« 2010年06月 | メイン | 2010年08月 »

2010年07月30日

夏は中盤! 研伸館★西宮校★進学アドバイザーより

いよいよ8月、夏の勉強はもう中盤です!

kitamura.gif
西宮校進学アドバイザーの北村です。

猛暑日が続いたかと思えば、ゲリラ雨に見舞われたり・・・。
天候の変化により、体調も崩し易くなりますが、皆さん体調管理は大丈夫でしょうか。

ついこの前、夏期講習が始まったかと思っていましたが、あっという間にCタームも終了しました。
高校3年生の皆さん、夏休みに入るときに立てた計画は順調に進んでいますか?

順調に進んでいる人は、この調子で8月へ突入してください。
少し遅れているという人は、ほんの少し立ち止まって何が悪かったのかを反省しましょう。
そして、改善点を見つけた上で、8月の勉強が順調に進むように計画を見直ししましょう。
『Plan(計画) ⇒ Do(実行) ⇒ See(見直し)』
この繰り返しで効率よく勉強し、成績アップにつなげてください。

しかし、どこがどう間違っているのか、自分の計画に無理はないのかなど、うまく見つけられない人もいると思います。
そんな時は是非、各校の進学アドバイザーに相談してください。
(もちろん普段授業を見てもらっている講師でもOKです。)
西宮校には私を含め3人の進学アドバイザーがいます。

oohara.gif
■西宮校大原さん

柴田.gif
■西宮校柴田さん

事務局で「進学アドバイザーに相談したいことがあるんですが」と声を掛けて下さい。
また、西宮校では、事務局まで足を運ぶことに戸惑いを感じている人に《C-Box》という相談受付用の箱も用意されています。

C-Box.gif
★C-Box

9月を迎えるとき、「この夏は充実していた!」と言えるようにあと1ヶ月頑張りましょう。

<お知らせ>
進学アドバイザーは研伸館の全校舎にいます。みなさん是非相談に来てください!

2010年07月20日

夏期Bターム!!

 こんにちわ、松本孝です!

 かなり間隔が空いてしまいました。。。

 今日からBターム!

 梅雨も明けて、夏本番!!

 夏の暑さに負けないよう、体調管理に気をつけながら、毎日頑張って勉強していきましょう!!
このタームはずっと三田校で授業をしていますので、質問・相談等あれば遠慮なく言ってきて下さいね!!!

PS 今日から「半そで」デビューしました!もう流石に長袖は・・・

 以上、松本孝でした!!

From 三田校の部屋

2010年07月19日

京大生のチューター 〜夏の学習法〜

みなさんこんにちは。
研伸館ではAタームが終了しましたが、学校によってはやっと夏休みが始まったところもあるかと思います。そこで今一度、夏休みの計画について以下の内容を参考にしてみてはいかがでしょうか?
京大生のチューター(1〜4回生)8人に夏の学習法を確認したところ大きく4つのキーワードが出てきましたので、ご紹介します。

【考えた学習時間などの計画は思うようにいかない場合が多い】
授業と自学習の1日のカリキュラムを設定して、夏休みの終わりまでにはセンターと2次試験に必要な学習がこの程度終わるはずといったことを描く方は多いかもしれません。
しかし、チューターの多くの意見は、まず復習と夏期の授業で大半の時間を失ってしまう場合が多く、計画通りにすすまないと不安が募ってしまう。

【1日の勉強時間目標を設定する】
彼らのなかでやっていた学習方法です。みなさんが、自分にあっていると思う方法を真似してみてください。
○各教科で今日はここまでをやりきるという設定を決めて、各教科最低限の時間は確保する。
○各ターム内でここまでは終わらせるという範囲のみを決めて、毎日の状況にあわせて時間を調整して達成する。
○1週間で終わらせる参考書などを決める。毎朝、目標内容を終わらせるように調整した予定表を作成する。

【基礎と応用/センターと2次/得意と不得意の両立】
夏休みには、模試(マーク・大学別など)があり、そこで結果を出そうとすると、しっかりと基礎を固めておく必要がでてきます。夏の前半に苦手な科目を重点的にするという場合や、模試の手応えによってセンター・2次の学習の調整を後半にとったという場合もあります。
ただ、基本に立ち返るとができるのは夏までということは全員共通の意見のようです。また、注意が必要なことは、「得意・不得意にかかわらず、(センター/2次など)必要な科目は全科目まんべんなく勉強する」ということのようです。苦手科目を夏に得意にできても、もともと得意の教科の成績が落ちては意味がありません。

【学習と休憩のメリハリをつけ、ストレスを溜めない】
○集中が途切れたら(問題が手につかなくなったり、余計なことばかり考えるようになったら)、すぐに休憩をして気分を変える。
○(個人差はありますが)朝・昼は集中力を維持させて演習系や予習・復習を行い、暗記系のものは夜に実施し時間がきたら寝る。
○睡眠時間を絶対に削らない。

などが、共通の意見のようです。各個人で考え方も違うのは当然のことです。独自の勉強方法ももちろん実行して夏休みを充実したものにして下さい。

2010年07月14日

「実りある夏」にしよう!

