう「克服すべき悪い癖」ですから、本人が意識して努力しなければ克服できません。

〃彁擦蓮△討い佑い癖源ではっきり書く。
⇒頭の中で「+」とわかっていても、計算用紙に「−」と書いてしまい、そのまま・・・という経験はありませんか?視覚から入ってくる情報は、人間にとって影響されやすいもののひとつです。符号・数字をすばやく丁寧に書く訓練をしましょう。

計算用紙の真ん中に縦線を引く。
⇒複数も計算式が乱雑に書かれることも、計算ミスを招く一因です。できるだけ整理して書く工夫をしましょう。

制限時間を意識した演習を。
⇒解答の正しい導き方を理解していても、それを制限時間内で表現できなければ、真に「理解した」とは言えません。一度解いた問題の類題を、今度は制限時間より少し短い時間で解くなど、本番を想定した訓練をしましょう。


残された時間は皆同じ。
これからは、努力を積み重ねて学力を上げることはもちろん、学力をそのまま得点へと結びつける意識と工夫が大切です。
次回の模試では、「時間切れ」「計算ミス」「問題解き間違い」は確実に卒業し、学力と得点の差を0にしましょう!

進学アドバイザー 大原

2015年08月19日

夏の思い出

日本ではお盆を過ぎるとどこか夏のピークを越えた雰囲気が漂います。
今日でセンター試験までちょうど残り150日です。

自分の受験のときのことを思い返してみると、それはそれは人が変わったように勉強しましたね。
それまで部活のためだけに学校に行く生活でしたから、まともに勉強していなかったせいでもありますが、何とか追いつこうと必死になっていました。

それにしても自分の半生を振り返って、受験勉強を始める前と後では、あの時に一番自分が変わって、今の人格の基礎のようなものができた気がします。

朝から夜まで予備校にいて、昼にコンビニに行く程度しか外に出なかったですが、全然息苦しいとか、息抜きしたいとか思わず、むしろ時間が足りない焦りの方が強かったので、「もっと時間くれ!」という気持ちしかありませんでしたね。
予備校には友だちもいましたが、ほとんど一緒に行動せず人と話すことも少なかったです。。。

勉強の計画というか、夏の最大の目標として「夏に500時間勉強する」という目標を決めていたので、昼のランチタイムですら「30分のところ15分で切り上げたら計画以上のことができるな」とか、そんな単純なことでも自分のモチベーションにつなげていました。

そのためにお昼をウイダーインゼリーだけで済ませたりする日もあって、あれはダメだったなと思います。。。

まぁそれもこれも出だしが遅かった自分のせいで、もう少し計画的に早くから始められていたらやり方も変わっていたでしょう。

あまり手本にできる受験生活とは言えませんが、それでも今となっては悔やまれることはないですし、良くも悪くも自分が変われた大学受験だったと振り返ることができているので、今受験真っ只中の皆さんには、目の前のことに集中して、とにかく頑張れるうちは本気で頑張ってほしい。

高3生はあと150日しかありません!
夏もあともう少し、9月からも頑張っていきましょう!

進学アドバイザー 古川

2015年08月12日

ちょっと視点を変えてみる 〜シリーズ〜

今回のテーマは、『余裕』です。

夏休みも中盤から後半を迎えようとしています。
『残り数週間だ!』と焦っている人、『もっと早くからしておけばよかった』と若干後悔モードでやる気が下がっている人はいませんか?

でも、後悔しなくていいんです。なぜなら人間は心理的にそういう構造になっていますから。皆さんは潜在意識のままに行動しただけです。

『期末テストで勉強時間がなくて焦ったが、徹夜で勉強して何とか間に合った』という経験はありませんか?

実は、何かを仕上げなくてはいけない時、ぎりぎりでも間に合ったという経験は、ある種の快感を皆さんの脳の中で作ります。また、この快感は中毒性があり、無意識に皆さんの脳の中で同じ経験をもう一度しようとし、悪循環を繰り返し、このパターンからなかなか抜け出せなくなります。

ちょっと別例で考えてみます。

ジェンガというゲームがあるのを皆さん知っていますか。ま、横文字を使わず積み木崩しと言ってもよいですが(笑)このゲームが流行る理由は、ぎりぎりを楽しむからです。これは本能に沿った非常によくできたゲームだと思います。ぎりぎりで積み木のピースを抜いた時に成功した快感は病みつきになりますよね。

とまあ、こういう風に中々『余裕』を持った安全行動ができないように人間の脳はなっています。

これを打破するためには?

自分でぎりぎりの状態を作りだすことだと思います。例えば勉強経計画であれば、ぎりぎり達成できるような目標を設定することが一つの対策になります。

(注)明らかに達成できない目標はだめですよ。

残りの夏を有意義に過ごしてくださいね!

