« Special Term(1日完結講座群)申込済んでいますか? | メイン | 介護医療・・・受験との関係 »

模試を受験するにあたって

こんにちは!!

もうすぐ夏の模試が始まりますね。

模試を受けるときは何となく受験せず、有効に使うために
きちんと準備をしておきましょう。
模試を受けるまえに「今の自分の実力ではこの分野のここが
出たら解けるはず」「この分野はまだ勉強してないから、今は
できなくても仕方ない」など、自己分析をしておくことが大切
です。

わかったと思っていてた問題が解けないこともあります。
もう勉強したはずのところができないということは問題です。

あまり勉強してない分野がたまたま当たってしまって出来たと
勘違いすることも危険です。

安定した実力をつけて、最終的に志望大学に見合う合格力
をつけるには自己分析と模試の結果が合ってることが重要
です。模試は、普段の勉強とは違って、自分の実力を100%
発揮するための練習です。

また、模試だけでなく普段の復習テストでもケアレスミスには
充分注意してください。
ケアレスミスを「本当はもっと点数がとれたのに、残念やったな」
ぐらいにしか考えていない人は要注意です。
ケアレスミスは、問題を解くための本質的な能力が何も向上
していません。普通は、正解した時よりも間違った時の方が
強く印象に残ります。だから、その問題を解くための知識や
考え方を身につけることができます。
でも、ケアレスミスからは新しい知識が何も生まれません。

ここで・・・
8月7日から夏の全国高校野球選手権大会が始まります。毎年、
なんでもないようなミスがきっかけで大量得点を相手チームに
許してしまうような光景をよく目にします。実力面、精神面と
様々な要因があるかとは思いますが、悔やんでも悔やみきれない
ですよね・・・

最後に、ひとついい言葉が見つかりましたので、ここに記載して
おきます。

「10年後にはきっと、せめて10年でいいからもどってやり
直したいと思っているだろう。今やり直せよ。未来を。10年
後か、20年後か、50年後からもどってきたんだよ今。」

今は、諦める気持ちが出てきたり、先のことを考えて不安が消え
ないような人がいると思いますが、入試本番に近づいてくれば、
せめて今頃に戻れたらなと思っているかも知れません。そうなら
ないためにも今の気持ちを切り替えて頑張りましょう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.up-edu.com/mt/mt-tb.cgi/3519

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)