« 2011年07月 | メイン | 2011年09月 »

2011年08月31日

【ちょっと予告】高校2年生 秋スタート講座

こんにちは。
夏期講習も終わり、いよいよ2学期が始まります。

高校2年生は、受験本番まで1年半。
現役合格を目指す場合、高2の秋からが大きなターニングポイントになります。

そこで、研伸館では「秋からはじめる11月スタート講座」、
通称「秋スタート講座」を11月より始動します。

詳細は、9月期の授業の中で案内しますので、
楽しみにしておいてくださいね。

高2の秋から本気で取り組めば、
絶対に現役合格できます!

「今の自分じゃ無理だろうなぁ・・・」と思う大学にだって、
絶対に手が届きます!

それを実現させるのが、「秋スタート講座」です!

今度の第2回到達度判定試験で、「秋スタート講座」の認定がおこなわれます。
まずはこの到達度判定試験で、最高の結果を出してください!

2011年08月24日

言葉変われば心が変わる

こんにちは。
夏休みもあと1週間ですね。
まだまだ暑い日が続きますが、この夏休み、
改めて振り返ってみて、どうでしたか? 「思ったより速かった」
「やり残したことがまだまだあるような気がする」
「結構がんばったつもりだけど、この前の模試の結果は・・・」 改めて聞いてみると、消極的な言葉を口にする人が目立つような気がします。確かに、自分なりの頑張りが目に見えた成果には至っていないかもしれませんが、皆さんの吸収力はすこしずつでも日々確実にアップしているはずです。1週間前の自分を思い浮かべて下さい。そのときと比べて、あなたは、  ”自分のできるところ、できないところ”
 ”自分がどれくらいのペースで問題が解けるか”
 ”自分の集中力がどれくらいで切れるのか” などをより理解しているはずです(もし把握できていなければ、一度整理してみましょう)。しかも吸収力は上がっている。ここで消極的になって「あと1週間しかないし、今さらがんばったって大して変わらないや」と言って勉強の手を休めるのは、あまりにももったいないことだと思いませんか?ここで立ち止まるのは、せっかく耕した畑を水もやらずに1週間放置するようなものですよ! 今、みなさんの頭は日々の勉強で耕され、知識という栄養をたっぷり含んだ”良く肥えた畑”なのです。 決して消極的な言葉を口にしないこと!
ここからの踏ん張りが、秋に”成果”という実りをもたらしてくれるでしょう。  言葉が変われば心が変わる
 心が変われば行動が変わる
 行動が変われば習慣が変わる
 習慣が変われば人格が変わる
 人格が変われば運命が変わる  ウイリアム・ジェームス(アメリカの心理学者)

2011年08月17日

オープンキャンパスへ行ったことがありますか?

夏期講習に参加されている皆さん、授業はF、Gタームを残すのみです。
疲れが溜まる頃だと思いますが、人生最大の勉強量を目指しもう一息!

さて、頑張っている人の多くは、大学生になる自分のイメージをそれぞれ
抱いているかと思います。イメージが鮮明であればあるほど、今頑張って
いる勉強にも張りが出てきますね!

ところで、皆さんはオープンキャンパスに行ったことはありますか?
この夏、行きましたか?あるいは、これからでしょうか?

他の人たちはどうしているのか、動向が気になるところです・・・。

オープンキャンパスに、行ったことがあるか?
オープンキャンパスに、何校行っているのか?
オープンキャンパスに、誰と行っているのか?


最近の調査結果(※)では大学進学者のオープンキャンパスへの
参加率は、高校3年間で【 94% 】。これは、前回調査(2009年90.1%)と
比べ、3.9ポイント増加しています。

(※)調査:螢螢ルートによる調査(2011年3〜4月実施)。

次に、一人当たりの平均参加校は、【 4.26校 】。
男女別では、男子平均【 3.54校 】、女子平均【 4.77校 】と女子が
男子の平均参加校数を上回っています。

最後に、誰と行っているかですが、【 友達と参加したことがある 】が
最も多く【 73.7% 】、次に【 親と参加したことがある 】が【 44.9% 】
その次が【 全部ひとりで参加した 】の【 6.5% 】。

前回調査(2009年、38.3%)より【 友達と参加したことがある 】が3.5ポ
イント減。一方で、【 親と参加したことがある 】は6.6ポイント増加して
います。

