« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月30日

大切なものは、目に見えない。

著作権が切れたということで『星の王子さま』がいろんな翻訳で書店に並び始めて2年ほどたつ。
   
  
たくさんのバラを見つけて、誇りに思って特別な感情をいだいていた(自分の小惑星の)バラへの自信を失って悩む王子さまに対して、キツネは「あるものに愛情(と時間)を注ぎ他とは違う特別なものになる」ことが何をうみだすかを示唆してくれる。
  

「大切なものは、目に見えない」・・・キツネに教えられた秘密。
  

「井戸を探しに行こう」という王子に、砂漠の中に井戸なんて見つかるわけははないと思いながらついて行ったぼくは、本当に井戸を発見する。
  
「砂漠が美しく見えるのは、そのどこかに井戸を隠しているから」
  
  

wikipediaも参考に!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%9F%E3%81%AE%E7%8E%8B%E5%AD%90%E3%81%95%E3%81%BE

(注)wikipediaは多数の自由意志による辞書(悪意や不正確さは多数の善意により訂正され、やがては限りなく正しい記述に近づくという編集方針)なので、誰かやどこかの機関が完全に正確だと保証している固定的な辞書とは違います。利用に当たっては、その性格をふまえて、参考にしてください。
   
   
さて、賢くなりたい人・・・
  
砂漠に井戸はないと考えている人・・・・
  
勉強という狭い世界でも、
1.毎日少しでもノートを見返し続けている人・・・砂漠を探していることになります
2.期限を決めたら、期限をしっかり守れる人・・・自分が見えるには自分と「仲良くなること」です
3.夜空がきれいなのは、王子さまが、大切にバラの花に毎日愛情を注いで、水をやっているから
・・・毎日思いを持って続けることは大切なことです。

  *修行とか、苦行とか、忍耐とか、根性とか、そういうことではないです。

  「仲良く」なれるか・・いつも思いを注げるか・・・。
  

それにしても、王子さまの挿絵は、なぜか一度見たら、頭からなかなか離れない感じだ。     
  

【GO GET ボン単CD!!】====================================
記憶には五感をフル回転させるほうが断然いい!
ボン単は「耳」からも覚えよう。
  
★CDの1枚目の最初の50語を試聴できるようにしてみました。 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓(クリック!)
http://www.kenshinkan.net/2007_Bontan_MP3/R.html

完売したら、販売終了です。
======================================================
   
------------------------------------------------------
研伸館はGW期間(4/29〜5/6)中は休館です。
  
<用語の解説>
・休館=「校舎がお休み」
      窓口受付も自習室・食事室も利用できません。
  *申込受付は「ファックス」「インターネット」にて:24時間年中無休。
・休講=「講義がお休み」
      授業はありませんが、窓口受付等OKです。
------------------------------------------------------


From なんでも部屋

  

2007年04月29日

ネットは便利です

GW(4/29〜5/6)期間は研伸館は休館です。各校舎の「窓口」での受付はお休みとなりますが、ファックスやインターネット受付はAny time OKです。

教室での授業はすべてお休みとなりますが、E-Lectureのオンデマンド(もちろん単元別も)はいつでも大丈夫です。  

ネットは便利ですね。
 
ついでにボン単も忘れずに覚えていきましょう!
   
   
【GO GET ボン単!!】====================================
記憶には五感をフル回転させるほうが断然いい!
ボン単は「耳」からも覚えよう。
  
★CDの1枚目の最初の50語を試聴できるようにしてみました。 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓(クリック!)
http://www.kenshinkan.net/2007_Bontan_MP3/R.html

完売したら、販売終了です。
======================================================
   
------------------------------------------------------
研伸館はGW期間(4/29〜5/6)中は休館です。
  
<用語の解説>
・休館=「校舎がお休み」
      窓口受付も自習室・食事室も利用できません。
  *受付は「ファックス」「インターネット」にてお願いします。
・休講=「講義がお休み」
      授業はありませんが、窓口受付等OKです。
------------------------------------------------------


From なんでも部屋

2007年04月28日

休館〜5月授業開始までのスケジュール

4/29(日)〜5/6(日)  休館 (※事務受付・自習室の利用もできませんのでご注意下さい。)
5/7(月)〜5/9(水)   4月期平常授業
5/10(木)〜5/12(土) 5月特別講義期間 (※平常授業はありません。)
5/13(日) 第1回到達度判定試験(高1・高2)
5/14(月) 5月期平常授業スタート

活きた時間

   
活きた時間
 ・新しい経験をしている時間(渦中では大変だが)
 ・やっていること、きいていることに集中できている時間
 ・やるべきことがどんどんスケジュールに入ってくる人生
  
死んだ時間
 ・同じことを繰り返している時間
 ・はやく休み時間にならないかなと思っている時間
 ・くつろぐ時間の確保だけを考えている人生
 
 
  *勉強に追われるのではなく、勉強を乗りこなし、勉強をコントロールできたとき

//////世界が変わります。

  *やることがどんどん入ってきて、それをうまくやっていくことが楽しめると、

//////すてきな人生になります。
  
 すてきな人生をおくれるってすばらしいですね。
   
【GO GET ボン単!!】====================================
記憶には五感をフル回転させるほうが断然いい!
ボン単は「耳」からも覚えよう。
  
★CDの1枚目の最初の50語を試聴できるようにしてみました。 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓(クリック!)
http://www.kenshinkan.net/2007_Bontan_MP3/R.html

