« 2010年11月 | メイン | 2011年01月 »

2010年12月29日

何事も全力で取り組もう!!

みなさんこんにちは。早いもので2010年も終了です。
高3生の方は、センター試験まで残すところあと僅かとなりましたが
順調に仕上がっていますか?大晦日マーク模試で最後の調整をし
本番に挑んでくださいね。本番に向けて体調管理には十分注意
してください。
高1・高2生は新学年コース認定試験に向けてしっかりと復習をして
挑んでください。また、質問などがあればお気軽に、講師や進学
アドバイザーに相談してください。

2010年12月24日

世界史の時事問題(第4回)

〜パレスチナ問題 (2)〜

《パレスチナ分割案って何?》
 1947年2月29日に国連総会でパレスチナ分割案が決議されました。パレスチナを「ユダヤ人国家」「アラブ人国家」「国際管理地区」の3つに分けるというものです。ところが、ユダヤ人国家に与えられた土地は全体の57%なのに、ユダヤ人の人口は全体の30%に満たないもので、パレスチナ人にとっては不公平な分割案でした。しかもユダヤ人国家とされた地域でさえもパレスチナ人の方が多かったのです。
 その後、国連分割案でユダヤ人国家として割り当てられた地域を制圧し、その上、その支配地域を拡大する為に「ダーレット計画(Dプラン)」といわれるパレスチナ人を一掃するための13の軍事作戦カが開始されました。
この作戦中、ユダヤ人のテロ組織によって、悪名高い「ヤシン村の虐殺」が行われています。中立を表明していたこの村で、無抵抗の254人の男女が、幼い子供も含めて無差別に虐殺されました。そして生き残った村人も、血だらけの服のままイェルサレムで「勝利の行進」をさせられました。このテロ組織を率いていたのが、後にイスラエルで首相となるベギンです。ちなみに彼はエジプトとの平和条約の功績によって、ノーベル平和賞を受賞しています。こうしてイスラエル建国前に、40万人以上のパレスチナ難民が発生しました。

《中東戦争について簡単に教えて?》
 1948年、イスラエル独立宣言の翌日、これを認めないアラブ諸国(エジプト・シリア・ヨルダン・レバノン・イラク)の連合軍がパレスチナに浸攻して、第一次中東戦争が勃発しました。1949年に休戦協定が結ばれ、イスラエルはアラブ人国家の領域に指定されたガリラヤ地方を含むパレスチナ地方の77%を占領する大勝利となりました。
それ以降、アラブ諸国とイスラエルの間で3回にわたる、大規模な戦争が発生します。
(次回に続く)

【ひとこと】
 来年は卯年ですね。「ホップ、ステップ、ジャンプで、飛躍の年にしましょう!」なぁ〜んて、ベタなことは言いませんが、最後の最後まで気を抜かずに、全力疾走して下さい。おとぎ話のウサギのように、途中で気を抜いて、誰かに追い越されないように・・・・。
 皆さんにとって、来年が実りある良い年でありますように。
(第4回 終わり)

2010年12月22日

受験直前期だからこそ、一工夫してのりきろう

高校3年生はセンター試験まで残り1ヶ月をきってしまいました。
試験当日まで、勉強計画や精神面をどうもっていくか、勉強すればするほど
その難しさを感じているかもしれません。両極端(「低迷」「好調」)の
繰り返しにストレスを感じることもあるでしょう。

また、この直前期、いつも以上に力が入りすぎて頭の整理がつかなくなって
しまう可能性がある人は、今までの勉強内容で「できるようになった」ところ
を繰り返し確認することや、少し間をとって運動(足腰を動かす)してみる等
「ゆとり」をもつことが大切です。

勉強方法としては、年度をどんどん遡って過去問を解いていくよりも、今までに
解いた過去問の解き方を見直す等、勉強の質を高めることに重点を置いたほうが
良いと思います。

以前、ダイエット中の人より「食べ方を工夫すれば、食べ物を変えなくても痩せる」
と聞いたことがあります。受験に関して言えば授業やテキスト、問題集をそのまま
持続させ、読み方、解き方、聞き方を工夫するというような感じではないでしょうか。
どのような順序で詰め込み、どの問題から解き始めるのか。受験間際のラストスパート
をかける前に戦略を再確認する時間をとってみてはどうでしょう。

「自分はまだまだ」と否定的にとらえずに、「自分はいける」と信じて最後まで
やりぬいてくださいね。

余談ですが、試験会場というのは思ったほど快適ではない可能性があります。いつもBEST
な環境を選び抜いて勉強している人は「現場に慣らす」ことも考えに入れてみては・・・

2010年12月15日

今の笑顔は、来春へ!

