« Who is カリスマ? エントリー状況 | メイン | 北林さんのVOD世界史演習(学園前校) »

Who is カリスマ? 西宮校 第4回 〜谷口先生〜

◎karinishigazou4.bmp


みなさんこんにちは〜!研伸館ブログ西宮校です♪
高1、高2の方は到達度判定試験お疲れ様でした!!試験の結果に一喜一憂するだけじゃなく、自分の間違ったところをしっかり復習することが大切ですよ(^∀^)高3の方は10月にあるセンター模試頑張って下さい!!
さて西宮校第4回『Who is カリスマ?』のターゲットは英語科の谷口先生です☆それではど〜ぞ〜♪

当校記者「谷口先生こんにちは(^O^)!」

谷口先生「こんにちは〜。」

当校記者「さっそくですが、谷口先生にとって“カリスマ”的存在の方はいらっしゃいますか??」

谷口先生「カリスマですかぁ…?
う〜ん…おじいちゃんかな?オーストラリアに留学してた時のホストファーザーです。名前はNoel Johnson(ノエル・ジョンソン)。」

当校記者「ホストファーザーですか〜(>∀<)留学先で“カリスマ”に出会えるなんてすてきですね(^o^)どんな方だったんですか?」

谷口先生「まず、当時72歳なのに彼女がいました。彼女はとっても若くて54歳!おじいちゃんは奥さんを亡くしておられたので、純粋に彼女です。
彼女がいたのは、偶然ですがおじいちゃんのパワーには圧倒されっぱなしでした。とにかく前向きで毎日を楽しんでいましたので、僕はMaster of Life(人生の達人)だなぁと思ってました。」

当校記者「人生の達人(・_・)!!すごいですね〜☆」

谷口先生「もう毎日朝からハイテンションなんです。天気が良い日には“It’s a beautiful day, isn’t it?”から始まり、食事の度に“It’s pretty good.”を連発しながらニコニコ食べます。自分で作った料理なのに、褒めまくりながら食べるのですから、なんだか微笑ましくなります。
とにかく忙しい日本人には些細なことと思ってしまうようなこと一つ一つに感動してコメントしていくので、一緒に暮らしているとこちらまで毎日が楽しくなってきます。
おじいちゃんのように毎日を楽しく過ごせればいいなぁと憧れました。」

当校記者「本当ですね〜(^∪^)ほんわかした情景が目に浮かびます(´∀`)毎日を楽しく過ごせるって幸せなことですよね♪」

谷口先生「そうですね。それにどんな時でも前向きでしたね。僕が毎年卒業生に贈る最後の言葉が“Yes, You Can!”なのですが、この言葉もおじいちゃんがよく言ってくれた言葉です。」

登校記者「そうだったんですか(・□・)!ジョンソンさんはどのような時にその言葉を言って下さったのですか??」

谷口先生「留学最後にクラス代表でスピーチをすることになり、僕が選ばれたんですよ。従来はヨーロッパ系の留学生が代表スピーチをしてきたので、アジアの留学生がスピーチをするのは初めてのことだったんですよ。」

当校記者「それってすかなりごいことですよね!!(≧_≦)緊張とかされなかったんですか??」

谷口先生「さすがに前日から緊張して不安になってたのですが、おじいちゃんに相談するといつも決まって“Yes, You Can!”と言ってくれたんですよ。
日本語の「がんばって!」は英語では“Cheer up!”などを思いつきそうですが、実際にはあまり使わないようですね。」

当校記者「そうなんですか?!(*□*)普通に使われていると思っていました!だったら“Yes, You Can!”は…??」

谷口先生「“Yes, You Can!”は「君ならできるよ!」って感じですね。あまり根拠なくそうはっきり断言されても、こちらも逆に不安になるので、一度おじいちゃんに聞き返したことがあるんです。“If I can’t …?”(できなかったら…?)と。
そしたらおじいちゃんはニコニコと笑顔で“It doesn’t matter.”(問題ないよ)と言ってくれました。
日本人にも、努力して最善を尽くせばそれでよしという考えはありますが、どこか悲観的で不安なまま本番を迎えてしまう時がありますよね。おじいちゃんが言いたかったのは、結果を気にせずにありのままでいきなさいということだったと思います。」

当校記者「そうですね(>_<)私もどうしても失敗することを考えてしまい、不安な気持ちでよく本番を迎えてしまいます(_ _*);」

谷口先生「先のことはどうせ誰にも分からないのだから、やるべき事をやったのならば、先のことを考えて不安になるのは楽しくない。自分はできると信じていればいいということでしょう。とても“optimistic”(楽観的)な考えのようですが、やるべきことをやった人にしか言えない言葉だなぁと思ってます。」

当校記者「本当に偉大な方ですね〜(*□*)“人生の達人”のわけがよくわかりました!!しかし話の随所が“ぼん単”風味ですね(^^)(笑) 谷口先生、ありがとうございました!!」

いやぁ〜、本当にすてきな話でしたね(´∪`)元気付けられた気がします♪
みなさんも大学を受験する時、自分に自信を持って、“Yes, I Can!!!!!”で頑張って下さいo(≧∀≦)oみなさんは谷口先生を始め、たくさんの先生方が応援してくれていますよ☆
研伸館ブログはコメント、リクエストを受け付けています♪いつでも書き込んで下さいね(^O^)ノ
研伸館西宮校でした〜☆★

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.up-edu.com/mt/mt-tb.cgi/1189

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)