完売したら、販売終了です。
======================================================
   
------------------------------------------------------
研伸館はGW期間(4/29〜5/6)中は休館です。
  
<用語の解説>
・休館=「校舎がお休み」
      窓口受付も自習室・食事室も利用できません。
  *受付は「ファックス」「インターネット」にてお願いします。
・休講=「講義がお休み」
      授業はありませんが、窓口受付等OKです。
------------------------------------------------------


From なんでも部屋

2007年04月27日

Mr. K's powerful つぶやき

On Wednesday afternoon, I happened to pass by the teachers' room in Nishinomiya School Building, to see Mr. K concentrating on his work. I talked to him, and he answered. "We gonna make another push... Our students will make it, I'm sure... These 'E-Lectures' will create striking achievements. " Mr. K is one of the great teachers [teaches more than 100 students at one class] in Kenshinkan. He teaches English. (Who do you think he is?) He is...you know, Kazuya Kodama.[Once he lived in Boston, and still now roots for RedSocks.]

E-Lecture English grammar series (and also Mathematics AB series ) will soon be released.
  
Click here!
  
http://www.kenshinkan.net/E-Lecture/tangen.htm


From nan-demo room.

2007年04月26日

複数校舎を渡り歩くのも可能

研伸館では、例えば、以下のような講座の取り方もできます。
  
・英語は・・・学校帰りに住吉校で
・数学は・・・土曜日に家の近くの上本町校で
・国語は・・・住吉では都合が悪いので西宮校で
  
曜日の都合や、通学路の関係などを考え、適切な講座を受講してください。

(注)校内テストの受験や講習会のテキストの受け取りは「在籍校舎(=講座をとっているどこかの1校舎)」になりますので、ご注意を。

 
  
From 研伸館からのお知らせ

2007年04月25日

三田校の怪しい動きを察知!

三田校の怪しい動きを察知しました。←スクープ!!
  
×・・◆・・*×に「×△+・・・チ・・」を・・・・だとか。
  
これまでもサプライズ企画を水面下で進めてきた三田校だけに、つぎなる驚きが期待されます。 
  
そういえば、キッピー別館オープン記念の「ゲリラ企画」:フルキャストの時代劇DVDはかなりおもしろかったですね(このビデオを見るためだけに、休みの日に多くの生徒がキッピーに集合して、一気に鑑賞! 終演後、彼らは「ありがとうございました」と満足な表情を浮かべて帰っていたのが印象的でした)。

  
From なんでも部屋
  

2007年04月24日

Golden Week 中は休館(開いていません)

そろそろGWが近づいてきました。
 
研伸館はGW期間(4/29〜5/6)中は休館です。
4月中にすませておくべき手続きは今週中に!!
  
<用語の解説>
・休館=「校舎がお休み」
      窓口受付も自習室・食事室も利用できません。
  *受付は「ファックス」「インターネット」にてお願いします。
・休講=「講義がお休み」
      授業はありませんが、窓口受付等OKです。
  
From 研伸館からのお知らせ
  

2007年04月23日

ごろごろでてくるごろあわせ!

◎北林先生アップ用.JPG
こんにちは!阪急豊中校です(^^)/♪
阪急豊中校プレゼンツ☆おもしろくてためになるコーナー第2弾
「ごろごろでてくるごろあわせ」
このコーナーでは色々なごろあわせを掲載していきます。
ごろあわせをうまく利用して効率よく暗記しましょう♪

今回は世界史の北林先生編です♪北林先生お願いします。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

世界史の北林です。私自身あまりゴロ合わせを好まないタイプなのですが、ときには使うこともありますよ。
以下、これは昔の生徒が考えた覚え方ですが、少しアレンジしてこうなりました。
<清王朝の統一の手順の年代覚え方>
1616年 ヌルハチが女真族を統一し、後金建国(民族名も満州族に)
  36年 ホンタイジが国号を清とする
  44年 明が滅亡、呉三桂に率いられ順治帝が北京入城(中国支配始まる)
  73年 呉三桂ら漢人武将による反乱(三藩の乱 1681年に康煕帝が鎮圧)
  83年 康煕帝による鄭氏台湾征服
1600年代(17世紀)というのは周知だと思うので、あとは下二桁をおぼえるのみ。
で、その下二桁を 1636447383 とならべます。
そこで私、北林のゴロ合わせはイメージが大事。そしてやや寒いのがポイント。
突然ですが野球のスーパースターのイチロー選手と、周りにいる「安○」という苗字
の人を思い浮かべます。
そこに理由はありません。聞かないでください。
研伸館にも英語の安○先生がいらっしゃいますが、
私の経験上、安○という苗字の人の8割5分くらいがあだ名が「やっさん」と推定さ
れます。
イチロー選手と「やっさん」とよばれる人を勝手に思い浮かべていただきます。
そしてその「やっさん」なる人物が不調のイチローに対して「おまえたいしたことな
いなー」とヤジをとばしたとします。
ではいきましょう
(163)イチローさんが、(644)無視した、(7383)並のやっさん
 
かなり強引ですが、使えます。
安○先生ごめんなさい。先生のことではないとしておきます。
清は結構多くの私大で出題されますので、この統一の順、
そして4代・5代・6代の最盛期の皇帝の政策を整理しておきましょう。
こまかな内容は研伸館の世界史にて!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