進学アドバイザー 番匠

2015年08月07日

京都大学理学部特色入試の解説動画

京都大学理学部特色入試の解説動画

超 難問揃いの京都大学理学部特色入試(4時間で4問)。
数学のサンプル問題を見たことがありますか?
その問題を、なんと研伸館の吉田信夫先生がYouTubeで解説してくれました!
超難問につき注意が必要ですが、興味のある方は是非ご覧ください!!

動画はコチラ

進学アドバイザー 谷口

2015年08月05日

この夏の弱点補強は、「サマープラクティス」で!

高校1・2年生の皆さん、充実した夏休みを過ごしていますか?
部活や趣味に時間を費やす一方で、忘れてはいけないのは勉強です。
特に長期休暇の時にこそ、“弱点補強”を心掛けてほしいと思います。
研伸館では、弱点補強”の勉強「サマープラクティス」を実施しています。

「サマープラクティス」とは…
・英語、数学の単元別演習を行います。
・進学アドバイザーと相談の上、目標と計画を立てます。
・チューターがつき、分からないところの質問を受け付けます。
・演習プリントは、研伸館オリジナルのものを使用します。
・学校の課題の質問も受け付けます。
・「実力確認テスト」で定着度を測ります。

「サマープラクティス」の実施日時は研伸館各校により、異なります。
現在、在籍している校舎に問合せをしてみてください。

夏休み中に学習習慣を身に付け、2学期以降の勉強に大きく活かしていきましょう!

※夏期講習受講者限定の無料イベントとなります。

進学アドバイザー 北村

2015年07月29日

−知力・体力・時の運シリーズ2015−

■長時間の姿勢を整える=疲労回復の必要性■

 受験生の皆さん、さらには高2・高1生の方も
長時間の勉強に励んでいることと思います!

そこで今回は”凝り固まった姿勢、そこから来る疲労を
緩和するアドバイス”として、以下に示すいくつかの
方法を紹介しましょう!
※ただし、効果には個人差があります※
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 悒薀献体操第一』をかなり熱心にする!

 皆さん、小学生の頃、よく朝やっていましたよね…?
 同じ姿勢を続けていた体を解す(ほぐす)、
 血行循環をよくする、もっとも効果的な方法
 のひとつとされています。

 ただし…皆さんは本気で『ラジオ体操第一』を
 したことは…恐らくないのでは??

 一度汗をかくぐらいやってみてください。
 かなりの効果が見込めます!

 (余談)
 ラジオ体操第一はその昔”工場で働く人用に作られた
 体操”とされています。
 因みに第二は”事務で働く人用”とのことです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
↓,呂舛腓辰般詰…という人はとにかく『肩甲骨』を
 刺激することを実践してください。
 具体的には、
 
 a)『肩甲骨』辺りが動くように肩をぐるぐる回す
 b)背中を反らして腕を背泳ぎのように動かす

 ことです。
 血行循環が一番滞るのは肩、その神経を刺激する場所が
 『肩甲骨』となります。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
特に受験生は朝起きてすぐに脳を活性化すること、
これは本番に向けての大切なポイントとなります。

ずばり寝ている状態もある種の”凝り固まった姿勢”
である訳ですから、,痢悒薀献体操第一』の実践は
オススメです!

進学アドバイザー 佐々木

2015年07月22日

今年もやります。土・日開講1日完成集中講座『スペシャルターム』!!

研伸館 の夏期講習では各タームの間にも1日完結講座を開講しています。1日で一気に力をつけられることだけあって、1講座150分のボリューム満点の授業(90分授業もあります)となっています。また、志望大学攻略に向けて、志望大学での頻出分野を深く掘り下げて学習する講座や、求められる学力レベルを実感できる講座を準備しています。夏期講習の週末を有効的に使うことで、志望大学合格圏内にグット近づきましょう!!

ここで 一部講座をご紹介

【高2 生対象】

○高2 京大阪大神大への数学特講 [数 A:整数問題]

「整数 問題」の基本解法の整理をおこない、そして過去問に挑戦することによって大学入試でアドバンテージを得ることを目標とする講座です。京大・阪大・神大志望者のみならず、『整数問題』をなんとかしたいけど、どこから勉強したらいいのかわからない人にもおすすめの講座です。

【高3 生対象】

○数 A:場合の数 完全制覇

文系・ 理系を問わず、苦手にしている人が多いのではないでしょうか。この講座は演習形式の授業で、テーマやポイントを要領よく身につけることができ、さらに解くスピードを速める練習もできます。センター試験、二次試験でも必要になる単元です、この夏で得意単元に変えてしまいましょう。

○夏に 制覇!有機化学攻略法

「有機 化学は一通り習ったけど、入試問題レベルになると解けない」こういうコメントを口にする受験生をそこそこ見かけます。この講座では有機化学の理論の「使い方」を差がつく有機特有の入試問題を用いて徹底的に指導します。この一日で「どんな問題でもスラスラ解ける」という状態までもっていきましょう!!

