« 「夏期講習」に向けて、最高の準備と意識変化を! | メイン | 夏を乗り切るためのメソッド 〜健康編〜 »

ちょっと視点を変えてみる−シリーズ 

試験を受けた後、皆さんどうしていますか?

中間試験や模擬試験、研伸館に通っている人は学力診断テストや研伸館センター模試など、学年は違えども、春から様々な試験に直面していると思います。

ここで重要な事は、試験を受けた後の行動です。結果を見て成績や判定に頭を悩ませる人は多くいますが、結果ではなく、今後の勉強の指針に出来るかどうかだと思います。

判定のアルファベットや順位だけに固執しているのではなく、例えば分野別の得点等が試験には記載されているので、どの分野を強化すればよいか、どういったミスをしやすいのか等、向上のヒントが隠されています。(詳しくは研伸館各校舎の進学アドバイザーに是非聞いてくださいね)

課題が分かった皆さん!
夏休みまで約一ヶ月ちょっと、真剣に取り組んでみませんか?
勿論、今も日々コンスタントに勉強出来ている人はたくさんおり、そういった人に関しては、自分ができる限界に挑戦してみませんか?

夏休みが学年問わず、遅れを取り戻したり、成績向上をするチャンスである事は言われなくても皆さん感じている事でしょう。そして夏休みに向けて意欲を燃やしている人も多いと思います。

しかし、いざ夏休みに入るとすぐにはイメージ通りの勉強が出来ない人が多く出てきます。理由は初めて実践するからです。

ここから一ヶ月は特に普段通りの一ヶ月ですが、ここで頑張ることができた経験を持った人はきっと夏休みの過ごし方も上手くいくと思います。
そして夏休みも上手くいった人はその後も上昇気流に乗れるでしょう。

ちょっとしたことです。そんなに大げさに言わなくてもと思うかもしれません。しかし、皆さんが挑む受験というのは1〜2点で勝敗が決まる<ちょっとした>差です。

動き出してみましょう!

進学アドバイザー 番匠

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.up-edu.com/mt/mt-tb.cgi/4314

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)