北林先生ありがとうございました!
この続きは研伸館の世界史にて確認してくださいね☆
では、次回の「ごろごろでてくるごろあわせ」もどうぞお楽しみに♪
阪急豊中校でした☆(*^_^*)/

Go Get 『ボン単CD』 

ボン単CDは、
各校の事務局で購入できます。校内生は、学生証を持って、窓口で、以下の手順となります。
 屮椒鹵CDください(or買いたいんですけど)」と言う(実際の言い方は「・・・いただけますか?」「・・・ありますか?」かな)。
⊇饑厠犢愼申込書をもらって、必要事項を記入する。
A觚に渡す(ここで、銀行口座から引き落としになりますので、保護者の方に伝えてくださいと言われる)。
ぅ椒鹵CDを受け取る![*]
イ海海らは自己責任 (CDは無くしてもなかなか誰のモノかわからずかえってきにくいです・・・ボン単CDは黒いので名前を書きにくい。し、またCDに名前を書く人などあまりいないでしょう・・・)
  
[*] ここで「ありがとうございました」といえたらなかなかいいとおもう。買ったのは客側だが、それでも、いただけましたありがとうございましたという感謝ができるようになると人間できてきていると思う:そもそもお金とモノは等価物の交換なのでお互いに交換できてよかったと思い合えるのが本来なのだろうと思う。お金を払う方が偉いという考えが優勢になってきたのはいつ頃からだろうか・・・。ちなみに窓口では「頑張ってね」と言われる方がうれしいだろうから、(CD渡す方は)「がんばってね」と声をかけてあげるほうがいいかな。

  
CDの1枚目の最初の50語を試聴できるようにしてみました。 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓(クリック!)

http://www.kenshinkan.net/2007_Bontan_MP3/R.html

完売したら、販売終了となります。

4月から、ボン単のテスト始まっています。

_箸念典する→学校への行き帰りにデジタルオーディオプレーヤー(iPodなど)で聴く
→小テストで満点を取る!

この繰り返しで、力をつけましょう!
   
  
ところで、デジタルオーディオプレーヤーとは?  
  
◆wikipediaの説明(以下をクリック!)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A4%E3%83%BC

(注意)wikipediaはウェブ上の百科事典ですが、「多数の意見は(限りなく)正しい(であろう)」という思想のもとに、フリーで書き込み可能になっています(悪意は善意に押し出されて、結局は、皆が信頼しようとしているモノは、信頼できるに足るモノに収束していくだろうという考えのもとにある)ので、どこかの誰かが正しいと保証した固定的な事典とは編集方針が異なります。(もちろんどこかの誰かが保証してくれても完全に正しいことなどなかなか見つかりにくいのは、政治体制や時代によりもののとらえ方が違うことを見れば、それはそれでそういうものなんだな、と、まあ、少しがっかりもしながら、理解はできると思います)  
  
◆楽天のあるページ(商品比較:以下をクリック!)
http://event.rakuten.co.jp/pc/mp3/
 
  
ボン単CDをデジタルオーディオプレーヤー(DAP)で聴くなら、CDをパソコンに入れてパソコンからデータをプレーヤーに転送できるタイプ(もちろんiPodやwalkmanなどはそういうタイプ:購入の時に確認)にしてください。
  
  
From なんでも部屋


2007年04月22日

『型(form)』を覚えて『型(style)』を確立する

野球の初心者が、少しぐらいバットを振る練習をしたからといって、バッティングがうまくなるわけではない。 
  
そんな簡単なことは誰でもわかる。
  
ところが、例えば、「数学が苦手な人が、少しくらい数学の考え方を習ったからといって、数学ができるようになるわけではない」ということは、あまり理解されていない。
  
なぜなら、ちょっと習って、わからなかったら、「発想力がない」「センスがない」「向いていない」「理系の素養がない」となってしまうからだ。
  
本当にそうだろうか。
  
例えば、二次関数の「最大最小」の問題で、「変数a」で場合分けをするやつがわからなかったら、次のようなステップを踏むべし。
  
1.その問題の解答を何度もじっくり見ながら、論の展開を読み取る
2.計算用紙か何かに、その問題を、自分の手でなんども解いてみる。
3.同様の問題を見つけてみて、解けるかどうか、やってみる。
  (a)解けたら、次へ
  (b)解けなかったら、その問題も、上記1〜2を重ねてみる。
    ・・・そして解けるようになる
4.解答をどのように書いていったらいいか、図・表をどこに配置すべきか検討を重ねて結論を出す
5.数学ノートをつくり、そこに論をじっくり考えながら清書していく
6.解答にポイントを書き込む
7.再度、問題と解答の流れをながめてみる
  
こうして、代表的な問題をノートに清書していき、そのノートを毎日ながめる。
  
そんなことできるか! と思う人は、それまで。
  
しかし、そうこうしながら、50問になり100問(もちろん二次関数以外のいろんな問題を含めて)になると、自分の中に解法の『型(form)』が確立してくるのを感じる。
  
そのうち、自分で、初見の問題を解けるようになる。
  
そのうち、いくつもの解き方のうち、自分流の解き方(=style)ができるようになる。
問題集の解答を見て、こっちのほうがよい解答だ、こっちの方がエレガントだ、などとわかるようになる。
  
そのうち、周りの人から、「センスがあるな」「理系人間だな」などと言われるようになる。
 
それだけのことだ。
  
例えば、「群数列」に悩んでいる君は、試してみてほしい!
  
