« 2006年12月 | メイン | 2007年02月 »

2007年01月22日

〜センター試験を受験した高3生のみなさんへ〜

ライバル達より早く「一歩」を踏み出してください。
不安になったり、不確定な情報に惑わされても何も解決しません。
今大切なことは併願の私立対策・二次試験対策に誰よりも早く着手し、
それに集中することです。少しでも前に進むことが肝心です。
やるべきことに迷うなら、テキストの復習をしたり、
時間を決めて過去問を解いてください。ボン単を覚えなおしてください。リサーチ返却までは、
雑念を振り払って。返却されたら、必ず相談に来て下さい。
今は、とにかく前に進むこと。その「一歩」がきっと君たちの大きな一歩となります。

研伸館西宮校職員一同

2007年01月19日

実力発揮祈願

今日は大学入試センター試験お疲れ様でした。あと1日ですね。
不安になっているのは、みんな同じ
ドキドキしているのもみんな同じ
みんなのお父さんもお母さんも学校の先生も
もちろん私たち研伸館の職員・講師全員がドキドキします
明日も落ち着いて実力を発揮することだけを考えてください
センター試験でみんなの実力が存分に発揮されることを信じてます
ガンバレ受験生!(^o^)/

2007年1月19日  研伸館西宮校 職員一同

2007年01月15日

頑張れ受験生!!受験役立ち情報

1月20日(土)・21日(日)は、いよいよ大学入試センター試験です。
本番に備えて最終確認をし、ゆとりをもって試験にのぞみましょう!!
-----------------------------------------------------------
■試験当日の所持品チェック
□受験票・写真票
□黒鉛筆(H、F、HBのいずれか)
□プラスチック製消しゴム
□鉛筆削り(電動式を除く)
□時計(時計機能だけのもの)
□昼食
□受験票に「上履き持参」と表示してある場合は上履き・下履きを入れる袋
センター試験「受験上の注意」より(抜粋)
-----------------------------------------------------------
■筆記用具・身の回り品について
(鉛筆)
・鉛筆は、先のとがったものと丸まったもの両方を持っていくと便利です。文字を書く時は、少しとがっている方が書きやすいし、文字がくっきり見えるので、計算などのケアレスミスを防ぐのに役立ちます。マークシートは、先が丸まっている方が塗りやすいでしょう。
・実際の試験中は、鉛筆を削る余裕はないので、多めに持っていきましょう。(キャップをしておくと鞄の中で折れるのを防げます。)
・鉛筆はまとめて輪ゴムでまとめておくと机の上に置いても邪魔にならないし、転がる心配もありません。

(消しゴム)
・消しゴムは新品だと使いにくいので、使い慣れたものを持って行きましょう。ただ、丸くなったものは転がりやすいので避けましょう。

(時計)
・電池が切れた時のことも考えて、2個持って行くことをオススメします。

(服装)
・試験会場は室温がまちまちなので、体温調節ができるようすぐに着たり脱いだりできる服装で試験会場に行きましょう。

■交通機関
・会場の場所と行き方はあらかじめ必ずチェックしておくこと!友達まかせにしないように!
・絶対に早めに会場に着くように家を出ましょう。道中は受験生で込み合うので普段より時間がかかります。また、雪などで電車が止まった送れたりすることも考慮に入れておきましょう。

■マークシートの記入について
・数学はマーク箇所が多いため、注意が必要です。問際を飛ばして回答をする時は、マークがずれないように、印をつけるなどの工夫をしましょう。
・マークシートの記入を後でまとめてしようとすると、途中でずれていたり、時間がなくて結局マークできなかったということになりかねません。番号を確かめつつ、回答と平行して記入しましょう。
・マークシート用紙を定規代わりにすると折れ曲がったり汚れたりして機械がマークを正しく読みとれないことがあるので絶対にしないように!