« 2013年01月 | メイン | 2013年03月 »

2013年02月27日

2013年度 テレビCM放映中!!

現在、研伸館のテレビCMが放映中です。
みなさんはもうご覧になりましたか?
まだ見ていない人はCMを楽しみにしておいてくださいね。

jitensya.jpg

なかなかテレビを見ない方は下記のURLより見てくださいね。

http://www.kenshinkan.net/TVCM/2013spring.php

進学アドバイザー 今津

2013年02月20日

新学年に向け必要な講座は申請していますか?

『新学年受講申請書』は提出済みですよね!
未提出の人、急いでください!
もうすぐ3月の授業が始まりますよ。

さて、申請書を提出した人、今一度見直しをしてください。
高1、高2の人は、今のうちに鍛えておくべき科目の申請をしていますか?
高3の人は、受験に必要な科目を漏らさず申請していますか?
部活が忙しくてライブ授業が難しい人、レギュラーVODを申請していますか?
「今はいいかな・・・」と思って手遅れになること、今までにたくさん会ったのではないですか。
必要だと思ったときに始めたほうが、最初は少し負担ですが、必ず良い結果に繋がりますよ。

講座を“あと一つ”増やすかどうかの相談を受けた時にいつもお答えすることがあります。
それは、「3月だけでもまず受講してみたら」という答えです。
3月は年度始めで、各授業ともその年の指導方針や目標を講師から皆さんに伝える機会が増えます。それをしっかり心に留めておけば、半年後、1年後に自分がどれだけ成長していなければいけないかを確認することができます。
また、最初は時間的、体力的な負担が掛かるかもしれません。
そのため、「少し慣れてから増やします・・・」という人がいます。
もともと3月から時間割が掛かり、しばらくは生活のペースを作るのに時間が掛かります。2〜3ヶ月してから、また講座を増やすと、そこで新しいペースを作らなければいけません。他の人に比べて学習内容が遅れていることも感じることになります。
実は、最初から少し大目の負荷を掛け、「この科目は大丈夫!」と思える科目から減らしていくほうがずっと効率的に勉強を進めることができるのです。

とは言え、負荷を掛けることには戸惑いを感じる人もたくさんいますね。
そういう人は、各校の進学アドバイザーに相談してください。
君たち一人ひとりの学習状況や生活環境も含め、最適な受講の仕方を教えてくれるはずです。

さあ、あと1週間ほどで新年度が始まります。
万全の体制で新しい年のスタートを切りましょう!

進学アドバイザー 北村

2013年02月13日

国公立大学二次試験いよいよ入試直前

国公立大学二次試験いよいよ入試直前となりました。そこで・・・

受験生の中には
「学習時間がもう少しあれば」
「模試の成績や判定が思うようにいかなかった」
「苦手科目が解消できたか不安」
「センター試験がそこまで安心できる得点ではなかった」

そういったことをつい考えてしまう人がいるかも知れませんが、二次試験に集中するために頭をきりかえてください。まず、自分の受験する過去問をもう一度見直して、答え合わせだけで満足していないか確認してください。
「不正解の選択肢の間違いは具体的にどこなのか」「記述問題でどのように書けば得点の伸びにつながるのか」等
すでに解いた問題でも自分に教えるという感覚で復習すると理解が曖昧な箇所を発見でき、そこを解決して
おくと得点の伸びが期待できるはずです。また、時間を測って問題を解いていると思いますが、時間を無駄にして
いないかを再確認しておいてください。あとは自信をもって試験に臨むのみです。解く順番を迷ったり、見直しの際に慎重になりすぎると時間が足りなくなっていまうので、今まで努力してきた自分を信じて解答してください。

試験前日は勉強時間に余裕をもってリラックスすることが必要です。普段よりも少し早く就寝し、なかなか寝つけなくても暗くして何も考えないで横になるだけで充分です。また、炭水化物や糖分を豊富に含んだ食事をとり脳にエネルギーを与えておきましょう。そうすれば本番で充分に実力が発揮できること間違いなしです。

ここで、新高2生・新高3生へのアドバイスとして、自分の志望大学の過去問に目を通し、入試科目や配点、問題の難易度を知っておくことが大事です。本番までにどれくらいの学力が必要なのか逆算することができ、2014年度入試の入試科目や配点の変更によって勉強の優先順位も変わってきます。また、2015年度入試では数学と理科が新しい学習指導要領による出題に変わるため、すでに多くの大学から入試科目が発表されていますので早めに正しい情報を手に入れておきましょう。

進学アドバイザー 関山

2013年02月06日

研伸館に顔を見せましょう

高3生の皆さん、こんにちは。

センター試験後研伸館に一度も顔を見せていない人はいませんか?
センター試験の結果を踏まえた相談をしていますか?
国公立の前後期に対する対策の相談はしていますか?
私立の今から間に合う出願可能大学を確認しましたか?
医学部受験者で「虎の巻」「典型問題集」を受け取っていない人はいませんか?
医学部受験者で面接練習の申込をしていない人はいませんか?
志望大学を変更して後期の問題が手に入らないことはないですか?
志望大学の赤本を解ききって、もっと過去まで解きたいと思っている人いませんか?
直前講習の講座変更で迷っている人いませんか?

上記に該当した人は一度校舎に顔を見せてください。
今必要なことを全力でサポートします。

進学アドバイザー 湯川