  
  
From なんでも部屋
  


 

2007年04月21日

E-Lecture京大に導入へ(2)

E-Lectureが京大と清華大(北京)とマラヤ大(クアラルンプール)の遠隔授業システムに試験導入の件、

4/20の毎日新聞(朝刊)にも取り上げられました。(新聞記事のため、日がたつとリンクがなくなると思いますが・・・)以下をクリック!!  
  
  http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/hyogo/news/20070420ddlk28020549000c.html

  
  
ところで、授業をやるときには、たとえ遠隔といえども、資料を正しく提示できないといけない。
例えば、同じメーカーの同じPCでも複数台を横に並べて同時にDVDを再生開始すると数十秒もしたら、回転速度の微妙な違いが表面化してきて、映像と音声がずれ始める。時間がたてばたつほど、ずれは大きくなり、そのうち全然違う箇所が再生されているかのような状況になる。これでは、「はい!このぶぶんで・・」などという授業などできなくなってしまう。  

まして、これが違うメーカーのPCで、しかも電圧電流などの仕組みも異なる海外の複数台のPCとのやりとりだと、なおさら難しい。ところが、Eレクチャーでは、100人の生徒を相手に、同じ箇所で動画を止めたり、同じ箇所でスタートしたり、ということができる仕組みを持っていた。アジアの回線状況でもへっちゃらなシステムのつくりであった。
 
海外の大学間で同時にライブで動画を再生(+制御)しながら、例えば、UFOが出てきた瞬間(笑)、にストップして、「ここです!」とポインターで示しながら授業できる優れものの技術がEレクには備わっている。そんな技術も、みんなをうならせた。 
  
ともあれ、技術のことだけではなく、優れたコンテンツが配信されているEレクチャー!
   
   
E-Lecture設定の映像・音声チュートリアル(CDなしで接続する場合用)です。
一度体験版にアクセスしてみてください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.kenshinkan.net/E-Lecture/index2.htm

   
   
   

From E-Lectureの部屋
  


 

2007年04月20日

RAPになろう!

便利な世の中になった。
  
辞書も電子辞書が当たり前で、分厚い辞書を持ち運ぶ必要がなくなっている。
  
電子辞書は、英和・和英・国語・広辞苑など多種多様な辞書が収録されていて、それをポケットサイズで持ち運べるので、なにか調べたいことがあったとき、時間をかけずに調べることができる優れものだ。持てるものなら、持った方がよいと思う。
  
それと同様あるいはそれ以上の便利さを持ち合わせている現代の武器は、パソコンである。パソコンはネットに接続して、ぜひリビングで使ってほしい。例えば、TVを見るとき、ネットにつないだPCも立ち上げておく・・・・・。なにか調べたい言葉が出てきたり、気になる場所や、商品が出てきたときに、インターネットの最大の武器である検索を使うと、とても便利である。是非活用してほしい。(EレクもPCで手軽に接続できます!)
  
ところが、一方、便利品ばかりに取り囲まれると、見失ってしまう、「道ばたの発見」がある。
  
・・・本屋さんにいかずにアマゾンで本を買えば、同様のおすすめ本がどんどん紹介されて、それはそれでぺんりだが、思いがけない発見に出会う確率は、やはり本屋をぶらぶらの時ではないだろうか。
   
・・・電子辞書で一発検索はよいが、辞書を手元において、調べる習慣をつけると、その単語の重要度や全体の中での位置づけなどが分量的に一目でわかるし、気が向いたときには、前後の言葉をながめたりして、結構、思いがけない発見がある。
   
偶然の発見や、ものの持つ「重さ」を感じることは大切にしたい。
   
便利なモノは積極的に活用し、しかし、リアルのもつカラダで感じ、自分の目に入ってくるというような、良さを見失うのはあまりにももったいない。
  
自分で歩いてものを感じて発見をする。
自分の目で見て確かめて記憶にとどめる。
手を使って紙をめくって、文字を読んで理解する。
  
そういうカラダをつかった感覚を大切にしたいものだ。
自分の足で歩ける人になりたいものだ。
     
歩き回る人=Round About Person=RAP(勝手につくった言葉です!!)になろう!  
   
  

From なんでも部屋
  


 

2007年04月19日

E-Lecture: 京大で導入へ

国際特許出願中のE-Lecture・・・ついに、京大の遠隔授業に導入へ向けて動き始めました!!

18日の日経新聞と神戸新聞にも取り上げられていました。

京大は清華大(in 北京//最高学府:理系に強い!)とマラヤ大(inクアラルンプール//マレーシアNO1大学)とを結んでライブ遠隔授業を実施しています。
    
神戸新聞のウェブ記事にも載っています(新聞記事なので日がたつとリンクが消えると思いますが・・・)

以下をクリック!! 

  http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/kz/0000305633.shtml 


  
From E-Lectureの部屋

   

2007年04月18日

A once-in-a-lifetime Chance !

一期一会(いちごいちえ)
 《「山上宗二記」の中の「一期に一度の会」から》茶の湯で、茶会は毎回、一生に一度だという思いをこめて、主客とも誠心誠意、真剣に行うべきことを説いた語。


 GW開けに『特別講義期間』があるらしい。

 一期一会の精神で、この機会をうまく利用しよう!