上記以 外にも魅力あふれる受講が開講されています。申込みを希望する場合は受講希望講座の3日前までに窓口に申込用紙を提出してください。受講講座で迷っている場合はすぐに担当講師、進学アドバイザーまで相談にきてください。

進学アドバイザー 関山

2015年07月15日

夏を乗り切るためのメソッド 〜健康編〜

研伸館では7/14(火)から夏期講習Aタームがスタートしました!

ところで、みなさんいろいろと夏の計画を立てているかと思いますが、特に高3生は設備面で充実している研伸館にほぼ1日中滞在するという人もいるかもしれません。何時間も自習室で勉強したり、数コマ連続で授業を受けたり……自宅ではクーラーをつけっぱなしで就寝する人もいるのでは……
研伸館に限らず、夏の生活において大切なのが『夏バテ対策』です。
クーラーをかけている時、「寒いなあ〜」と感じたままずっと我慢していると元気が無くなって夏バテの症状を引き起こしてしまいます。夏バテというのは、暑さからくる食欲の低下や食事の偏り、睡眠不足といった単純な原因に加え、冷房の効いた室内と年々暑くなる炎天下を行き来することで、その温度差に身体がうまく対処できず、カラダが混乱して自律神経失調状態になるといった複雑なもの、だそうです・・・。絶対にそうならないように対策をしましょう!

<夏バテ対策 グッズ編>
●長袖のシャツ
●薄手のカーディガン
●ひざ掛け
●赤ちゃん毛布風のボタン付ブランケット(主に女子)
●ストール
 ★アドバイス:あまりかさばらずにかばんの中からさっと取り出せるグッズがいいです。寒さを我慢せずに何かを身にまとい、できるだけ体温が奪われるのを防ぎましょう。

<夏バテ対策 食べ物編>
●ショウガ
●ニラ
 ★アドバイス:夏バテ対策に役立つ食物は、血行を促進し、体を温める働きのある、ショウガとニラです。それぞれショウガ湯やニラ雑炊にして食べると効果があります。夏バテしてきたかなと感じたら、ニラをたっぷり入れたニラ雑炊を食べて、ショウガ湯を飲んでみてください。朝、夕2回を数日続けるとかなり効果があるかもしれません。 ただし、アレルギーのある人は要注意です。
●ピリ辛フード
 ★体がダルくて食欲が湧かない…。そんな時には、唐辛子などの入ったピリ辛フードです!食欲が湧き、体があたたまって汗もかくので、クーラーで冷えた体にはもってこいです。

その他に、
「普段より少し熱めのお風呂に入る」「タンブラーに温かい飲み物を入れて飲む」
⇒『クーラーによる体調不良』汗をかかないことによる体調不良ですので、発汗作用を促すのに効果的です。
「こまめな水分補給」
⇒理想は1日2リットルの給水。朝目覚めたらまずコップいっぱいの水を飲む。トイレを済ませた後には必ず給水。
 マイボトルなど用意して常に携帯するのも良いかもしれません。新陳代謝の促進、熱中症対策にも効果的です!ただし、冷たい飲み物を飲みすぎるのもよくないので気を付けてくださいね!
「サンダル、クロックスを履かない」
⇒冷えは足元からやってきます。きちんと靴下と靴を履いて、体が冷えるのを防ぎましょう。


最高の学習成果を得るにはまず健康管理から!
参考になりましたか?

進学アドバイザー 井上

2015年07月08日

気象警報発令時の対応について

7/14(火)より夏期講習スタート、まもなく「研伸館の夏」が始まります。
みなさんそれぞれが有意義な夏休みになることを祈っています!

さて、夏期講習の開始と同時に台風の接近にも悩まされる時期となりました…

万一、気象警報が発令された場合は次の通りとなります。
----------------------------------------------------------------------------------------
授業開始2時間前現在、通学教室の所在する地域に
「暴風警報」が発令されている場合、授業は休講になります。
----------------------------------------------------------------------------------------
最新の情報は研伸館のホームページにてお知らせしますが、
マイページに登録してくれているメールアドレス(携帯電話等)にも発信されますので、
まだ、登録ができていない人は早めの登録にご協力をお願いします。

 研伸館マイページのログイン画面はコチラ
https://www.kenshinkan.net/student/index.php

※研伸館公式LINEでも発信します。

進学アドバイザー 今津