« 2011年11月 | メイン | 2012年01月 »

2011年12月28日

”治”力・体力・・・健康体を維持するシリーズ

 高3生諸君はいよいよ本番到来ですね!
良い結果、良い年となるよう、心より願っております。

そこで今回紹介したいのは”集中力”の持続方法です!
(あくまでお勧めですので、効力には個人差があります。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆自分が気に入っている言葉、フレーズ、映像回想を30秒繰り返す◆

 ひとつの方法として、人間の脳をリセットする方法です。
 正直、個人差ありますが、試してみてください。
 
 人間は、30秒脳にイメージを浮かべる、耳にすることで
 リセットできると一般的に言われています。
 高校生の皆さんもそれなりにいろいろ経験や文化的興味、
 知識があると思います。

 好きな歌、フレーズ、好きな人の顔、色、風景・・・etc

 何でも結構です。それらを反芻してください。
 かなりの率でリセットできるはずです。ただし、試験中はこれは時間のロス
 になるだけですのでご注意を!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆背筋を伸ばす◆

 原始的だと思うかも知れませんが、実は結構効果高いです。
 まず視点が高くなります。さらに中枢神経など背骨付近の
 神経・筋肉が”健全の状態”に近づきます。

 そうすれば脳には良い刺激となり、集中力が増すことがあります。
 普段姿勢が悪い人は一度試してみては?

 姿勢が普段のまま
  ▼
 環境に変化がない。
  ▼ 
 精神力の切り替えができない=集中力が低下

 というメカニズムです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 (最後に・・・)
 今まで積み重ねてきた自信は大切な要素です。
 しかし、もっと大切なことは、『自分の将来像』を糧にしていくことです。
 自分の過去を美化して終わることが多いですから、あくまで自信であって、
 ”自惚れて”はいけません。

 最後まで気を抜かず、がんばってください!

2011年12月21日

高3生の今後の主な予定

 研伸館では毎年、年末年始にプレミアタームを開講しています。
12/25(日)・12/30(金)12/31(土)・1/2(月)・1/3(火)に
今年も高2生・高3生を中心に1日完結講座が開講されます。
特に高3生にとっては、入試直前期となります。もちろん、クリスマス
やお正月って気分ではないですよね。
 最後の最後まで、1点でも多く得点できるように必死に頑張って
ください。

そして、1月6日(金)からはいよいよ高3生の直前講習です。
国公立を目指される方は、各教科のファイナル予想問題でセンター
試験の最終確認をしておきましょう!

センター試験が終わり、リサーチが返ってくれば受験校の最終選定
です。学校の先生や、担当講師・進学アドバイザーにも相談し適切な
出願校を決めていくことになります。

研伸館は最後まで諦めない君を応援しています。

困ったことや相談があれば、遠慮なく申し出てください。

2011年12月14日

高3生の皆さんへ、今できるアドバイスとして・・・

この時期は学校の先生とも相談しながら受験併願校を決めているところではないでしょうか。
すでに併願する大学を決めてしまったという人もいると思いますので、最終出願の前の確認
という意味で下記の内容を見てもらえれば良いかと思います。
併願大学を決めたきっかけとして「なんとなく」や「そこそこ評判が良かったから」と漠然として
ないでしょうか。もっと具体的に賢い選び方をするための注意点として・・・

○受験科目の配点で得意科目の配点が高い大学を選べているか
○合格基準点と自分の得点力を比較できているか
○出題傾向や形式が自分にとって得点しやすいものかどうか過去問で確認できているか
○いろんな大学を候補に挙げすぎていて対策する時間が増えすぎていないか
○自分の勉強ペースを考えてみて、体力的に無理な受験日程を組んでいないか

等が挙げられます。改めて考え直してみた時に自分に合った選定ができているどうか分から
なくなってしまった場合は、進学アドバイザーまですぐに相談しに来てください。

そしてセンター試験まであと30日ぐらいとなってしまいました。もう理解力をあげようとしてあがく
よりも、今の実力を100%出し切ることに専念してくださいね。得意科目は演習量を増やし
ピンポイントで簡単に見直していく、そして不得意科目は演習をしたうえで、教科書に戻って
分野(単元)別に復習する時間も設けるように計画しておいてください。また、今まで受験した
模試をもう一度解き直してみて、自分がどう間違ったのか分かるようにノートに書き残し、入試
直前までそのノートを使って何回も復習する等、受験本番の精神状況を考えて自信をもって
解ける問題を増やしていきましょう。皆さんの健闘を祈っています。

2011年12月07日

2011年の締めくくりは、大晦日マーク模試で!

センター試験本番まで、残すところあと僅かとなりました。
高校3年生の人にとっては、まずは一つ目の頂上に“もう一息”といったところでしょうか。
10月、11月に受けた模試の結果が返却されました。
その結果を見て、少し自信をつけた人、思うように成績が伸びずに悩んでいる人など、いろいろだと思います。
本番までにもう一度、実力を試せる場所がないかな…と考えている人に是非お勧めが、研伸館が実施する『大晦日マーク模試』です。
毎年、12月31日の会場受験(今年は西宮、上本町、学園前、京都校で実施)、12月31日・1月1日の自宅受験(PC利用)のどちらかを選択し、本番直前の最終チェックに利用している受験生がたくさんいます。
『大晦日マーク模試』は無料ですが、<プレミアターム>の講座に一つ以上申し込むことが条件です。
また、先着1200名と人数が限られていますので、早めに申し込まないと受験することができません。
(詳細は、大晦日マーク模試のリーフレットを見てください。)

センター試験まで40日を切りました。
最後の最後まで夢を追いかけて全力で駆けている君たちを応援します。
がんばれ、受験生!