« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月27日

センター試験まであと50日!

いよいよセンター試験まで残り2ヵ月を切りました。
高校3年生は、本番に向けて最後の追い込みの真っただ中。

そんな先輩達の頑張りを目の当たりにして、
高校2年生も徐々に受験に向けての意識が高まってきているはず。

そこで研伸館では、高校2年生にもリアルなセンター試験を体験してもらうべく
「センター試験チャレンジ2014」を実施します。

研伸館のセンターチャレンジは、

★受験料無料で、5教科全てを1日で受験可能!
★志望大学の合格可能性診断を実施!
★受験後、ポイントを絞った解説映像授業を配信!

と、センター試験を余すことなく活用できます。

この機会を逃さず、1年後に挑むセンター試験にチャレンジしてください!

進学アドバイザー 谷口

2013年11月21日

自己分析はできましたか?

来月頭から推薦入試が本格化します。推薦にて面接のある人、準備は万端ですか?
面接の所作など各学校にて練習をしてい人も多いと思いますが、研伸館においても
練習は可能ですので、相談のある人は各校窓口にご相談下さい。

各自で簡単な練習をしたい場合は、以下のことを書き出してみて下さい。
○その大学の志望理由
○その大学(もしくは学部)に行きたいと思ったきっかけ
○大学入学後、自分が大学や社会に貢献できること
○自身の長所と短所
この中から3つ書き出せれば問題ありません。

その後、志望理由書のコピーと自身の解答を見比べて下さい。
●言っていることと、志望理由書に矛盾はないですか?
●他でもないその大学を選ぶ理由が明確にできていますか?

このことがクリアできていれば、練習においても「自分の言葉」で「自分の話すスピード」
で「暗記感」を出さずに話しをすることが可能かと思います。

質問は想定の範囲を越えてくる可能性も十分にあります。その時に上4つのキーワード
に当てはめて話しができれば、説明の筋(この大学へ行きたい理由)から外れることは
ないと思います。

あとは、目線や「話し言葉」になっていないかを先生や進学アドバイザーに確認してもらえ
れば良いかと思います。他質問などがあれば日数も限られていますので、早めに各校に
ご相談下さい。

進学アドバイザー 湯川

2013年11月13日

「未来をつかむカタログ」願書入手を始めよう

こんにちは。
今年の秋は短く、最近は急に寒くなってきましたね。
気温の寒暖が激しい時期ですから、体調管理には十分注意したいですね。

いよいよセンター試験まで60日を切り、日々焦りが大きくなってきている人もいるんじゃないでしょうか。「やるべきこと」「できていないこと」がどんどん見えてくる。しかし、課題が明確になることは、それだけ”受験勉強を進めている”何よりの証拠です。立ち止まったままでは何も発見することはできません。

また、周りの受験生がみんな自分より優秀に思えてくる。そんな時期じゃないでしょうか。周りの受験生がいかに優秀に思えても、現役生にとって大学受験は誰しも「初体験」です。見えない相手に対して、他者に見せない不安を抱えているのは皆同じ。あなたも自分が抱えている不安を全ては友達に見せているわけではないですよね。他者と比べるのではなく、顕在した課題に丁寧に取り組んでいきましょう。それが、今あなたが一番求めている「効率的で確実な学力アップの方法」です。

さて、「初めての大学受験」を制するには、受験勉強の他にも大切なことがあります。そのひとつが「願書入手」です。「願書なんてまだ早いよ」と思っていませんか?試しに、どこの大学でも結構ですからとにかく一度手にとって自分の目で見てみて下さい。配点や出題範囲が異なる複雑な入試方式、いくつもある提出書類の説明など、慣れなければ一読して理解できるほど簡単なものではないことが分かります。しかし、大切な内容ばかりですので正しく理解しなければいけません。

「複雑だけれど、理解できなければ十分活用できない。逆に理解できれば活用の可能性が広がる」

まるで、新製品の説明書のようですね。
ある意味、「カタログ」と捉えてもらってもいいかもしれません。

「未来をつかむカタログ」

皆さんの中には、「願書なんてまだまだ早い」「願書請求はそんな軽々しくするものではない」と難しく考えている人もいるようです。しかし、例えば新しいパソコンや携帯電話などを購入するとき、買う直前に1種類だけのカタログだけ見て決める人はいませんよね。事前にいくつかのものを取り寄せて比較検討するでしょう。大学受験も同じです。私立大学ならすでにほとんどの大学で配布が始まっていますし、国公立大学でも多くの大学で入手可能になっています。最近はインターネットで一括して請求することもできますので、今のうちにしっかり情報収集しておきましょう。

そして、国公立大志望者でも、私大併願の際に

 ・その大学の研究内容や環境を知る
 ・受験での難易度を把握する
 ・入試方式を理解する
  ☆センター利用方式でも、センター試験前に出願を締め切る大学学部学科もありますよ!
 ・過去問を何年分か解いてみる

等を遅くとも12月には終えておかないと、センター試験も目前に迫る1月に肝心な受験勉強に集中できません。

第一志望合格への万全の準備、決して早すぎることはありませんよ!

進学アドバイザー 大原

2013年11月06日

高1・高2生 強者求む「東大トライアル」

東大現役合格に向けて今の得点力を実感する!

東大の入試問題を徹底的に分析して作成した英語・数学・国語のオリジナル問題に取り組む1日。「あなたの今の実力」と「東大」との差を客観的に見つめ、絶対評価として得点力を実感する。問題を解いて解答を確認するだけで終わるのではなく、解説授業で当日中に解答の思考の違いに気づき、添削で自信を持って書けた答案が客観的に合格点に達しているのかなど、答案作成の重要性をその場で実感できる。
参加することで東大現役合格に大きく近づきます。

<実施日>11月10日(日)
<対象>高校1・2年生
<実施会場>研伸館 西宮校・上本町校・学園前校・京都校
<受験料>無料
<当日時間割>
11:00-13:30 数学テスト[理系型](150分)
11:50-13:30 数学テスト[文系型](100分)
13:30-14:15 休憩
14:15-15:55 国語テスト(100分)
16:10-17:40 英語テスト(90分)
17:45-18:45 英語解説授業
18:50-19:50 数学解説授業
<成績表>
採点済み答案、成績表は後日返却します。

※本テストの英語にリスニングはありません。
※数学は、文系型(毅銑僑柁楼呂裡缶箏拭砲藩系型(文系型との共通問題4問+数携楼呂裡果筺砲箸鯀べます。

<申込方法>
校内生の方→研伸館各校舎受付窓口にて申込書をご提出下さい。
校外生の方→コチラ
より内容をご確認の上、お申込画面に進んで下さい。
※申込締切 11月8日(金)19:30

進学アドバイザー 井上