最近のコメント

アーカイブ

2018年01月17日

今からが本当の勝負の時

センター試験を受験された方、お疲れ様でした。
これからが本当の勝負の時です。結果に一喜一憂するのではなく、今は
できることをしっかりと行ってください。

私大受験をされる方も受験日が近付いてきました。過去問を解いても無
くならない不安との勝負です。どんどん講師に質問をして、ケアレスミスが
おこる原因をつぶしていきましょう。

国公立受験者は、データネットなどの結果が返却されるまでは粛々と問
題を解く時期です。
まだ、センター試験の結果を担当サポーターに連絡されていない方は、
各校舎へのFAXやマイページでご連絡ください。

結果が返ってきたら、各担当サポーターや授業担当講師に相談をして
ください。特に志望大学の決定に苦慮する方は学校や研伸館で是非相
談し、早期に志望大学を決定させ、あとは志望大学に向けて気持ちを昂
らせながら取り組んでいきましょう。

私達は皆さんの受験に最大限の尽力をする最後の時期です。悩むことが
あればまず相談。問題を解いて疑問がのこれば相談。
相談・相談の繰り返しです。受験本番まで気持ちを途切れさせることなく
進めていきましょう。

進学アドバイザー 湯川

2018年01月10日

受験生へ

いよいよ勝負の時が近づいてきました。

これまで一通りの学習を経てきた皆さんは、今もっとも大切な時期を迎えています。
焦りや不安で勉強が手に付かなくなったり、緊張を紛らわそうとついつい友人と
長話をしてしまったり、と手を止めてはいないで しょうか。

また、今からあれこれ新たな問題集に手を出すのは、相当な負担になるととも
に、かえって焦りや不安にもなります。
過去問演習以外の勉強には、これまで自分が使ってきたテキストや問題集を用い
ることです。
一度見た問題や答えを知っているものでも、それを再確認し自信に変えていくこ
との方が有効です。
あるいは自分が書き込んだテキストやノートを見返して、「これだけやったから
大丈夫」と思えるようになることも大事です。

そして、センター試験当日は、自分がやり込んだテキストや問題集を何冊かお守
り代わりに持って行くと良いでしょう。

みなさんの健闘を信じています。

進学アドバイザー 古川

2018年01月03日

ちょっと視点を変えてみる 〜シリーズ25〜

今回のテーマは『感動をエネルギーに変える』です。

小学校・中学校・高校の時に感動したことを振り返ってみてください。

感動で心が温かくなったり、意欲的になった経験が、みなさんの頭の中で
いくつか思い浮かぶと思います。

一方、あの時はあんなに感動したのに、今となっては熱くならないよな〜
という経験も多くあると思います。

事実、感動した経験を活かせていない人がほとんどです。

では、どうやって活かすか。
それは、【感動を繰り返し思い出すこと】です。

例えば、研伸館の授業を通して、今まで分からなかった
部分が理解でき、とても感動したとします。

ただ、その満足度の余韻に浸ってしまい、
復習が後手になった経験のある人もいるかもしれません。

学んだ直後は、その理解できた感覚がいつまでも
続くような気がしますが、

放置状態では、3日もあれば、ほぼ全部忘れます。

感動の熱が残っているうちにノートを見直すでも良いですし、
感動した内容が勉強方法等なら、友達に教えてあげる
(=アウトプット)も効果的です。

人に伝えるという行為は一見自分の時間を削るように思うかも
しれませんが、自身の記憶定着には、実は一番効果的です。

冬休みに感動したことを早速エネルギーに変えていきましょう^^

進学アドバイザー 番匠

2017年12月27日

「スタッチ」をダウンロードしてください!

アップ教育企画学習支援アプリ「スタッチ」をもうダウンロードしましたか?

・Myタイムスケジュール
「月間・週間・日別」と切り替えができます。
色分け機能でスケジュール管理が見易くなっています。

・ToDoリスト
色分け機能を使い、優先度やカテゴリーを分かりやすく管理できます。
やるべきことが終われば、どんどんチェックや削除していきましょう。

・ARカメラ
クリスマス用のコンテンツは楽しめましたか?
今後、新しいコンテンツがどんどん登場します!

学習意欲を高める機能が満載!
自分の学習計画を立てることで、勉強の進行具合や次にやるべきことがどんどん見えてきます。
このアプリを上手に利用し、2018年度はどんどん成績を上げてください!

進学アドバイザー 北村

2017年12月20日

研伸館からのお知らせ[年末年始について]

日が経つのは早いもので、もうすぐ2017年も終わりますね。

さて、年末年始の利用に関してですが、
12/30・12/31・1/2・1/3の自習室は9:00〜21:20※で利用できます。
1/1[元旦]は研伸館の全校舎が休館となります。
受付窓口・自習室等は一切利用できませんので、ご注意ください。

年が明ければ、高3生はすぐにセンター試験本番です。
あと1問、あと10点、をもぎ取れるよう、熱い冬を過ごしましょう!
高1・高2生は1/8(月)の学力診断テストに向けてがんばりましょう!

※校舎により利用時間が異なる場合はございます。
 詳しくは各校舎までお問い合わせください。

進学アドバイザー 今津

2017年12月13日

センター試験近づく!!