   チャンスの女神は前髪をつかまないといけない。    
       チャンスの女神には後ろ髪がないから、前からやってくるチャンスに、すれ違ってから(=後から)、気がついても、もうつかめないよ(つかもうとしても後ろ髪がなくてつかめないよ)!ということ。    

   ところで、みなさん・・・チャンスの女神に出会ったことありますか?
  
    
From なんでも部屋

2007年04月17日

E-Lecture完全操作本現る!

E-Lectureの完全操作本40(=40の利用法・操作法・ヘルプを掲載)がE-Lecture申込者に手渡されています。

実は、普段気づかないような使い方ができることを発見できたりして、とてもおもしろいと思います。

E-Lectureを申し込んで、いろんな利用法を試してください。

・教室E-Lecture(日本史・世界史・阪大神大数学):校内生限定
・会員クール制E-Lecture(京大スパルタン・センター対策):全国の受験生対象
・単元別E-Lecture(英語・数学):高1〜高3対象 月額定額料金制(現在 校内限定特別期間中)

 
★E-Lectureについて詳しくは以下をクリック!
 音声チュートリアル(PCの設定方法を映像+音声で案内)もあります。
     
http://www.kenshinkan.net/E-Lecture/index2.htm


さて、ぼんぼん出てくる英単語・・・のほうも頑張ってください。
   
<お知らせ>
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◆ボン単CD「1枚目」の最初の50語を試聴できるようにしてみました。◇ 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓(クリック!)

http://www.kenshinkan.net/2007_Bontan_MP3/R.html
   
完売したら、販売終了となります。
  
   
From なんでも部屋
  

2007年04月16日

『学ぶ(まなぶ)』は『まねぶ』

 
『学ぶ』は『まねぶ(←まねる)』に由来することはよく知られている。
(かなりおおざっぱに言うと、「まねる」ことが「まなぶ」ことだ、ということ)
  
4月で「よっしゃ今年は頑張るぞ!」と意気込んではみたものの
   どうしても覚えられない単語だとか、どうしても理解できない数学の論理だとか、
  
  とにかく、いろいろ壁が出てくる。
  
  そんなときには、『雑誌を見るような感覚』で、毎日、ぺらぺらページをめくって、
  
  ながめる癖をつければよいと思う。
  
  何度もながめているうちに身につくことも多い
  
  まだ、序盤戦なので、すこしくらい気楽に進んでほしい。
  
  「まねぶ」→「まなぶ(学ぶ)」になったのとにているようなことだが、
  
  要するに、見慣れてくれば、身につくものなのだ
  
  そろそろ、はじまっている「ボン単」テストでも、覚えられない単語があったら、
  
  毎日ながめてください。そのうち覚えます。
  (一度で覚えられないものは、遠ざけても覚えられません!)
  
  ながめるかわりに、「聞き流す」でもいいです。CDも発売中です。
  
 

<お知らせ>
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◆ボン単CD「1枚目」の最初の50語を試聴できるようにしてみました。◇ 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓(クリック!)

http://www.kenshinkan.net/2007_Bontan_MP3/R.html
   
完売したら、販売終了となります。
  
   
From なんでも部屋
  

2007年04月15日

折り込みチラシに教科コンセプト

4月15日(日)研伸館の新聞折り込みチラシが入りました。

今回のチラシは、校舎がある地域の「読売」「朝日」「毎日」の各紙朝刊を中心に折り込まれています。

・3月のセミナーに参加できなかった方々のための「高1セミナー(生徒・保護者対象)」
・CT模試のお知らせ
・現役合格者の声

などを中心に、お知らせしています。

また、表面の大半を割いて、各教科コンセプトの一部抜粋版を掲載していますので、ぜひご一読を。


<お知らせ>
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◆ボン単CD「1枚目」の最初の50語を試聴できるようにしてみました。◇ 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓(クリック!)

http://www.kenshinkan.net/2007_Bontan_MP3/R.html

完売したら、販売終了となります。



From 研伸館からのお知らせ

2007年04月14日

E-Lectureはじまっています!

E-Lectureはじまっています。

今年、あらたにラインナップされた『単元別ライブラリ』

●10分で1タイトル(=単元の中の要素)ずつマスターしていく『単元別ライブラリ』(1シリーズごとに1ヶ月見放題)
 
  現在、英語と数学で、各1シリーズがリリースされています(GW開けに2シリーズ目がリリースされます)。

  毎日のように、感想が届きますが、かなり好評です。

  例えば、PCをリビングにおいて、ちょっとした時間を有効利用して、1タイトルずつ積み重ねて、単元を完成していってください。


★E-Lecture音声チュートリアル(PCの設定方法を映像+音声で案内)
  ・・・音声は英語科の永瀬先生・・・
  以下をクリック!
   
http://www.kenshinkan.net/E-Lecture/index2.htm

  
   
★単元別E-Lectureの案内ページ 
  以下をクリック!
   
http://www.kenshinkan.net/E-Lecture/tangen.htm
   


From E-Lectureの部屋


2007年04月13日

A=G+E(実力=才+環境)

生物学で、個体の能力が遺伝と環境の合計で決まるという事実を

A=G+E (Gは遺伝子のGene, Eは環境のEnvironment)

という式で表現することは広く知られている。
(統計に詳しい人は、この式を見ると、例えば、同じ遺伝的能力Gを持つ個体が無限にいるとして、それがいろんな環境に左右されると、結果として出てくる能力Aは正規分布することが理解できると思う:つまり、
A1=G+1
A2=G+2
A3=G+2


