最近のコメント

2014年09月17日

高2秋スタ直前企画『阪大神大チャレンジテスト』

高2・11月秋スタート講座まで、あと1ヶ月あまり。

皆さんの大学受験に対する意識も、次第に高まってきているのではないでしょうか?

研伸館では「高2の秋から受験生」をスローガンに、高校2年生の皆さんに対して、
様々な模試・ガイダンス・特別講座などを通じて、難関大学現役合格に向けて
強力に後押ししていきますので、ご期待ください!

その第1弾として、10/1(水)および10/5(日)に、
『高2阪大神大チャレンジテスト』を実施いたします。

今までの学習を何となく続けていれば、入試問題が解けるようになると、
漠然と考えている人が多いかもしれませんが、実際の入試問題を解けるようになるには
必要な力を適切な手順で身につけなければなりません。

実際の入試に必要とされる力が何なのか?
今自分に足りないものは何なのか?
この高2の秋からどのように勉強していけばよいのか?

これを具体的に把握してもらうべく
『高2阪大神大チャレンジテスト』を実施しますので、
高校2年生の皆さん、ぜひとも受験してくださいね!

詳細はコチラ
http://www.kenshinkan.net/event/handaiShindaiCallenge2014/

進学アドバイザー 谷口

2014年09月10日

学校行事の多い季節

夏期休暇期間に大量に学んだものを演習によって再構築する時期ですが、これから学校行事の多くなる時期に入ると、積み上げたものを試す前に忘れていってしまうという事態を招くケースをよく見ます。
夏に「計画性」の重要性をお伝えしたブログがあったと思いますが、計画性というものは中長期の計画の目標点(=結果)のために行うものです。
ですので、皆さんは計画を”白紙”にすることなく、継続して欲しいと思います。結局は「意識の問題」と片付けてしまうのは簡単ですが、本当に意識の問題だけなのでしょうか?
,海Δい辰森垰にかこつけて授業サボろうと思っている生徒の意識は低いでしょう。
∨擦靴ても授業に遅刻してでも参加する生徒は意識が高いのかもしれません。
「授業に行かないとやばいかもしれないけれど、学校行事も大切」と考えているのではないでしょうか?
,凌佑蓮ー業<できれば受けたくない
△凌佑蓮ー業≧学校行事
の人は 授業・学校行事=どちらも大切
※このの人が一番多いのではないでしょうか?

では、先輩達はどうだったのでしょう。
人によって勉強方法は様々、VOD受講も一つの方法だと思います。そのなかで結果を出すための方法も様々あったと思います。
1)学校行事で忙しいのであればその中で「結果」を導き出す思考を止めないことが学力の停滞しないことの第一歩。
2)そして少しの時間でも学習することが次の一歩
3)それを学校行事終了まで実行するかが最後の一歩

私の知る「結果」だけをお伝えすると、この2ヶ月で学力の差が大きく分かれる時期であることは確か。2ヵ月後の「結果」を考えて今に取り組みましょう。

進学アドバイザー 湯川

2014年09月03日

「大学入試センター試験受験案内」を熟読しておこう!

高3生のみなさん、「大学入試センター試験受験案内」はもう手にしましたか?

それでは、
以下の問題は解けますか?

【問】以下は平成27年度大学入試センター試験に関する文章である。
    銑いら、誤った内容の文の番号を答えよ。

   |詫歴史、公民を「2科目受験する」と登録したが、試験当日に1科目のみ受験した。
   ∧理基礎/化学基礎/生物基礎/地学基礎のうち2科目解答する場合、それぞれの解答時間は30分である。
   試験当日に、受験教科として登録されていない教科を受験した。
   だ鞠鮎譴覆里如∋箸ご靴譴織轡磧璽廛撻鵐轡襪芭廚鵑澄

