« 2013年12月 | メイン | 2014年02月 »

2014年01月29日

夢への一歩がここから。「新学年体験DAYS 2014」 申込受付中!

新高1・2・3生のみなさん、こんにちは!
先輩達がセンター試験を終え、大学受験に本格的に臨んでいくのを目の当たりにして、
自分自身にとっても大学受験が少しずつ身近に感じてきた時期ではないでしょうか?

と同時に、
「時が近づいてきたのはわかるけど、じゃあ何をどうすれば?」
という疑問を抱いている人も多いはず。

研伸館では、学校より1ヶ月早く、3月から新学期がスタートします。
それに先駆けて、新高1・2・3生を対象に、「新学年体験DAYS 2014」を開催します。
(※全て無料講座)

「新学年体験DAYS 2014」では、ひと足早いスタートを切るための第一歩として、
3月からの体験授業と入学説明会を行います。
新しい学年を前に期待と不安を抱いているみなさんに、
「難関大学現役合格は夢じゃない、必ずそこにつながる道がある。」
ということを具体的に示します。そして、実感してもらいます。

<現役で難関大学合格へ!>夢への一歩がここから始まります!

=体験授業講座=
〔新高1の場合〕
・英語/数学/国語/物理化学

〔新高2の場合〕
・英語/数学/国語/物理/化学/日本史/世界史

〔新高3の場合〕
・英語/数学/国語/物理/化学/生物/日本史/世界史/地理/公民

様々なレベルの講座を複数用意しています。
参加講座数に制限はありません。

1日でたくさんの講座を体験することができるイベントになっています
ので積極的に授業に参加して、新学年の方針を立てましょう!

---------------【申込方法】----------------------------
各校舎窓口設置の専用申込用紙にて申込み(FAXも可)
校外生の方は研伸館HPからでも申込できます。
 (※詳細は各校舎窓口までお問合せください)
-------------------------------------------------------

進学アドバイザー 大原

2014年01月22日

志望校合格に向けて+α

 大学入試センター試験が終了しました。まずは最初の山を越えた感じだと思います。試験の結果をもとに、受験校を決定する際に後悔がないよう、講師または進学アドバイザーまで是非相談してください。なお、受験相談(保護者同席も可)は随時承っています。各校受付にお電話にてお申し付けください。
 私立大志望者は入試本番が間近となり、最後の仕上げに取り組んでいることと思います。朝型の生活ペースを守り、試験時間にベストを尽くせるようにしてください。

 ここで少し話題が変わりますが、先日、サッカー日本代表の本田圭佑選手が世界のトップクラスチームである、ACミランに移籍しました。これはサッカー史上において、歴史的な出来事でありました。そんな本田選手は小学校の卒業文集で自分の夢に対して、次のように語っています。

“ぼくは大人になったら世界一のサッカー選手になりたい と言うよりなる。”

彼がここまで結果を残し走り続けている理由は、夢や目標に対する気持ちが誰よりも強いからだと私は思います。
サッカーと受験とで全く異なる分野ではありますが、目標や夢を達成していくという部分では同じなのかもしれません。
 センター試験も終わりいよいよラストスパート。試験の結果や今の自分の現状から、悩むことや苦しいこと、不安になることはたくさんあると思います。しかしもう一度、自分の志望する進路に向け、「絶対に合格するぞ」という強い気持ちを持って、日々取り組んでください。
 あとは食事、睡眠など体調にしっかりと気をつけ本番を迎えてください。

 みなさんのがんばりを最後までサポートし、応援していきます!

進学アドバイザー井上

2014年01月15日

ちょっと視点を変えてみる 〜シリーズぁ

受験シーズン到来の今回は、『ここ一番』の時にしっかりと実力が発揮できるトレーニングについてお話したいと思います。

その鍵は集中とリラックスのバランスにあります。

集中している時は、脳内でノルアドレナリンやドーパミンなどの神経伝達物質が分泌されて、脳が活性状態になっています。これが、適度に保たれていればいいのですが、分泌量が多くなり、活性しすぎてしまうと脳に負担が過度にかかり、いわゆる『緊張しすぎて頭が真っ白になりました』となる訳です。

では、適度な活性状態をキープするにはどうしたらいいか。
その対策として、普段から脳を適度な緊張状態に慣らしておくことがあり、トレーニングの一つに『時間コントロール』というものがあります。

勉強でいうならば、普段60分で解いている問題を50分で解いてみるというのも一つの方法だと思います。練習段階では、50分で時間切れとなってもよい訳ですから、思い切って実践できます。時間内に解けなかったら、今日はテレビを見る時間無しなどの制約を作り、緊張状態を作り出してもよいと思います。続けていくうちに『きっと大丈夫、間に合う』『きっとうまくいく』という自信が生まれてくるはずです。

緊張とうまく付き合い、本番に強くなりましょう!

進学アドバイザー 番匠