最近のコメント

アーカイブ

2017年03月29日

現役合格の声、続々と…

研伸館では3月から新年度がスタートして
もう一ヶ月が過ぎようとしています。
一年の12分の1が過ぎているということですが、
受験までと考えるとさらに早く感じますね。


4月目前

先輩たちの現役合格の喜びの余韻冷めやらぬ中、
たくさんの研伸生たちが全国へ巣立っていきました。

現役合格にこだわる研伸館で
見事その夢を達成されたことを、
私たちは心より嬉しく思います。


春という新たな季節

次は、あなたが「夢」を実現する番です。


進学アドバイザー古川

2017年03月22日

ちょっと視点を変えてみる 〜シリーズ粥

今回のテーマは『0⇒1』です。

研伸館も新年度3月期がスタートし、明日からは春期講習へ突入します。年度が変わる前は意気込んで色々と計画していたものの、いざスタートしてみると期末テストがあり計画がなかなか、、、といったケースはないでしょうか。

そこで今回のテーマ『0⇒1』

一つ皆さんに質問です。以下の 銑のうち、一番行動が難しいのはどれでしょう。

 ”畸兵習勉強が0分の人が5分勉強する
 ◆”畸兵習勉強が30分の人が2時間勉強する
  普段自習勉強が2時間の人が5時間勉強する






答えは、“屬任后たった、5分ですよ。

仮に「現役合格するために絶対やってくださいよ!!」と,砲△燭訌換颪旅盥酸犬妨討咾けた時、
実際に行動するのは、恐らく3割程度です。(とある検証データより)

上記の『5分』はちょっとデフォルメしていますが、何が言いたいかというと

<それだけ初動って難しい!> んですよね。

初動で困っている人の特徴としては、今日5分10分勉強したところで変わらないというネガティブな思考が働く事が多いです。そんな時はある程度強制力を使う等方法もあります。分かってはいるが中々・・・と踏み出せない人は、是非一度相談に来てくださいね^^

『私たちが実施していることは大海の一滴に過ぎませんが、
その一滴がつみ重ならないと大海にはなりません。』
〜マザーテレサ〜


学園前 進学アドザイザー 番匠

2017年03月15日

『春期講習Plan Book』は活用できていますか?

明日より3月3週目の授業が始まります。
そして、23日からは春期講習となります。
今年、研伸館では春休みを計画的に勉強をしてほしいという思いから『春期講習Plan Book』をお渡ししています。
春休みをもう少しで迎える今、
・春休み中の目標は立てていますか?
・マイタイムスケジュールに必要事項は記入されていますか?

学習計画を立て、計画通りに勉強を進めることで効率よく勉強ができます。
無駄なく勉強が進むことで、成績アップにつながります。
仮に計画通り進まなくても、進まなかったことの反省をすることで自分の学習姿勢を見直すことができます。

『春期講習Plan Book』を上手に活用し、充実の春休みを過ごしてください。

阪急豊中校進学アドバイザー  北村篤嗣

2017年03月08日

新高3生対象・センター基礎力テスト

研伸館では3/2(木)より新年度がスタートしています。
各自、予習・復習は万全でしょうか?
小さな積み重ね一つ一つが最後に良い結果を生むことになりますので、
授業で指示された内容は翌週の授業までに確実に自分のものにしましょう。

さて、新高3生のみなさん、すでに受験生モードでしょうか?
研伸館では来る3/19(日)に新高3生対象の「センター基礎力テスト」を実施します。
まずはこちらを受験して自身の基礎力の定着度を確認してください。

なんと!今回の試験は実施日から1週間後のスピード返却となりますので、
春休みの学習にもぜひ活かしてもらえればと思います。

※詳しくは授業配布、また郵送されている案内をご確認ください。

進学アドバイザー 今津

2017年03月01日

小さなことからコツコツできる人・・・格好いいんじゃない!!

いよいよ研伸館では明日(3/2)から新年度がスタートします。
新しいクラスで新しいテキストを手にした時は、意欲的に勉強しようという気になりますよね。
意欲的になることはすばらしいことですが、自分の中の勢いだけで背伸びした目標をたててしまい、挫折してしまというパターンに陥ってしまう人はいないでしょうか。

受験生であれば、”できるものから1つずつ片付けてしまう”姿勢は大切です。

授業で先生から聞く内容は現役合格のために優先順位が高いことだらけなので、それを確実に定着させるためには細かく区切って学習していくことをお勧めします。

「○○の単元を○○日で2周する」「教科書の○○ページまでを○○日で3周する」等、実現可能な範囲で目標を決め、攻略することで、自分のレベルと理解の速度、今の自分が1問にかかる時間の目安が把握でき、計画がたてやすくなるのではないでしょうか。

そしてさらに・・・
「やったつもりになっているテキストは本当に身についているだろうか?」「自分にとって優先順位が高いはずの事を後回しにしていないだろうか?」「学習時間が全体的に不足していないだろうか?」

そのためには・・・
「科目毎の勉強時間の配分を変えてみよう」
「自主勉強する環境を変えてみよう」
「疑問点をすぐに解消する習慣を身につけよう」

これらの内容を参考に自問自答したうえで、今までの自分を振り返り、2月の授業内で配布された春期講習PLANBOOKもうまく活用して、少しでも今までとは違った自分になってください。

これを実践するのは春休みに入る時からではなく今からですよ!!

