« 2012年05月 | メイン | 2012年07月 »

2012年06月27日

<今年もやります夏期講習 Special Term>

研伸館恒例の大人気講座群が今年もやってきます。
1講座納得の150分完結講座。
(※トップレベル原子物理特講は300分講座です)

夏期講習+スペシャルタームで、この夏更に磨きを
かけましょう!

<オススメ講座>

英語:『Word King〜縦横無尽〜』
(受講した先輩の声)
------------------------------------------------
いただいた2冊のテキストを見て、自分の語彙力の
無さを実感しました。この講座を受けて、自分の英語
にもっと深みを増せるような気がしました。
------------------------------------------------

数学:『数B数列-記述力集中特訓』
(受講した先輩の声)
------------------------------------------------
数学は得意だったのですが、もっと上を目指そうと
思い、『数B数列-記述力集中特訓』を受けました。
1日完結の授業でしたが、数列が武器になりました。
------------------------------------------------

国語:『小論文特講』
(受講した先輩の声)
------------------------------------------------
『小論文特講』を受講し、添削をたくさんしていた
だきました。すごく分かりやすかったです。
------------------------------------------------

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
校舎によっては、既にキャンセル待ちが発生している
講座があります。申込みはお早めに!

(※詳細は研伸館各校舎事務局にお尋ねください)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2012年06月20日

−少し気の早い−夏を乗り切るためのメソッド 〜健康編〜

3週間後から研伸館では夏期講習がスタートします!
待ちに待った 7/17(火)いよいよAターム始動!
★校内生で万が一未申請の方は急いで申請を!!

ところで、みなさんいろいろと夏の計画を立てているかと思いますが、特に高3生は設備面で充実している研伸館にほぼ1日中滞在するという人もいるかもしれません。何時間も自習室で勉強したり、数コマ連続で授業を受けたり……自宅ではクーラーをつけっぱなしで就寝する人もいるのでは……
研伸館に限らず、夏の生活において大切なのが『クーラーによる体調不良』対策です。
「寒いなあ〜」と感じたままずっと我慢していると元気が無くなって夏バテの症状を引き起こしてしまいます。
つまり『クーラーによる体調不良』です。絶対にそうならないように対策をしましょう!

<『クーラーによる体調不良』対策 グッズ編>
●長袖のシャツ
●薄手のカーディガン
●ひざ掛け(女子のみ)
●赤ちゃん毛布風のボタン付ブランケット(主に女子)
●ストール(女子のみ)
 ★アドバイス:あまりかさばらずにかばんの中からさっと取り出せるグッズがいいです。寒さを我慢せずに何かを身にまとい、できるだけ体温が奪われるのを防ぎましょう。

<『クーラーによる体調不良』対策 食べ物編>
●ショウガ
●ニラ
 ★アドバイス:夏ばて対策に役立つ食物は、血行を促進し、体を温める働きのある、ショウガとニラです。それぞれショウガ湯やニラ雑炊にして食べると効果があります。夏ばてしてきたかなと感じたら、ニラをたっぷり入れたニラ雑炊を食べて、ショウガ湯を飲んでみてください。朝、夕2回を数日続けるとかなり効果があるかもしれません。 ただし、アレルギーのある人は要注意です。

その他に、
「普段より少し熱めのお風呂に入る」「タンブラーに温かい飲み物を入れて飲む」
⇒『クーラーによる体調不良』汗をかかないことによる体調不良ですので、発汗作用を促すのに効果的です。

2012年06月13日

高3夏の現役合格学習術セミナーに参加しよう!

高3生の皆さん、こんにちは!

先日実施した第1回研伸館センター模試はどうでしたか?
すでに自己採点を終えて、自分の点数はもう分かっていると思います。

しかし、ただ点数を眺めていても、

「この成績で本当に大丈夫?」
「この模試の結果を受けてこれから何をすべきなの?」など

不安に思うこともたくさんあるでしょう。


そこで、研伸館では大事な高3の夏をむかえる前に、

『高3夏の現役合格学習術セミナー』

を開催します!


研伸館センター模試の成績表を返却しながら、
現役合格を果たすための夏の学習術をお伝えしますので、
ぜひとも参加してください。

※もちろん、都合によりセンター模試を受験できなかった人も参加可能です。

やるべきことを決めて夏をむかえる ⇒ ○

何も考えないまま夏に突入する ⇒ ×  ですよ!

さあ、いざ、勝負の夏へ!!!

2012年06月06日

成功した先輩の「もうひとつの共通点」とは?

こんにちは!

少しずつ暑くなって、いよいよ夏が近づいてきましたね。
高校3年生のみなさんは、部活を引退した人も多いでしょう。
また、体育祭や文化祭を6月に行う学校も多いようですね。
様々なイベントを楽しんで、いよいよ本格受験モードに突入!

「この夏休みはがんばらるぞ!」「でも、どうがんばればいいんだろう・・・」

教室でも、そんなやる気と不安が同居した声が聞こえます。

そこで、

今春現役合格を果たした先輩達に、自分の受験生時代の夏の過ごし方を振り返ってもらいました。
その中で、いくつかの共通点があったので紹介します。ぜひ、参考にして下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆現役合格を決めた先輩達の「夏の共通点」は・・・

一、夏はまとまった時間がとれるラストチャンス、テーマを持って臨むべし。
 理科や社会などまだ手のつけられていない科目や、英単語などの基礎知識の抜けがあるはず。
 夏の長い時間を使って、一気に進めてしまおう。これを逃すともう機会はない。

二、夏に何をなすのかを定め、最後までやり遂げるべし。
 合格した人は「○○を○周やった」など、明確な成果を夏に残している。何でもいい。
 夏に私はこれだけやったという事実を作ろう。それが夏以降の自信につながる。

三、授業の予習・復習が大前提、前期・夏期の内容を自分のものにするべし。
 中身の濃い研伸館の授業、消化不良に終わるのはもったいない。予習・復習は怠らないこと。
 空きタームなどを利用すれば、一見大変に思える夏期講習も問題なくこなせるはず。

四、長い勉強時間を効率的に、バランスのよい学習を心がけるべし。
 現役合格した先輩は、時間の使い方を工夫して、全科目バランスよく学習している。
 1日の過ごし方を模索して、自分なりの夏の学習法をものにしよう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どうでしょう。「夏の受験勉強」がだんだんイメージできてきましたか?

実は、
先輩達の話を聞いていて、もうひとつの共通点をみつけました!
それは、

「夏前から受験生になっていた」ということです!

ある先輩は、
「夏前から、勉強時間を増やしておかないと、(夏の長時間勉強に)耐えられないですよ」
と話してくれました。

6月〜7月は、「勉強の体力作り」期間なんですね。
みなさんも、「夏を乗り切る体力作り」しっかりやっておきましょう!