An=G+m
などになり、Aの分布が正規分布するということだ)


さて、

同じ才能をもつ人間が、学力をつけていくことに関しても、おおむね同様のことがいえる。

A=G+E

E(環境)によって、A(学力)がぴんきりになる。

Eの中で大きなものの2つを今日は紹介したい。

ー茲蠢箸爐里早いこと
△茲っ膣屬箍搬欧坊辰泙譴討い襪海

である。

,亮茲蠢箸澆料瓩気蓮

 早く知識を得ておくと、理解が深まるチャンスに巡り会う可能性が大きくなる

ということにつながる。たまたまテレビで、大学数学の話が流れていても、小学生にはあまりぴんとこないが、数学を勉強している人には、すごくためになっている場合がある。タージマハル廟のことを雑誌で見かけたとき、世界史でインドをやっている人には、ピンときて、興味が持てて、実は受験にもつながるが、世界史は夏からと思っている人には、数日後には出会ったことすら忘れていることになってしまう。取り組みが早くて、いろんな知識・教養があれば、たくさん転がっているヒントにも気づきやすくなり、なんらかのチャンスをいかせる確率が上がる。

△里茲ご超に恵まれることというのは・・・

よい例としては、ライバルがまじめに勉強していれば、自分も触発されるという好環境。

悪い例としては、人の悪口を言うばかりで、いっこうに自分を向上させようとしない環境にいると、つねに自分が努力しないことを他人のせいにし、他人の批判をすることで、安住の地を求めていき、自分が向上できないどころか、助けてくれる人が周りにいなくなり、ますます空気が悪くなっていき、それもまた周りのせいだと思ってしまう最悪のスパイラルなどがある。こうした場合、環境をよくするには、自分が、まず一歩進むことに限る。類は友を呼ぶ: いい人はいい人をつくり、いい人に囲まれる。よいライバルに囲まれて、切磋琢磨できるように自分が空気を変えていけるようになろう。


ー茲蠢箸澆鯀瓩し、チャンスに巡り会う機会を増やす
△茲ご超に恵まれる(orよい環境に変えていく・・・授業を素直にきいて、素直に努力できるだけでも全然違う!)
 
これにより、A=G+E のEが大きくなり、Aも大きくなる。

From なんでも部屋


2007年04月12日

2割の差

さあ、いよいよ研伸館でも新学期がスタートします。

各講座で小テストもはじまります。

小テストでは、必ず満点を取り続けてください。

例えば、一週間で英単語50語の範囲で小テストがあるときに、80点の人は8割つまり40語覚えている=10語覚えていない。

だとすると、

500語では100語の差、2500語では、500語の差になってしまう。

こんな風にして、8割で悔しいと思わずに、8割で平気な人は、しっかりやっている人に知らず知らず差をつけられてしまう。

2割の差はとてもこわい。
(だけどたいてい小テストは8割りできたら合格になる場合が多い。同じ合格でも、2割の差は実はとても大きい。)

センター試験で 800点と640点の差は2割の差。これは大きい。

だが、本当は、それ以上差がつくこともある。

例えば、
英語の長文ですべての単語の意味がわかるのと、600語のうち120語も知らない単語があるのでは、大きく点差がつくのではないだろうか。2割どころではない。

数学で2割わからない状況が出てきたら、ほとんど得点は不可能ではないだろうか。

そういうわけで、

こつこつ勉強して、スキをなくしておくのはとても大事である。


小テストを大切にしてください。


From なんでも部屋

2007年04月11日

数学科の『秘密兵器?』発見!?


西宮校で数学科のN先生の机の上に、なにやら見知らぬテキストみたいなものを見つけた。

『東大京大阪大超精選問題集』とかいう名称が刻んであった。

表紙のデザインからすると、自習用問題集のようだった。

中をぱらぱらめくってみると・・・・

KH
KH・TK
KH・TK・∞

という記号がついて、問題が並んでいた。

∞マークの問題にチャレンジしたが、なかなかどうして・・手強かったので、またの機会にということにしてしまった。

この問題集(ちなみに分厚い解答集もあった)を全部やったら、いかにも東大の問題を6完できますよっていう主張を問題たちがしているようだった。

いったいどのクラスでつかうのだろう。楽しみな問題たちでした。


From なんでも部屋

2007年04月10日

4/12(木)新学期スタート

春期講習会も終わり、いよいよ4/12(木)より4月授業開始です。

・・・新高1生・高2生はGW開けの到達度判定試験(クラス替えあり+合格力判定あり)
・・・新高3生は6/3(日)のセンター模試

をめざして、スタートダッシュかけましょう!!