答えは「´↓ぁ
上の文は、全て誤りです。

<解説>
 地理歴史、公民を「2科目受験する」と登録した場合、2科目分の解答時間を合わせて1つの試験時間とします。1科目だけ受験を取りやめることはできません。同様に「1科目受験する」と登録した場合、試験当日に「2科目受験」に変更することもできません。
◆В渦別椶△燭蠅硫鯏時間の決まりはありません。60分で2科目解答となり、1科目あたりの時間配分は自由です。
:登録していない教科を受験することはできません。万一受験してもその教科は採点されません。
ぁД轡磧璽廛撻鵐轡襪蓮▲瓮發老彁擦忙藩僂垢訃豺腓妨造蕕譟▲沺璽シートに解答番号をマークする等には使用できません。今から”鉛筆”に慣れておきましょう。

受験制度や提出書類を正しく把握することも、大学受験の大切な要素のひとつです。早めに確認し、あいまいな点や不明な内容については必ず確認しておきましょう。

進学アドバイザー 大原

2014年08月27日

切り替えはできていますか?

 さて、夏休みもあと残すところわずかとなりました。引退が早い部活もあれば、まだ続いている部活もあると思いますが、そろそろ真剣な受験モードに切り替えができているでしょうか?部活を最後まで必死に取り組むことはとても大切なことだと思います。しかし、引退したら、すぐに受験モードに切り替えましょう!今の時期の一日一日はとても大切です。志望大学をまだ決めかねている方は是非、研伸館の講師または進学アドバイザーに相談してみましょう!志望大学が決まるとモチベーションも上がり、勉強がスムーズに進むかもしれません!

 そこで今日は、みなさんと同い年の方々を紹介したいと思います。必死に受験勉強をされているみなさんは、テレビを観ている暇など無いかもしれませんが、連日、甲子園で開催されている全国高校野球選手権大会が放送されています。ほぼ毎日グラウンドに出て練習し、最後の最後まで必死に部活に取り組んだ高校生が部活の引退をかけて戦っています。しかし、選手たちは試合に負けた瞬間から次の目標に向けて切り替えていることでしょう。プロ野球を目指す選手、大学野球に進む選手、受験勉強を始める選手… 次の目標は選手によって様々ですが、それぞれが気持ちを切り替えて取り組んでいるはずです。

 未だに部活モードから受験モードへの切り替えがうまくできておらず、ダラダラとした毎日を過ごしている方は、まだ今からでも間に合うはずです。今、この瞬間から受験モードへ切り替えましょう!

進学アドバイザー 井上

2014年08月20日

ちょっと視点を変えてみる 〜シリーズА

今回は、『アンカリング』についてお話したいと思います。

アンカリングとは、特定の体験に対して、五感を利用した感覚的な刺激を条件付けし、その体験を定着させて、いつでもたやすくそのときの精神状態を引き出せるようにするテクニックのことをいいます。

??ですよね。

大勢の観衆の前で発表や演奏、試合などをしなければならない時、怖気づいて弱気になってしまうことありませんか。自信を急に失ってしまったことはありませんか。

そんな時に一瞬で自分を最高の状態にできるテクニック。それが「アンカリング」です。

色々な実践方法がありますが、今日はすぐにできるオススメを1つ紹介したいと思います。
『リラックス状態を一瞬で生み出すアンカリング』
誰しも、お風呂の湯舟に浸かっている時はリラックスをしています。

湯舟に浸かっている時に小指を握るという行為を繰り返し、習慣化します。

緊張時に小指を握っただけで、湯舟に浸かっている時と同じリラックス効果がでます。
※ポイントは習慣化です。

プロのスポーツ選手もよく使っているテクニックで、有名なところではイチロー選手ですかね。
イチロー選手が打席でバットを前に突き出し、左手で右腕の袖を引っ張る仕草を毎回見せますが、あれも最高のパフォーマンスを引き出すためのアンカリングと言われています。

是非一度お試しください^^

進学アドバイザー 番匠

2014年08月13日

高2「秋スタ」まで3ヶ月

高1・高2生対象の「第2回 学力診断テスト」まであと1ヶ月を切りました。

第2回学力診断テストの結果でクラスが決定するのは11月期の講座、
いわゆる「秋スタ」講座です。夏期講習が終わるといよいよ秋スタまでもう少し。

「秋スタ」とは、簡単に言うと、
“高2の11月から受験生としてスタートを切る”ということですが、
(そのためにはスタート時点で希望のクラスにいることがベスト)

