« 出身高校別体験記 | メイン | 宇宙に果てはないが、有限である。 »

ペルセウス座流星群

みなさん夏の風物詩『ペルセウス座γ流星群(ぺるせうすざがんまりゅうせいぐん)』を知っていますか?
  
毎年7月20日頃〜8月20日頃にかけて、ペルセウス座のγ星付近を放射点として流れ星が見えるようになります。
  
そしてそのピークはだいたい8月13日ごろ。
   
空をながめても街の明かりが見えないくらいの山の中、例えば兵庫県の福知山の奥あたりや京都府の奥の方、にいって上を向いて、ペルセウス座あたりが視線にはいるようにぼーっと見ていると、8月13日頃のピークには1時間に30個〜60個の流星があります(実際に見えるのはその半分くらいかもしれない:実際には月明かりでさえ明るすぎます!!)。
   
あっ流れた、あっまた、というくらいにはなります。結構明るい流星が多いのと、流星痕が残るものも多く、まさに流れ星のショータイムという感じになります。
   
ただし、さすが流れ星です。願い事を唱えようと何度試みても、あっ!とびっくりしている間に、消えてしまいます。  
  
なかなかのものです。
  
このペルセウス座γ流星群は、天文ファンなら、知らない人はいないくらいの有名なやつで、しかも夏に出現するので、すごく観察しやすく、流れ星といえばこれといったものだと思います(5月頃の流星群だと、山の中で観察するには、肌寒さとの戦いになります)。
  
一度観察してみてください。へええーっ。流れ星っていいなあときっと思います。
  
そういえば、研伸館にも、天文博士がいます。
   
年賀状が★の写真だったりして、素敵な気分になります。
   
  
From なんでも部屋
  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.up-edu.com/mt/mt-tb.cgi/1051

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)