連日、自習室は一杯です。
開放教室を開けると、それが一杯になることもしばしば。

ただ、ちょっと気になることがチラホラ。
それは休み時間や、帰宅時の皆さんの顔です。
勉強の重苦しさから解放されてホッとしているのだとは思います。
けど、中には本当に楽しそうな人が・・・。

勉強が楽しいなら魅力的です。
そんな人はきっと合格しますよ!
けど、どこか緊張感が抜けて楽しいだけならそれは要注意です!
その笑顔は、来春に取っておきませんか。

毎年受験生を送り出している側から見ると、
今、楽しそうな人ほど、結果は楽しくないことが多いですよ。

合格の2文字を勝ち取って、2月、3月に心から楽しめるようしましょう!

2010年12月11日

理科のちょっと面白い話(第4回)

〜ちょっと脱線 (2:謎解き編)〜

先週「もういちど読む山川世界史」なる本が話題を呼んでいるというお話をさせていただきました。これは高校生が普通に使っている教科書を教養書として書店に並べたもののようです。
ところで某ネット書店の感想欄を覗いてみますと,そこには「中学レベル」,「昔より簡単になった」,「今の世界史はこんなにスカスカになってしまったのか」との読者からの不満の声が上がっていました。しかし私がみたところ世界史教科書のベストセラーにして最高峰である山川出版の「詳説 世界史B」の難度や詳しさが低下したとはとても思えません。

さて,ここでおかしな食い違いが生じていることにお気づきになられましたか?
テレビは「教科書をそのまま教養書にした」
読者は「昔読んだ教科書と比べるとスカスカに感じるほど簡単」
上田は「今の教科書は昔の教科書と比べて内容は簡単にはなっていない」

 Ν△真なら,は偽ということになり, Νが真なら△狼供
しかし◆Νが真なら,偽と言うことになり,この三つの命題は並立できないように見えます。
皆さんはこの謎を,どう解かれますか?前回はここまででした。

-------------------------------------------------------------------------------
さて真相を確かめるべく山川出版社にメールで問い合わせましたので,今週はその結果をお知らせいたします。
出版社からのメールをここに転載するわけにはいかないので,教えていただいた事実と,私が独自に調べた結果をあわせて真相を解き明かしていきたいと思います。

 まず,この「もういちど読む山川世界史」の底本となった教科書は2004年まで高校で使われていた「世界の歴史」(世B576)です。
この本は現在の高校生が使っている最新の教科書そのものではありませんでした。たしかにかつて高校生が使っていた教科書ではありますが「今の」高校生が使っているものではありません。
そして´↓のどれかにウソがあるのではないかという疑いについてですが…。
結論としては,誰もウソはついていませんでした!

まず,,砲弔い董「世界の歴史」の教科書の記述を生かしつつも現在の状況に合わせて本文を書き直したり,コラムを追加しているそうですが,印象が変わってしまうほどの大改訂は行っていませんでした。つまり「真」です。
次にに関しても「真」です。
そして△亡悗靴討任垢,これも「真」です。

高校では教科書は1教科について1種類しか渡されませんので,ほかの高校が採用している教科書をみる機会はありません。まして普通の高校生には1つの出版社が何種類の教科書を出版しているかなど知る機会など無かったと思います。

じつは1997年から2004年までの間,山川出版社は世界史Bの教科書を3種類販売していました。

山川出版社 詳説世界史 B 1999年← 最高難度・最高シェア
山川出版社 世界の歴史 B 1999年← 「もういちど読む」の底本
山川出版社 高校世界史 B 1997年

 「もういちど読む山川世界史」を手にするような知的で好奇心の旺盛な人(中年者)はおそらく大学進学率の高い高校に通っていた方が多いのではないでしょうか。そのような学校では(明石先生の皮膚感覚によれば当時)7〜8割ぐらいのシェアで「詳説世界史」が採用されていたと思われます。
(ちなみに詳説世界史のシェアは現在低下傾向にあるとのことで,進学校での採用率は6割程度に低下してきているそうです)

それに対して「世界の歴史」や「高校世界史」は大学進学率がそれほど高くない一般的な高校での採用を前提に作られた教科書で,情報力がぐっと少なく,記述もわかりやすいものになっています。

つまり読者が「簡単になった!」と感じたのは,当時より学習内容が軽減されためではなく「当時使用したものとレベルの違う教科書を読んだせい」だったのです。

 どうでしょう,皆さんの推理は正しかったでしょうか?
 