高2生の皆さんの周囲には、
“受験は高3から始めよう”“部活を引退してから始めよう”
と構えている人が多いと思います。

“まだ高2”なのですからそれが当然かもしれません。

しかし、少し考えてみてください。

3年間の高校生活で、ちょうど折返しとなる高2の夏。
つまり、大学受験まで残された準備期間はあと半分です。

現役高校生にとって「受験勉強は高3から始める」こと。
それは受験生として本当に正しいスタートラインでしょうか。

実際の高3の生活には、学校の授業、部活、学校行事など…
高2までと何ら変わらない、
現役生だからこその“高校生らしい”生活が待っています。

つまり、高3になったら自然と受験勉強に専念できるということはありません。
その環境を“意識の変化”だけでは変えにくいのが現実です。
後から焦っても当然、時間が逆戻りするわけではなく、
もしかすると取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。

そこで、研伸館では、
高2の11月から「受験生」として受験勉強をスタートさせるために、
「高2 11月秋スタート講座」が始まります。

受験生活スタートまで約3ヶ月。
この夏からどれだけ勉強できるかが勝負所です。
高2の秋から「受験生へのスイッチ」を入れることができれば、
高3に向けての好スタートが切れたと言えるでしょう。

万全の状態で受験生としてのスタートラインに立つために、
まずは残りの夏期講習を全力で過ごしましょう。

進学アドバイザー 古川

2014年08月06日

夏のイライラを吹き飛ばせ!〜カルシウムとマグネシウムの適切な比率とは?〜

■カルシウムの働き(要約)■
 カルシウムには、骨や歯を形成するが主だったものと思いがちですが、
 その他に
  ・精神の安定をはかる
  ・心臓や筋肉の働きを正常に保つ
  ・血液や体液の性状を一定に保つ
    ・・・などの役割も担うことがあるのです。
  つまり、体内での”鉄分”代謝を補助するなどの働きもあると
  いうことです。

■マグネシウムの働き(要約)■
 簡単に言うと、エネルギー代謝を促進して疲労回復を手助けする、筋肉の働き
 を調整する、イライラを解消する、体温や血圧を正常に保つ・・・などの
 働きがあります。
 さらにカルシウムとともに骨を強化し、歯のエナメル質をつくるなどの働きが
 あります。

■2つの働きを効果的にする方法■
 「精神の安定」「イライラを解消する」という働きがあるカルシウム、マグネシウム

 ですが、どちらかが偏ったりすると、その働きの効果が薄くなってしまいます。
 つまり、受験生の皆さんがよく抱えるストレス・精神的負担を、食事によって
 緩和することも大切です!!

 【方法】 
 
  2つの栄養素を効果的に摂取するには、

 カルシウム:マグネシウム = 2 : 1

 が理想とされています。
 以下のようなものを中心に「より良い栄養摂取」を心がけてみましょう!
 ※受験生の支えとして、バランスよい食事生活は不可欠!
 ご家族の協力も得て暑い夏を乗り越えていきましょう!
  
 <カルシウムが豊富に含まれている食材>
 牛乳・ヨーグルト・チーズ・シシャモ・鮭水煮缶・小松菜・豆腐・厚揚げ・ひじき・ワカメ・緑黄色野菜など

 <マグネシウムが豊富に含まれている食材>
 ナッツ類・ひじき・ワカメ・納豆・油揚げ・豆腐・ゴマ・バナナ・ほうれん草・緑黄色野菜など

  自分で補給するのであれば、
 
 例えば・・・水分補給ゼリー = カルシウムとマグネシウムを2:1とバランス良く配合されていますよ!
 (デザート感覚でおいしく食べれるし)

(ただし、効果には個人差があるのでその点はご了承ください。 )