進学アドバイザー 関山

2017年02月22日

「勉強の仕方」を勉強する

高校1年生・2年生の皆さん、こんにちは!

本日で2016年度の授業が終了しますが、息つく暇なく、
来週3月2日(木)から研伸館では一足早く新学年としての授業がスタートします。

何事も最初が肝心。

どの講座も1回目の授業では、今後の授業方針など重要な内容をお伝えしますので、
しっかりと参加するようにしてください!

新学年という新たなスタートを迎えるにあたり、
皆さんにぜひ強く意識をしてもらいたいのが、

「勉強の仕方」を勉強する、という姿勢です。

いくら勉強時間を増やしても、いくら授業を一生懸命聞いても、
正しい「勉強の仕方」が身についていなければ、
皆さんの学力が向上することはありません。

研伸館の授業では、ただ単に「知識」を伝えるのみならず、
こうした「勉強の仕方」(勉強の型、作法と言ってもいいかもしれません)もお伝えします。

来週からスタートする新学年授業を心待ちにしておいてください!


進学アドバイザー 谷口

2017年02月15日

起承転結

漢詩を用いる時に用いる組み立て方の1つです。「起」で起こしはじめ、「承」で受け継いで深め、「転」で見方や場面を変え、「結」で締めくくる。ということになります。
高校生の1年で考えると今は「結」の時期に入るのだと思います。目の前の大学入試や学校の期末テストが素晴らしい締めくくりとなればと思います。また、「起」を考えるにあたり、最初にどんな結末があるのかを考慮することが求められるといいます。間もなく迎える新年度に向けて、新しい学年での目標を立て、素晴らしいスタートダッシュを切れるように準備していきましょう。

進学アドバイザー 乕間

2017年02月08日

受験生としての心構え

近畿の主要私立大学の合格発表日前日にせまっています。国公立受験者は前期試験2週間強と最後の追い込みに入っている姿をみなさんも自習室などで目にしていることと思います。
そのちょうど1か月後には、国公立前期合格者の喜びの声と、合格写真撮影の姿を見る一方、合格を惜しくも逃した受験生は中期・後期の追い込みをしている姿を自習室で目にすることになると思います。
そして高2生の方は、この一か月が今の学年を振り返り復習に励む時期であり、1か月後には、先輩たちの合否を目の当たりにし、その姿を自身に照らし合わせて勉強に取り組み始める時期になります。
受験生の一つの目安は、夏休み前のマーク系模試になります。つまりあと4・5か月もすると夏休みに向けて取り組むべき課題を真剣に考えなければならない指標となる模試がある訳です。その時に、「まだ復習できていなから無理」とか「苦手科目は夏から」なんてことを言っていてはあっと言う間に夏休みが終わってしまいます。
3月・6月の明確な目標(現学年の復習はいつまでに終わらせるかなど)をしっかりと計画し、夏休みには計画だてた学習ができる練習を始めるようにしましょう。
学習方法の確立は、思っていても実際に行動することは難しいものです。授業の先生や進学アドバイザーなどに相談をし、無理なく効果的な学習を始めましょう。

進学アドバイザー 湯川

2017年02月01日

私立大入試始まる

今週第89回選抜高等学校野球大会の出場校が決定しました。
日本全国から32校が春に甲子園でプレーします。
また、スポーツの世界ではみなさんと同年代の選手の活躍が目まぐるしいです。
土俵は違えど、同じ高校生が努力し、結実することは同じですね。

いよいよ今日から私立入試が本格的に始まります。

私立大学が第一志望の人にとっては、国公立大のセンター試験のように緊張感高まる一週間となることでしょう。
長丁場の試験日程になる人もいると思いますが、その日その日に集中して、1日が終わればリセットして次の日に臨みましょう。

1月・2月はみなさんにとっての大勝負の舞台です。最後まで諦めず、ベストを尽くしてください。
みなさんの良い結果報告をお待ちしてます。

国公立大二次試験まで1か月を切りました。ラストスパートをかけつつ、体調には十分気を付けて過ごしましょう。

特にインフルエンザが大流行しています。手洗いやうがいを徹底して感染を予防しましょう。

進学アドバイザー 古川

2017年01月25日

ちょっと視点を変えてみる 〜シリーズ魁

今回のテーマは『レバレッジ』です。

※これを実践すると1日の勉強量を1ヶ月で倍増させられるかもしれません!?
時間が無くて困っている人は是非参考にしてください。

学生のうちはあまり聞きなれない言葉で、『レバレッジって知ってる?』と聞くと、だいたい飲み物ですか?という話になります(笑)

ま、それはさておき、、、

レバレッジとは「てこの原理」という意味で、経済活動(とりわけ投資)において、最少限の労力で最大限の効果を発揮するためによく使われる用語です。

これを勉強時間に応用します。

例えば1日の自習勉強が4時間の人が居たとして、4時間でできる勉強量を3時間半でやりきる方法を考えたとします。

自己分析すると、『そういえば、参考書を読む際に5色ペンを使っていて、線引きに時間が掛かっているな。全教科において3色でも十分に見やすいからそこを改善しよう!』となります。

そして、ここで生まれた30分を別の時間に費やし、この思考サイクルをどんどん繰り返していくことで消化できる勉強量が次第に増えていきます。

勉強時間に悩む人は、現在与えられている時間をどうしようかと悩む事が多く、効率化や増やすという発想に中々たどりつけていません。

悩んでいる人は、是非一度考えてみてください^^


進学アドザイザー 番匠