特に、センター模試を受ける人は、「実力」でうけるぞ!ということで「何もしない」のではなく、絶対でそうな分野に、やまをはって、頑張ってください。やまがはずれても力はついています。

もちろん、やまをはらず、そつなく出題分野を確認して・・・というのが理想ですが、こんな時期に、そんなレベルに達している人は希有でしょう。


From なんでも部屋


2007年04月09日

E-Lecture全国版まもなく開始です


E-Lecture会員クール制(通称:全国版Eレク)が4月16日(月)よりはじまります。

もちろん、Eレクチャーにはオンデマンド機能があるので、年度末までいつでも視聴できますが、なんといってもEレクの魅力の一つは『ライブ』配信に参加できること: 先生や他の生徒たちとコミュニケーションできて、場の雰囲気全体の雰囲気=臨場感を味わいながら、感動の授業に参加することになる。

ライブ収録がいよいよ4月16日(月)からはじまります。

京大対策の京大スパルタンシリーズとセンター試験対策シリーズがあります。

詳しくは、ウェブサイトをご覧ください(以下をクリック)。


http://www.kenshinkan.net/E-Lecture/zenkoku.htm

ライブ参加は、申し込み後、入金確認ができてからになります。申し込みは、お早めに・・・。


From E-Lectureの部屋


2007年04月08日

マーク式数学の超限(自習用教材)


売り切れ続出で増刷になった『サイクリック英文法(上・中・下)』<各500円>に負けず劣らず人気のある研伸館オリジナル自習用教材に、

『マーク式数学の超限[ちょうげん](A編・B編)』<各1,000円>                     

というものがある。

特長は、E-Lectureによる講義に連動していること。

解説が豊富で、それだけでもわかりやすいと好評だが、さらに講義で深く掘り下げることで、ホンモノの力をつけることが可能だ。

これ一冊を、それこそマツザカダイスケの一球一球のように、芸術的レベルになるまで、繰り返すことにより、センター試験程度であれば、どんな問題が出てきても解けるようになる。

毎年4月下旬jから5月にかけて品薄状態に陥るので、早めに購入しておいてください。

『マーク式数学の超限[ちょうげん](A編・B編)』 詳しくは・・・以下をクリック!

http://www.kenshinkan.net/kenshinbooks/chogen.htm


From 研伸館からのお知らせ

2007年04月07日

DICE-KKKKKKKKKK from Major League, USA

ダイスケ・マツザカがメジャーリーグ初登板で10奪三振を含む好投で初白星を挙げた。

マツザカダイスケのボールは一球一球が光を放ちながら捕手のミットに収まっていく。

一球一球を支えているのは、まさに「強靱な精神力」であり、「しなやかな筋肉」と「繊細な指先の感覚」である。

自信を生み出しているのは、やはり、数え切れないくらい一球一球を投げ込んできたこと、そしてそのための基礎体力づくりを継続してきたこと、であり、さらに、修羅場ともいえる状況の中で孤独と戦いながらの一球入魂の結果の成功失敗の積み重ねであるに違いない(・・ちょっと「の」が繰り返されすぎて読みにくいですが・・・)。

彼の『センス』もまた、情熱を持ち続け、たえず磨き続けてきた結果、輝きはじめたものだと思う。

『センス』は身につけるものなのだ。もちろん『発想力』も。

決して絞り出すものではない(絞り出してもからから: 本来あふれ出すものだ)。

春は、勉強をはじめる季節・・・。 実力は継続によって生まれることを、肝に銘じておいてほしい。

------------------------------------------------------
この世界で継続ほど価値のあるものはない。
才能は違う。天才も違う。教育も違う。信念と継続だけが全能である。
------------------------------------------------------
・・・・・レイクロック自伝「成功はゴミ箱の中に」より


追伸:ウイニングボールは奥さんにロッカールームでわたしたとのことです!


From なんでも部屋

2007年04月06日

『センス』と『発想力』を上手に身につける方法

春期講習会も今日で終わりです。

みなさん頑張りましたか?

ホンモノの学力をつけるには、継続的な知識獲得、思考プロセス(論理プロセス)との遭遇、に加えて、断続的なアウトプット(思考鍛錬・解答練習)が必要です。

自分ができない問題やニガテ科目に対して、かるくあきらめ、「向いていない」とか「発想力がない」と結論づけるのは、あまりにも早計です。

知識獲得が優先である科目は言うまでもなく、人間の論理にて構築されている科目は、言語の習得と同様に、圧倒的な脳へのインプットと、インプットが一定量を超えたある段階の後の、自発的かつ断続的なアウトプットの練習が実力へとつながります。

・作文がうまくなるには、上手な作文をお手本にしながら、自分で実際に書いてみることが不可欠; その後、客観的に見つめ反省し、さらにうまい文章をめざして書いてみる、ということを繰り返すことによって、作文力が向上します。

・力学(物理)が得意になるには、状況を正しく把握して、運動方程式を正確にたてる練習をつまなければなりません。そうしているうちに、あるとき自力で、他の状況に際しても、解答できる力がついていることに気がつきます。

・数学が得意になるには、数学の論理を何度も何度もみずからたどり直して、優れた解答をお手本にして、これこそまさに、論理的であるというプロセスを自分でも導いている状態を演じていく、という練習を繰り返すことが肝心です。

勉強は、「ピアノの練習」と同じです。

優れたピアニストほど、基本となる曲を何度も何度も弾いて、指に体に心に覚えさせていくことを繰り返しています。天才と呼ばれるのは、そのいくつもいくつもいくつも先の段階です。

基本となる曲を繰り返す、完璧に弾けるようになった曲が20〜30に達したとき、例えば、ふとTVCMの曲を聴いていると、オタマジャクシが浮かぶ・・・指も動かせる。初めてのはずなのに弾ける。

勉強で言えば、この初めてのはずなのに弾ける というのが 「発想」とか「センス」と呼ばれるものに近い気がします。

つまり、「発想」や「センス」なんていうものは、実は、身につけられるものだと思います。


From なんでも部屋


2007年04月05日

電柱の間(荷物持ちゲーム??)