高3生の皆さんへ

センター試験まで、あと1ケ月となってきました。
今からは勉強を効率よくするために時間の使い方を「工夫」することが
必要となってくるかと思います。授業で配布された受験応援ガイドブックを
大いに活用し、残り少ない時間をうまくやりくりしていってください。

注意点として・・・
‐任蠅防蕕韻討靴泙辰堂燭蘯蠅砲弔ない状態になってしまわずに今までやってきた
 学習法を信じて最後まで継続していくということで。継続してやってきたことの完成度を
 高めることが成功への近道です。

¬觀燭鯆型に変えるのは1週間では難しいので、ここから試験に向けての生活リズムを
 整えてください。できるだけ同じ時間に起きて、同じ時間にご飯を食べて同じ時間に寝る
 ことを自分の中で決めて崩さないようにすることが大切だと思います。

MЭ佑般蟻未墨辰靴垢ないことです。不安が多いこの時期、会話の内容が楽しくて
 息抜きのつもりがサボリに変わってしまいます。また、友人の成績を聞いてしまって
 自信がなくなったりと、他人に惑わされることがないようにしてください。

また、受験当日までに「大学入試センター」のHPにも掲載されている
「平成30年度センター試験Q&A」の関係ありそうな部分だけでもざっと
目を通しておいてもいいのではないかと思います。

読んでみると思いのほか重要なことが記載されていると気づくはずです。

最後に・・・
これはセンター試験後の話になってしまいますが、試験終了をきっかけに
急に生活ペースが乱れてくる人の話を毎年耳にします。
自分にとって大切な習慣を崩さないようにして過ごしてきたのであれば、
試験後もいつも通り、「今週は何をやるべきなのかという具体的な目標を
たてる」(ここでも受験応援ガイドブック活躍!!)そういう人が合格を手に
入れるタイプではないかと思います。

進学アドバイザー 関山

2017年12月06日

1年後の自分を想像して…!

今週から授業で「高2センター試験チャレンジ」の案内を配布しています。

みなさん、すでに受け取られましたか?

センター試験同日(2日目)に、センター試験とまったく同じ問題に
チャレンジする絶好の機会なので、ぜひ受験するようにしてください。

ちょうど1年後に自分が受けることになるセンター試験を
体感しておくことは、今後の学習において非常に効果的です。

具体的なイメージをもって学習に取り組むのか、
漠然とした想像だけで学習に取り組むのかでは、
その効果に雲泥の差があります。

1年後の成功を勝ち取るために、
しっかり準備をしてセンター試験に挑んでみてください!


進学アドバイザー 谷口

2017年11月29日

思い立ったが吉日

書いて字の通り、「何かをしようと決意したら、そう思った日を吉日としてすぐに取りかかるのが良い」という意味です。

今回も前回に引き続き、高校2年生に向けてです。
研伸館の各校舎で、11月25日(土)・26日(日)のいずれかで志望校現役合格に向けたガイダンス『現役合格への扉』が実施され、5教科の学習の指針が示されたことと思います。
各教科の講師からの話を聞いて具体的動き始めていますか?
プレセンター模試を受験した生徒は、再度模試を引っ張り出し、自分の状態を確認した。
『高2センター試験チャレンジ』から高3に向けての学習計画を立てた。など、是非、具体的に行動に移していきましょう。

明日から、目の前の定期テストが終わってからではなく、今から即行動していきましょう。
『思い立ったが吉日』です。こういった姿勢が、今後の学習成果に大きく影響を及ぼしていくことでしょう。

進学アドバイザー 乕間

2017年11月22日

なんのための2か月か

センター試験まで60日を切りました。
○センター試験に向けて勉強をするべきか二次試験の勉強をするべきか
○私大推薦入試の結果に気が気でない
○国公立推薦入試の一次試験結果が気になってしょうがい
○大学別模試が毎週あって大変

など、様々な相談が寄せられる時期に入りました。高2生の人はそういう
時期なんだなと思っていただくだけで結構かと思います。付け加えるなら
高2生はそのような時期の1年前になったのだと思ってくれればいいです。

高3生の上記の相談には、基本的に同じ答えをします。「国公立を目指す
うえで、何かが完璧な受験生などいない。でも、目の前にある課題は決ま
っていて、その課題に対して12月末までに目途をつけなければならないこ
とは誰も変わらない。その課題をこなせたか、こなせなかったかの違いが
受験の結果だと思う」

突き放すような言葉ではありますが、そこは誰しもが避けて通ることができ
ないことで、本人達も分かっての発言であることがほとんどです。
分かっておいて欲しいことは「今やっている勉強は、(各科目や入試対策の)
なんのためにやっているのか」を限られた時間の中で自問自答し続ける期
間であるということです。本当の意味で自分を信じることを必要とする時期
であると伝えています。

センター試験結果で一安心できるよう、最大限のサポートをしたいと思い
ます。どんどん講師やスタッフに相談し、少しずつでもいいので前に進め
るように頑張りましょう。

進学アドバイザー 湯川

2017年11月15日

高の原校食事室リニューアル!!

高の原校の生徒さんはお気づきだと思いますが、高の原校では今週から食事室のリニューアル工事が始まりました!
工事期間中、生徒の皆さんにはご迷惑をおかけしますが、今月末には新しくなった食事室が完成しますので、もうしばらく待っておいてください。
センター試験までおよそ2ヶ月、いよいよ受験本番が近づいて来ました。追い込みの時期に合わせて、設備面のバックアップも整います!
普段、高の原校に来ない校内生の方、現在、研伸館にお通いでない方も、この機会に新しくなる校舎に是非足を運んでみてください!

無料体験も随時受け付けております!

進学アドバイザー 古川