進学アドバイザー 佐々木

2014年07月30日

8/24(日)高3生対象「研伸館実力テスト」実施

今年も高3生を対象に8/24(日)に「研伸館実力テスト」を実施します。夏休みに入る前に学校や研伸館の先生、または進学アドバイザーに夏期中の計画の立て方に関して指導をうけ、現在各自の夏休みの目標設定に向けて努力しているところだと思います。そこで夏休み中に学習した内容の成果を試すためにこの「研伸館実力テスト」をぜひ利用してみてください。このテストを受験して良い結果が出れば夏の学習方法が正しかったということがわかり、9月以降の勉強計画も自信をもってたてることができるはずです。各教科の正誤箇所を把握することで、今後の具体的な指針もわかる良い機会となっていますので、積極的に受験するようにしましょう。夏期講習受講校外生の方も受験可能ですので、チャレンジしてみてください。まだ申込していない人は今すぐ各校舎の窓口まで。

申込締切は8月17日(日)の19:00までとなっています。

さらに詳細は下記を参照してください。

20140730image.gif


進学アドバイザー 関山

2014年07月23日

ぼん単アプリ「スピードランキング選手権」開催

研伸館が誇る人気教材「ぼんぼん出てくる英単語(通称:ぼん単)」が
携帯アプリになったことはご存知でしょうか?
(AppストアまたはGoogle Playにてダウンロードが可能です)

音声学習機能や充実のテスト機能、各種ランキング機能をはじめ、
大学入試突破に不可欠で強力な基盤となる語彙力を磨きぬく工夫が満載です。
まだ、見たことがない人はぜひ一度使用してみてください。

そして今夏、このぼん単アプリを用いて、「スピードランキング選手権」が開催されます。
 (出題される問題全てに正解するまでのタイムを競います)
 ランキング上位者には豪華景品が付与されますので、ぜひチャンレジしてみてくださいね!

進学アドバイザー 今津

bontanspr.gif

2014年07月16日

スペシャルターム たった1日、しかしその効果は絶大です

いよいよ夏期講習が始まりました。
Aタームから授業を受けている人も大勢いると思います。
まずは受講予定の講座の予習・復習にきっちりと取り組み、一つひとつの講座の受講の効果をしっかりと感じてください。

さて、高校2・3年生の人には通常の夏期講習の講座以外にSpecial Termの講座案内をしています。
皆さん、確認できていますか。
スペシャルタームとは、講習の各ターム間に開講する一日完成型の講座群のことを言います。
1講座が150分で、各科目の中で特にテーマを絞り込んでいるためピンポイントで確実にその部分を強化できる授業内容になっています。(90分授業のものもあります。)
講座の一部を紹介します。

【高2生・高3生対象】
英語リスニング入門
スペシャルタームの講座の中で唯一、高2・高3の複数学年を対象としている講座です。
夏期講習を前に
 「リスニングはどうやって勉強すればよいですか?」
 「リスニングもやっておいた方が良いですよね?」
という質問が増えています。
自分では何から手をつけて良いかわからない、どんな教材を使えば良いかわからない。
そんな人にピッタリです。
是非ともこの講座を受講して、リスニングの勉強方法からしっかりと学んでください。

【高3生対象】
「数A:場合の数」完全制覇!
最も苦手と言われる単元の一つがこの場合の数。
文系、理系を問わず、学力アップが期待されるこの単元を夏休み中にしっかりと勉強しましょう。
演習形式の授業の中で、正しいアプローチの方法を身につけ、「意識的に解ける」力を養います。
センター試験でも、2次試験でも必要になるこの単元をしっかりと自分のものにしましょう。

【高3生対象】
よろづのことのは[現・古・漢/語彙力強化講座]
文系・理系、国公立・私立を問わず必要とされるのが国語。
しかし、「特に勉強していません」と口にされるのも国語です。
まずは国語力の根幹、語彙力をしっかりとつけましょう。
確かに現代文を読もうとしても、古文を読もうとしても、そこに書かれている言葉の意味がわからなければよくわかりません。
この講座は配布されるテキストもとても充実しており、昨年度も受講後、試験直前まで役立ったという声をたくさん耳にしました。

その他、まだまだ紹介したい講座はたくさんあります。
もう一度スペシャルタームのリーフを見て、ピンポイントで鍛えておきたい学習内容をこの講座で押さえてください。
今年の夏は二度と来ません。
来年の春、後悔するぐらいなら、今年の夏はとことんまで勉強しましょう。

進学アドバイザー 北村