 世界史の用語集には,用語の見出しの後ろに何冊の教科書でその用語が使われているかを表す数字が出ています。あの数字が大きいほど基本的(かつ重要)な用語,数字が小さければ難しい用語というに説明を受けたと思います。
 じつは教科書には明確なレベルがあり,基本的かつ重要な内容は一般向けから進学校向けまで全ての教科書で説明されているのですが,応用的あるいは難解な内容は進学校向けの一部の教科書にしか記述がないのです。

 じつは一般高校向けの教科書は,受験生にとって最低限理解していなければならない内容の目安になります。
 高3生は今そのような本を見ている余裕はとてもありませんが,あなたが2年生あるいは1年生でしたら,一度自分が使ったことのない教科書を見てみるのも勉強になると思います。
(第4回 終わり)  

2010年12月08日

先輩達を思い出してもこの時期が大切

みなさんこんにちは。
高3生のみなさんはセンター試験まで40日を切りました。私大や国公立の推薦対策
に追われる人もいるかと思います。
推薦の対策で悩んでいる人は、早めに相談することをオススメします。
こういった、残り日数が少ない時こそ、一度冷静に自身のスケジュールをじっくり再
検討してみてはどうでしょうか。時間がないといいながら、じっくりとは矛盾がある
ように思いますが、焦りを感じると自分の現状が見えず、闇雲に勉強をしてしまいが
ちです。こういった期間限られている時こそ、無駄のない学習が必要です。何度やっ
ても解ける単元を繰り返し学習していませんか?苦手なものにじっくりと時間を取る
ことができていますか?一度考える時間を取ることで、無駄をどれだけ省くのかを考
えてみてはいかがでしょうか?

高2生にとっても、あと400日強でセンター試験を迎えるわけです。7科目勉強す
るならば、1科目60日弱の時間で完成させる(単純計算ではありますが)必要があ
ります。以外と少ないと感じますでしょうか?プレセンター試験を受験した人は、結
果を踏まえて、高3生と同様に一度じっくり考えて、新学年までに必要と感じる部分
を補強しましょう。

2010年12月02日

世界史の時事問題(第3回)

〜パレスチナ問題 (1)〜

今回の世界史ブログは数回にわたって、パレスチナ問題を語ります。近年、世界史時事問題の頻出テーマでもあり、また冬期講習の世界史講座では『センター突破の世界史実践演習』や『私大世界史テーマ別実践演習』の講義で取り扱う“西アジア近現代史”のメインテーマです。
ここからは、皆さんの疑問に答える形式で話を進めていきましょう。

《パレスチナ問題の今は?》
2010年8月2日、海外メディアがいっせいにパレスチナ和平交渉が再開されたことを報じました。イスラエル共和国のネタニヤフ首相とパレスチナ自治政府のアッバス大統領がワシントンで会談をしました。1年と8カ月ぶりに和平への直接交渉が再開されたことになります。アメリカのオバマ大統領も和平推進には意欲的であるとも報道されました。
しかしパレスチナ内部では、アッバス大統領の率いる穏健派のファタハというグループと、ガザ地区を支配する過激派のハマスというグループが対立していて、和平の行方は決して楽観できないともいわれています。

《パレスチナ問題って何を争っているの?》
 一言でいうならば、住む場所を求めて争っています。第1次世界大戦前、パレスチナ地方(聖地イェルサレムを中心とする東地中海沿岸の一地方)は、オスマン=トルコが支配し、アラブ系の住人(パレスチナ人)が居住する土地でした。しかしその土地は、キリストが生まれる以前には、ユダヤ人が国家が存在していたという歴史もありました。
 第1次世界大戦中、イギリスはアラブ人には独立を、ユダヤ人には民族国家の建設を認める条件で、人員や資金の面で戦争協力を要請しました。しかし戦後はその約束を反故にして、国際連盟の委任統治領として、フランスと分け合いました。
 これを不満としたアラブ人の多くは、第1次世界大戦後、西アジアの各地で独立運動を展開し、イギリスやフランスはこれを認めざるを得なくなり、エジプト、イラク、サウジアラビアなどが次々と独立し、パレスチナもヨルダンの管轄下で半ば自治を獲得していったのです。しかし第2次世界大戦後に発足した国際連合において、突然“パレスチナ分割案”が提示され、ユダヤ人国家が建設されることになりました・・・・。
(次回に続く)

【ひとこと】
第2次世界大戦後、世界の様々な地域で紛争が起こりましたが、朝鮮半島もその一つです。皆さんはご存じでしたか?朝鮮戦争は正式にはまだ終結していません。半世紀以上にもわたって、休戦状態なのです。かつて日本は朝鮮戦争の特需によって、経済的に大きな恩恵を受けました。隣国で血が流されることによって、自国が経済的に潤うというのは何ともやりきれないことですが、これも現実です。人類が戦争という行為から脱却できない理由の一つともいえでしょう。願わくは、二度とこのような恩恵には浴したくないものです。
(第3回 終わり)

2010年12月01日

研伸館からのお知らせ

街中ではクリスマス飾りが目にはいるシーズンを迎え、
いよいよ今年も残りわずかという感じがしてきた今日この頃です。
皆さんの胸中はいかがでしょうか?

高3生は刻一刻と迫った本番に向けて全力ラストスパートです。
高1・2生も翌年・翌々年は自分たちの番ですから、
この冬はしっかり準備する気持ちで学習に励んでください。

以下、研伸館の今後のスケジュールです。
12月・1月は冬期講習が開講されます。
通常授業とは異なる実施時間になりますので注意してください。

Blog_20101201_yotei.gif