こんにちは!

さて、日に日に暑さも増して夏らしくなってきましたが、
皆さんは夏休みに入る今日この頃でしょうか。

世間ではワールドカップの決勝や参議院選挙など、
熱い勝負が繰り広げられてましたが、
皆さんにとっては夏が「勝負時」です。

夏休みはまとまった時間が自由に使えるチャンスですので、
それを有効的に使えるかどうかは勝負の分かれ目です。

ですが、自由なだけに何もしないでいると、
あっという間に日が経ってしまいますので注意が必要です。
あらかじめ夏の学習計画表を作成して、
普段と同じレベル以上での学習習慣を心がけましょう。

ただし、計画表作成時は細かくなりすぎると逆にやる気がなくなってしまいますので、
「1週間単位での計画」や「週1〜2日は調整日」にするなど、
自分なりの工夫も取り入れてみてくださいね。

2010年07月11日

夏を乗り切るためのメソッド 〜健康編〜

来週から研伸館では夏期講習がスタートします!
待ちに待った 7/13(火)いよいよAターム始動!
「校内生のみなさん、夏期のテキスト引き換えは済みましたか? 期間 7/5〜10!」

ところで、みなさんいろいろと夏の計画を立てているかと思いますが、特に高3生は設備面で充実している研伸館にほぼ1日中滞在するという人もいるかもしれません。何時間も自習室で勉強したり、数コマ連続で授業を受けたり……自宅ではクーラーをつけっぱなしで就寝する人もいるのでは……
研伸館に限らず、夏の生活において大切なのが『クーラーによる体調不良』対策です。
「寒いなあ〜」と感じたままずっと我慢していると元気が無くなって夏ばての症状を引き起こしてしまいます。つまり『クーラーによる体調不良』です。絶対にそうならないように対策をしましょう!


<『クーラーによる体調不良』対策 グッズ編>
●長袖のシャツ
●薄手のカーディガン
●ひざ掛け(女子のみ)
●赤ちゃん毛布風のボタン付ブランケット(主に女子)
●ストール(女子のみ)
 ★アドバイス:あまりかさばらずにかばんの中からさっと取り出せるグッズがいいです。寒さを我慢せずに何かを身にまとい、できるだけ体温が奪われるのを防ぎましょう。


<『クーラーによる体調不良』対策 食べ物編>
●ショウガ
●ニラ
 ★アドバイス:夏ばて対策に役立つ食物は、血行を促進し、体を温める働きのある、ショウガとニラです。それぞれショウガ湯やニラ雑炊にして食べると効果があります。夏ばてしてきたかなと感じたら、ニラをたっぷり入れたニラ雑炊を食べて、ショウガ湯を飲んでみてください。朝、夕2回を数日続けるとかなり効果があるかもしれません。 ただし、アレルギーのある人は要注意です。

参考になりましたか?

2010年07月10日

第1回研伸館センター模試の見直しは終わりましたか?

こんにちは!

さて、第1回研伸館センター模試の個人成績表が、
高3生の皆さんの手元に返却されていると思います。

センター模試の見直しはできていますか?
ただ、解答解説を読んだだけで終わっていませんか?

今後、学校などでも模試を受験する機会が多くなりますので
今回は模試の見直し方法についてお伝えしますね。

まず、自分の間違った問題を確認し、次の3つに分類しましょう。
(研伸館センター模試なら、ロイヤルシートの横に記入していきましょう)

A ・・・ ケアレスミス(勘違い、計算間違い、マークミスetc)

B ・・・ 習ったこと・聞いたことがあるが思い出せなかった問題や
      時間内に解けなかった問題
     
C ・・・ 全く見たことも聞いたこともない問題

こうすることで、同じ失点でも、自分がどういったパターンで失点しているかが分析できます。

Aが多い人は、問題演習や模試を通じて、
集中してより正確に問題を解く訓練を積む必要あり!

Bが多い人は、復習が不完全で知識が定着していない証拠なので、
夏休み中を利用して、今までの復習をしっかりおこなう必要あり!

Cが多い人は、そもそも知識のインプットがまだまだ不足しているので、
夏期講習の総点検講座などを活用して、まずは基礎事項の確認が必要あり!

このように、自分の失点パターンに応じて、今後の学習方針も変わってきます。
最低でもここまでやって、はじめて「見直し」と言えます。

模試の後は自分を大きく成長させるチャンスです。
判定ばかり気にせずに、模試のたびに成長できるワクワク感を楽しんでください!

*あと、模試のやり直しノートを作り、
  自分がよく間違える問題パターンやポイントをまとめておくと、
  自分だけの最高の参考書になりますよ!!