子どもの頃、例えば、遠足の時に、じゃんけんで負けた者がつぎの電柱まで荷物を背負う、そして、次の電柱のところで、またじゃんけんして、負けた者がそのつぎの電柱まで荷物を背負う、というゲームをしたことはないだろうか?

たまたま運に見放されると、5人分くらいのリュックサックと水筒をずいぶん長い間持たされたりする。

ところが、荷物を背負わされている当の本人は、たかだか次の電柱までだからがんばれる。
これが、遠足の目的地までという決まり事だったら、もうたまらず、逆ギレする者が出たりして、ゲームが成立しなくなるだろう。

そう、「電柱の間」だから耐えられる。「電柱の間」は頑張れる! んだ。

勉強にも似たようなところがある。定期試験の前だから一夜漬けできる。毎晩漬けはさすがにできないだろう。

さて、4月に新学期がスタートして、しばらくしたら、大きなテストが待っている。

高1高2はGWあけに到達度判定テスト(結果次第でクラスがえあり!)
高3は6月初旬にセンター模試(志望校判定あり!)

4月中旬に新学期が始まるから、もうあっという間である。

次の模試が電柱だ。

次の電柱まで頑張ってください!  実は電柱の間のがんばりで案外力がつくものです。

From なんでも部屋

2007年04月04日

ボン単CD売れてます!

bontan_cd.jpg
「ぼんぼん出てくる英単語〜All Words Become Treasures!〜(略称:ボン単)」のリスニング用CD

発売開始されています。3枚組です。

各校の事務局で購入できます。校内生は、学生証を持って、「ボン単CDください」と言ってください。

CDの1枚目の最初の50語を試聴できるようにしてみました。 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓(クリック!)

http://www.kenshinkan.net/2007_Bontan_MP3/R.html

完売したら、販売終了となります。

4月から、ボン単のテスト始まります。

_箸念典する→学校への行き帰りにデジタルオーディオプレーヤー(iPodなど)で聴く
→小テストで満点を取る!

この繰り返しで、力をつけましょう!


From 研伸館からのお知らせ

2007年04月03日

ホンモノの条件2

ホンモノの条件2

これから、ホンモノの条件3,4・・・と進んでいくことになるのだが、一つだけ確認をしておきたい。

それが今日のテーマ: ホンモノの条件2;

「ホンモノの基本的姿勢は『それいいですね・・』である」

ホンモノには一流の力があるから、わざわざ他を引きずりおろすことによって、自分を高く見せようとする必要はない。

自分とは違うものに接したとき、

本能的に負けたと思って反射的に批判をするのではなく、

自分にないものを認めて、良さを確認する。そして、時に感銘を受ける。

そのとき・・・『それいいですね』である。

他を認めないことは、自分にないものを認めず、自分の変化(=自分にないものを認めて、それを自分なりに消化して、自分に身につけていく)の機会を拒むことだ。

勉強して、何かを見つける。見つけたことだけでなく、見つけていく過程でも大事な発見がある。

だから、いろんな方法を知り、いろんな経験をすることはよいことだ。

だから、学校の勉強を馬鹿にするとか、人のやりかたを馬鹿にして、自分のやり方以外を認めようとしないことは、自分の余裕のなさを露呈することだ。

ホンモノの姿勢は『それいいですね』『いいですねそれ』である。

いろんな経験をして、いろんな価値を発見して、『それいいですね』を繰り返して、自分なりの【型】をみつけていくことがホンモノへの王道だと思う。


ホンモノの条件2=ホンモノの基本的姿勢は『それいいですね・・』である。


From 受験の部屋


サイクリック英文法入荷しました


お待たせしました!

品切れ続出中の『サイクリック英文法(上・中・下:各500円)』

研伸館各校に入荷しました(これで半年くらいは大丈夫!?)。

校内生は、学生証をもって、校外生は代金を持って、各校事務局にて

「サイクリックください!」

と言って、購入してください(もちろん購入したら、さっそく演習を開始してください)。

なお、「ボン単CD」も同時購入をお勧めします(こちらは一度品切れすると、つくるのにかなり時間がかかります)。

From 研伸館からのお知らせ


2007年04月02日

学園前校の雰囲気・・・


学園前校の雰囲気が気になるところです。

学園前校は、アップ教育企画『研伸館』『進学館』『個別館』『サイエンスラボ』『レゴエデュケーションセンター』が同じビルに同居しています。とてもすばらしい校舎です。

以下のページの下の方に、学園前のスライドショーが見られるリンクあり!

http://www.up-edu.com/nara/


From 学園前校の部屋

2007年04月01日

セレンディピティ


2006年度の京都大学前期試験(国語)の問題で、

茂木健一郎の「思考の補助線」(←月刊ちくま)の第2回「『曖昧さ』の芸術」からの出題がなされている。

研伸館のサイトに吉田信夫先生(数学)が以下の問題と解答(カオス力学云々・・といったっけ?)を掲載しているが・・・・

http://www.kenshinkan.net/daigaku_sugaku2_kaitou.pdf

この数式で表されている状況と、解答として抽出される結果を考察していると、

カオスの中に周期性を見いだし、厳密性をつきつめていく数学者の喜びと、しかし、そのカオス自体の「曖昧さ」がなんとも魅力的かつ芸術的で・・・・、

京大の現代文に出題されていた文章を思い出してしまいますね。

一度、読んでみてください。


From なんでも部屋