« 「冨松佐藤解」のカリスマすごいですね | メイン | 夜中に歩道で人が倒れていました »

冨松佐藤解といえば・・・相対性理論

昨日に引き続き・・・
  
冨松佐藤解といえば・・・、相対性理論です。
  
相対性理論(←アインシュタイン)は、研伸館では高校2年生の英語「Exploration供廚離謄ストで冬期以降に題材として取り上げられます。
  
とても刺激的なワクワクする内容です。
  
英語で、未知の内容に切り込んでいくということが、まさに実体験として味わえます。
  
これこそEXPLORATIONですね。
  
お楽しみに・・・。
  
  
From なんでも部屋

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.up-edu.com/mt/mt-tb.cgi/1208

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)