« 一"語"一会 No. 6 | メイン | 一"語"一会 No. 8 »

一"語"一会 No. 7

“culture”

 俳優森繁久彌さんは、平成3年に現代演劇界初の文化勲章を受章されている。昭和42年初演のミュージカル「屋根の上のバイオリン弾き」では主役を演じ、連続20年、計900回という日本ミュージカル史上、最多上演記録(当時)を達成されたそうだ。現代の「文化」に貢献された同氏に賛辞を贈りたい。
 「教養、文化」を表す“culture”は、ラテン語の“colere”に基づく名詞“cultura”が語源である。cultureは植物の「栽培」や動物の「飼育」という意味で用いられ、やがて「心身を耕すこと」つまり「鍛錬、修養」になり、教養の集積である「文化」へと変容した。手入れをする対象が土地から動植物に移り、最後は人間になったのである。

From 三田校の部屋

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.up-edu.com/mt/mt-tb.cgi/3191

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)