1、2年生の人は夏休みだけではなく、秋にもオープンキャンパスを開催
している大学もあります。オープンキャンパスに行ったことがない人は、
ぜひ行ってみてください。オープンキャンパス情報は、各大学のホーム
ページをチェックしましょう!
3年生の人は、さすがに時間がないと思うので、直接現地へ行けなくても
パンフレットやホームページなどで情報収集を怠らないようにしてください
ね。

2011年08月10日

”治”力・体力・・・健康体を維持するシリーズ

 特に高3生はそうですが、高1・高2生も夏休みの学習に
大変な状況だと思います。そこで、勉強に励む皆さんに、
体力維持や集中力維持のための「お勧め方法」を
紹介していきたいと思います。参考にしてみてください!
(あくまでお勧めですので、効力には個人差があります。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◆交感神経を緩和をする◆
 (特に視力がそうですが)勉強する=交感神経をフル活動しています。
 この活動状態をそのままにして睡眠しても、脳を完全に休ませたことには
 なりません。そこで・・・

 (a)睡眠前にラジオ体操をする
 (b)暖かい、あるいは温めのミルクを飲む

 ことがもっとも効果ある対処法のひとつとのことです。
 視神経にばかり集中している状態を、全体の神経バランスを整え、
 他の神経に分散させることが重要となります。
 これで睡眠しているつもりがぐっすり寝れない・・・ということはぐっと
 少なくなります。

◆脳細胞 生産力アップ◆
 皆さんの勉強により、脳の細胞が活発化しているのは当然ですが、
その細胞を活性化するのに大切なモノは・・・”良質のアミノ酸”です!

 確かに糖分は必要です!しかし、一番効果があるもの・・・
それは脳細胞の再生の源となるアミノ酸なのです。
 だから、食生活において、家庭の食卓に「良質のアミノ酸が含まれて
いるもの用意して!」をお願いしてみてはどうでしょうか?
 良質のアミノ酸はあらゆるものに入っていますので、献立次第で
簡単にできるはずです。
 
 でも、受験勉強中で気軽に食べられるもの・・・であれば、「チョコレート」
 が一番お勧めです。甘く、脳に必要な糖分を、小刻みに補給できます。
 アメやガムは、長時間口に含まないといけないので、逆に集中力を
 散漫にする可能性もあります。チョコが一番お勧めです。
 
  
◆睡眠時のアイスノン◆
 後頭部の少しへこんだところ、そこにアイスノンを充てることで
 先述した「交感神経」を効率的に緩和します。体操も良いですが、
 こうした対処も非常に有効です。
 後頭部のへこんだところは、神経がかなり集中・活動している部分であり、
 熱を発しやすくなっていますので、効果あり!

◆視力の疲れを取る方法◆
 いろいろありますが、夜空を見上げる・・・これが結構良いです!
 視神経の造りからの対処法です。
 つまり、近くのものを見ていますので、『瞳孔』が開きっぱなしです。
 その場合、遠くのものを見ると、瞳孔が緩むだけでなく、その瞳孔を
 操作している筋(毛様体その他)も、緊張が緩和され、疲れが取れるわけです。

 もうひとつ、夜空が見えにくい部屋にいる人は・・・・
 自分の指に焦点を合わせて、それを序々に部屋の隅っこに
 視線を移してください。これでも、視神経と毛様体をほぐす効果があります。

 緑色系のカーテン、模様なども効果があるそうですよ!

さあ、夏バテ防止も含めて、健全な体から、すばらしい学力が芽生えるのは
言うまでもありません!この夏、後もう少しがんばってください!

2011年08月03日

センター試験まであと164日!

 受験生にとっては、本当に大事な夏ですが、あっという間に研伸館の夏期講習も
中盤に入ってきました。

 夏前に配布された先輩たちの貴重な体験談やアドバイス『阪大神大 現役合格
への軌跡)』、『強者の戦略』はもう確認していますよね。
 現役合格するまでの過程は人それぞれ違いますが、この夏の過ごし方が大きく左右
することは言うまでもありません。
 もう8月です!みなさんは、もちろん計画通りに進んでいますよね・・・

努力をした分だけ結果としてはね返ってきます。
だから惜しみない努力をするのです。
今、やらないといつするのですか。
やるのは自分です。
頑張ってください。

センター試験本番までのカウントダウンも始まってきました。夏以降の計画もしっかりと
考えていきましょう。
道に迷ったら、講師や進学アドバイザー・事務スタッフに相談しましょう。