« 2011年06月 | メイン | 2011年08月 »

2011年07月27日

受験勉強の計画は定期的に見直すことが必要

 前回のブログの内容で夏休みの計画の話があがっていましたので、続編でお届けします。
夏休み初めに立てた計画も、勉強の進行具合によっては修正する必要がでてくる場合があります。
受験勉強は計画的にいかないことも多いので、計画は定期的に見直しましょう。
自分が立てた計画より早く勉強が進んでいるなら、それはかなり嬉しいことですが…
受験勉強で計画通りにいかない場合というのは、予定よりも勉強が遅れてしまうパターンのほうが多いのではないでしょうか。
基本的に、自分自身には甘い点数をつけてしまい、計画を立てる際にも実際にこなせる作業量以上のペースで予定を立ててしまいがちですよね。
といっても、自分の作業量以上のペースで計画を立てることはそれほど悪いことではなく、ペースが早ければ早いだけ自分自身の力が引き出されるので、ゆったり過ぎる計画を立てるよりはいいように思います。ですので、受験計画と勉強の進行状況にズレがでてきた時は、きっちり計画を修正していきましょう。
こういった作業を何回か繰り返していると、1日の作業量を正確に把握できるようになるので、徐々に精度の高い計画を立てられるようになっていきます。

追伸
夏の1日完成集中講座「スペシャルターム」の受講申込締切は各講座開講日の
3日前までとなっています。夏期講習の授業内、もしくは館内掲示でも確認して
受講し損ねたということがないようにしましょう。

2011年07月20日

夏期のスケジュールは立てましたか?

夏期講習も今週でBタームに入ります。
夏期の学習計画は順調に進んでいますか?

エッ、まだスケジュールを立てていない人がいる!
それは大変だ。
今年、研伸館では『夏期スケジュール表』というのを高3版、高1・2版と2種類作成し、皆さんにお渡ししました。
せっかくですから、しっかりと活用してください。

では、ここで『夏期スケジュール表』の上手な活用の仕方をお教えします。
まず、<TO DO リスト>を確定しましょう。
「どの教科を、どの教材を使って、いつまでに仕上げるか」これをいくつか決めて、取り掛かることが大切です。
 教科 → 模試や定期試験で成績が悪かった科目や分野
 教材 → 研伸館のテキストや副教材、学校で使用の問題集など
      (新しく買う必要はありませんよ。)
 いつまで → ここが肝心です!
        漠然と取り組むのではなく、ペースを決めて勉強しましょう。
次に、<スケジュール表>を書き込みましょう。
学校の補習や、研伸館の授業などはっきりとわかっているものを先に書き込みます。
そして、<TO DO リスト>に挙げたものをどこで取り組むのかを書き込みます。
ただ、当面は1〜2週間先のスケジュールで十分ですよ。
また、あまり細かく計画を立てないこと。
計画を立てるときは常に時間に余裕を持って立てる方がスケジュールを実行しやすいですよ。

夏休みは始まったばかりです。
けど、ダラダラしているとあっという間に終わってしまいます。
9月を迎えるとき、「今年の夏は頑張ったな。これだけのことをやったんだ!」という成果を実感できるようにしてください。
その為にも、『夏期スケジュール表』を上手に活用してください。
「スケジュールを立て方がわからない」「立てたけどこれでいいの?」という人は、各校の進学アドバイザーや講師に相談しましょう。
それぞれの現役合格に向かって、今年の夏は思い出に残る夏休みにしてください。

2011年07月13日

推薦の準備は今からでもできます

みなさんこんにちは。
大学受験に関するセミナーが各校で実施され、主に「計画」について取り組む意欲が湧いた人は多いのではないでしょうか。ただ、学習はメリハリが大切なので、息抜きすべき時はしていただければと思います。ただ「ぼーっ」としてもいいのですが、私はそういった時間も有効活用して欲しいと思いますので、休憩しながらも学習効果に繋がる、「読書」をお薦めします。特に推薦入試を考えている方にお薦めです。

例>マイケルサンデル著「これからの「正義」の話をしよう」
  
これはNHKでも放映されていた番組ですが、昨年非常にブームとなり、書籍もベストセラーになりました。例えば、この書籍の内容に関する出題が、浜松医科大学医学部医学科(推薦入試)や広島大学医学部医学科(AO入試)で出題されています。今年ブームとなっている本を夏休みに読んでみてはどうでしょうか?

<出題内容抜粋>
浜松医科大学医学部医学科(推薦入試)
【問い】フィリップモリスによる費用便益分析手法とその結論について、あなたはどのように考えますか。理由を明示して800字以内にまとめなさい。
出題内容)国が儲かるためなら、国民はどんどんタバコを吸って早死にしてもよいのか?

他にも、大阪大学「鷲田清一」総長の書籍も大学入試では比較的出題されていますよ。

とは言っても、読書は他のことを「ながら的に」できないので困るという人もいます。そういった方には「テレビを見る」ことをお薦めします。
ただ単にテレビをみては勉強の意欲を削いでしまいかねませんが、

例>「NHKスペシャル」「テレビ朝日:テレメンタリー」「NNNドキュメント」

などを録画しておいて、興味のある回を1.5倍速で見るなどであれば耳から必要な情報を手に入れる。寝る前に時間をとって見るなどの方法がとれます。こういった番組では時事問題として取り上げられるテーマが多く、医学系・社会系・生命(環境)系などの様々な分野の情報を手に入れることができます。面接などの知識にも対応させることができます。

どちらの方法も、隙間的な時間でして欲しいことではありますので、参考になればと思います。

2011年07月06日

適度な運動で成績アップ!!

連日暑い日が続きますが、皆さん体調管理は大丈夫ですか?

今回は勉強と運動の関係についてお話したいと思います。

『運動をすると頭がスッキリしてやる気も出る』こんなことがよく言われますが、
実は科学的な根拠もあります。

<効果 
適度な運動は体の疲れを呼び、睡眠をより深くする効果がある。

<効果◆
運動である程度カロリーを消費した方が、記憶力が高まる。

<効果>
運動が脳を刺激して【シータ波(注)】を出す。
(注)シータ波・・・インスピレーションやひらめきを促進する効果がある

期末テストが終わるとこれから夏休み。一日に自習する時間も長くなると思います。
一日中机に座りっぱなしという人は、勉強の合間にちょっとした散歩や階段の上り下り、
ストレッチ程度でいいので運動を取り入れてみましょう!