« 2013年05月 | メイン | 2013年07月 »

2013年06月26日

研伸館の現役合格指南書、いよいよ刊行!

皆さん、お待たせしました!
「強者の戦略2013 −東大・京大・国公立大医学部 現役合格者の成功法−」
「阪大神大現役合格への軌跡2013 −大阪大学・神戸大学 現役合格者の成功法−」
いよいよ刊行です!!

これらの冊子は、単なる”合格体験記”ではありません。皆さんの目指す目標への道筋を少し先に歩んだ先輩達がどんな方法で成功へとたどり着いたのかが実に具体的に書かれています。ある先輩は、自分が行った英語の予習方法を「長文をコピーしたものを10行くらいずつに切り分けて、それをノートの上の方に貼り、一番下に単語の意味を書き、真ん中に和訳を書いていました」と、まさに目に浮かぶように実に具体的に書かれています。

面接の様子も詳細に書かれています。面接官と先輩のやり取りが話し言葉で書かれているので、まるでその場に居合わせているようです。ときには言葉に詰まってしまったことや、うまく返答できなかったことも正直に書かれています。

『阪大神大現役合格への軌跡2013』では、研伸館講師が分析した傾向と対策も記載されています。過去から最新までの入試問題を分析し、そこから合格のためにどんな学力が必要か、先輩の学習方法と合わせて読むと、より理解が深まります。

先輩がたどった”正直な”歩みですから、先輩が使った他社の参考書もそのまま紹介されています。『強者の戦略2013』では、掲載された121名の”強者”達が実際に使用した学習参考書・問題集をランキングで示しています。

すべてが非常に”具体的”ですから、私大志望者の生徒も各科目の学習方法など参考になることはたくさんあるはずです。ぜひ、手にとって活用してください(研伸館にお通いでない方は、研伸館HPよりご請求いただけます)。単なる合格体験記にとどまらない”現役合格指南書”であることがきっとわかっていただけると思います。そして今度は自分が載る番だと、ひとつの目標にして受験勉強をがんばって下さい!

進学アドバイザー 大原

2013年06月19日

夏を乗り切るためのメソッド 〜健康編〜

約4週間後から研伸館では夏期講習がスタートします!
待ちに待った 7/16(火)いよいよAターム始動!

ところで、みなさんいろいろと夏の計画を立てているかと思いますが、特に高3生は設備面で充実している研伸館にほぼ1日中滞在するという人もいるかもしれません。何時間も自習室で勉強したり、数コマ連続で授業を受けたり……自宅ではクーラーをつけっぱなしで就寝する人もいるのでは……
研伸館に限らず、夏の生活において大切なのが『クーラーによる体調不良』対策です。
「寒いなあ〜」と感じたままずっと我慢していると元気が無くなって夏バテの症状を引き起こしてしまいます。つまり『クーラーによる体調不良』です。絶対にそうならないように対策をしましょう!


<『クーラーによる体調不良』対策 グッズ編>
●長袖のシャツ
●薄手のカーディガン
●ひざ掛け(女子のみ)
●赤ちゃん毛布風のボタン付ブランケット(主に女子)
●ストール(女子のみ)
 ★アドバイス:あまりかさばらずにかばんの中からさっと取り出せるグッズがいいです。寒さを我慢せずに何かを身にまとい、できるだけ体温が奪われるのを防ぎましょう。


<『クーラーによる体調不良』対策 食べ物編>
●ショウガ
●ニラ
 ★アドバイス:夏ばて対策に役立つ食物は、血行を促進し、体を温める働きのある、ショウガとニラです。それぞれショウガ湯やニラ雑炊にして食べると効果があります。夏ばてしてきたかなと感じたら、ニラをたっぷり入れたニラ雑炊を食べて、ショウガ湯を飲んでみてください。朝、夕2回を数日続けるとかなり効果があるかもしれません。 ただし、アレルギーのある人は要注意です。

その他に、
「普段より少し熱めのお風呂に入る」「タンブラーに温かい飲み物を入れて飲む」
⇒『クーラーによる体調不良』汗をかかないことによる体調不良ですので、発汗作用を促すのに効果的です。
「こまめな水分補給」
⇒理想は1日2リットルの給水。朝目覚めたらまずコップいっぱいの水を飲む。トイレを済ませた後には必ず給水。
 マイボトルなど用意して常に携帯するのも良いかもしれません。新陳代謝の促進、熱中症対策にも効果的です!

最高の学習成果を得るにはまず健康管理から!
参考になりましたか?

進学アドバイザー 井上

2013年06月12日

ちょっと視点を変えてみる−シリーズ 

試験を受けた後、皆さんどうしていますか?

中間試験や模擬試験、研伸館に通っている人は学力診断テストや研伸館センター模試など、学年は違えども、春から様々な試験に直面していると思います。

ここで重要な事は、試験を受けた後の行動です。結果を見て成績や判定に頭を悩ませる人は多くいますが、結果ではなく、今後の勉強の指針に出来るかどうかだと思います。

判定のアルファベットや順位だけに固執しているのではなく、例えば分野別の得点等が試験には記載されているので、どの分野を強化すればよいか、どういったミスをしやすいのか等、向上のヒントが隠されています。(詳しくは研伸館各校舎の進学アドバイザーに是非聞いてくださいね)

課題が分かった皆さん!
夏休みまで約一ヶ月ちょっと、真剣に取り組んでみませんか?
勿論、今も日々コンスタントに勉強出来ている人はたくさんおり、そういった人に関しては、自分ができる限界に挑戦してみませんか?

夏休みが学年問わず、遅れを取り戻したり、成績向上をするチャンスである事は言われなくても皆さん感じている事でしょう。そして夏休みに向けて意欲を燃やしている人も多いと思います。

しかし、いざ夏休みに入るとすぐにはイメージ通りの勉強が出来ない人が多く出てきます。理由は初めて実践するからです。

ここから一ヶ月は特に普段通りの一ヶ月ですが、ここで頑張ることができた経験を持った人はきっと夏休みの過ごし方も上手くいくと思います。
そして夏休みも上手くいった人はその後も上昇気流に乗れるでしょう。

ちょっとしたことです。そんなに大げさに言わなくてもと思うかもしれません。しかし、皆さんが挑む受験というのは1〜2点で勝敗が決まる<ちょっとした>差です。

動き出してみましょう!

進学アドバイザー 番匠

2013年06月05日

「夏期講習」に向けて、最高の準備と意識変化を!

6月に入り2013年も半分が過ぎようとしていますね。時間は平等。
活かすか、無駄にするかは自分次第。

今月はいよいよプレサマーフェスタ(高校全学年対象)がはじまります。

どの学年にとっても一年で最も重要と言っても過言ではない「夏期講習」に、
最高の準備と意識変化をして臨みましょう。

6月9日(日)には同志社、6月16日(日)には関学でトライアルテスト(高3生対象)
が実施されます。当日受験ができない人も研伸館各校舎で後日受験することができます。

実際に大学に足を運んで、夏を乗り切るモチベーションを最大限に引き上げてください。

進学アドバイザー 古川