« 介護医療・・・受験との関係 | メイン | 夏の最後にVODを! »

こ の 夏 を 振 り 返 り ま し ょ う

こんにちは。暑い日はまだまだ続きますね。

さて、タイトルを見て「ドキっ!」とした人、いませんか?
変わったのは、肌の日焼けだけ・・・なんてことはありませんよね。

感じ方はそれぞれだと思いますが、長かった、あるいは、あっという
間だった夏休みは間もなく終わります。夏休みの宿題、目の前の問
題集に取り掛かっていると思いますが、このあたりで夏休み期間中
の「変化」について検証してみませんか。その際、「やる気」 のような
感情部分の変化ではなく、学習量(実績ベース)で検証してみましょう。

◆夏休み前に把握していた問題点、解決しましたか?◆
(解決に向かって進んでいますか?)

1学期の定期テストや模試の結果を受けて、あなたは夏休み前
時点で、自分の問題点(課題)は何の教科のどの分野なのか把握
していましたか?(そもそも把握すらしていない人は、至急現状分
析をはじめてください)

もし、把握できていたのであれば、その問題点解決へ向けどの
ような計画で臨みましたか?例えば、英語の覚えている単語数が
少ないと思った場合、「ぼん単の1800番まで覚えるぞ」と計画した
とします。夏休みは40日と仮定し、1日当たり45個(1800÷40=45)
覚えるとして、今日現在何個覚えているか?・・・というように、現在
の進捗を1枚の紙に書き出してみましょう。

また、1枚の紙に勉強量を書き出すことで、特定の教科に偏って
勉強していないかについても確認してみてください。受験に必要な
科目で、「この夏全くやっていない!」・・・ようなことありませんか?

夏休みはあと1週間。たった1週間、されど1週間です。
これまでがんばった人も、あまりはかどらなかった人も、この1週間
を計画的に過ごして下さい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.up-edu.com/mt/mt-tb.cgi/3543

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)