« 2014年06月 | メイン | 2014年08月 »

2014年07月30日

8/24(日)高3生対象「研伸館実力テスト」実施

今年も高3生を対象に8/24(日)に「研伸館実力テスト」を実施します。夏休みに入る前に学校や研伸館の先生、または進学アドバイザーに夏期中の計画の立て方に関して指導をうけ、現在各自の夏休みの目標設定に向けて努力しているところだと思います。そこで夏休み中に学習した内容の成果を試すためにこの「研伸館実力テスト」をぜひ利用してみてください。このテストを受験して良い結果が出れば夏の学習方法が正しかったということがわかり、9月以降の勉強計画も自信をもってたてることができるはずです。各教科の正誤箇所を把握することで、今後の具体的な指針もわかる良い機会となっていますので、積極的に受験するようにしましょう。夏期講習受講校外生の方も受験可能ですので、チャレンジしてみてください。まだ申込していない人は今すぐ各校舎の窓口まで。

申込締切は8月17日(日)の19:00までとなっています。

さらに詳細は下記を参照してください。

20140730image.gif


進学アドバイザー 関山

2014年07月23日

ぼん単アプリ「スピードランキング選手権」開催

研伸館が誇る人気教材「ぼんぼん出てくる英単語(通称:ぼん単)」が
携帯アプリになったことはご存知でしょうか?
(AppストアまたはGoogle Playにてダウンロードが可能です)

音声学習機能や充実のテスト機能、各種ランキング機能をはじめ、
大学入試突破に不可欠で強力な基盤となる語彙力を磨きぬく工夫が満載です。
まだ、見たことがない人はぜひ一度使用してみてください。

そして今夏、このぼん単アプリを用いて、「スピードランキング選手権」が開催されます。
 (出題される問題全てに正解するまでのタイムを競います)
 ランキング上位者には豪華景品が付与されますので、ぜひチャンレジしてみてくださいね!

進学アドバイザー 今津

bontanspr.gif

2014年07月16日

スペシャルターム たった1日、しかしその効果は絶大です

いよいよ夏期講習が始まりました。
Aタームから授業を受けている人も大勢いると思います。
まずは受講予定の講座の予習・復習にきっちりと取り組み、一つひとつの講座の受講の効果をしっかりと感じてください。

さて、高校2・3年生の人には通常の夏期講習の講座以外にSpecial Termの講座案内をしています。
皆さん、確認できていますか。
スペシャルタームとは、講習の各ターム間に開講する一日完成型の講座群のことを言います。
1講座が150分で、各科目の中で特にテーマを絞り込んでいるためピンポイントで確実にその部分を強化できる授業内容になっています。(90分授業のものもあります。)
講座の一部を紹介します。

【高2生・高3生対象】
英語リスニング入門
スペシャルタームの講座の中で唯一、高2・高3の複数学年を対象としている講座です。
夏期講習を前に
 「リスニングはどうやって勉強すればよいですか?」
 「リスニングもやっておいた方が良いですよね?」
という質問が増えています。
自分では何から手をつけて良いかわからない、どんな教材を使えば良いかわからない。
そんな人にピッタリです。
是非ともこの講座を受講して、リスニングの勉強方法からしっかりと学んでください。

【高3生対象】
「数A:場合の数」完全制覇!
最も苦手と言われる単元の一つがこの場合の数。
文系、理系を問わず、学力アップが期待されるこの単元を夏休み中にしっかりと勉強しましょう。
演習形式の授業の中で、正しいアプローチの方法を身につけ、「意識的に解ける」力を養います。
センター試験でも、2次試験でも必要になるこの単元をしっかりと自分のものにしましょう。

【高3生対象】
よろづのことのは[現・古・漢/語彙力強化講座]
文系・理系、国公立・私立を問わず必要とされるのが国語。
しかし、「特に勉強していません」と口にされるのも国語です。
まずは国語力の根幹、語彙力をしっかりとつけましょう。
確かに現代文を読もうとしても、古文を読もうとしても、そこに書かれている言葉の意味がわからなければよくわかりません。
この講座は配布されるテキストもとても充実しており、昨年度も受講後、試験直前まで役立ったという声をたくさん耳にしました。

その他、まだまだ紹介したい講座はたくさんあります。
もう一度スペシャルタームのリーフを見て、ピンポイントで鍛えておきたい学習内容をこの講座で押さえてください。
今年の夏は二度と来ません。
来年の春、後悔するぐらいなら、今年の夏はとことんまで勉強しましょう。

進学アドバイザー 北村

2014年07月09日

夏の学習計画 〜「分散学習」か「集中学習」か〜

みなさん、こんにちは!

いよいよ来週から夏期講習がスタートします。

もう夏の学習計画は立てられていますか?

高校3年生は当然のことながら、
高校1年生・2年生もこの長期休暇をどう過ごすのか、
事前に計画をして臨むのと、行きあたりばったりで過ごすのとでは、
夏が終わってから大きな差となってあらわれます。

研伸館で配布されている夏期学習スケジュール表も活用して、
しっかりと計画を立てて、実行してくださいね。

さて、そんな大事な夏の計画を立てる際に、
皆さんに知っておいていただきたいのが、
「分散学習」と「集中学習」の効果の違いです。

夏が終わってから生徒と話をすると、
「私は数学が苦手だから、夏は数学ばっかりやってました」とか、
「まずは英語を集中的に勉強してから、夏の後半に理科をやりました」など、
1つの教科を一定期間、集中的に学習したという報告をよく受けます。

確かに苦手を克服したい、1つに集中して勉強したい、
という気持ちは分かりますが、本当にそれは効果的なのでしょうか?

ここにこんな実験例があります。

150個の単語の組み合わせを2つのスケジュールで学習してもらうという実験で、

1つは、学習を2日に分けて2回おこなう「分散学習タイプ」
もう1つは、1日にまとめておこなう「集中学習タイプ」です。

この2つのタイプを比べると、学習直後では両者に差はありませんでしたが、
翌日の再テストでは「集中学習」より「分散学習」の方が得点が良かったという結果が出ました。

つまり、「分散学習」より「集中学習」の方が忘れる速度が速いということです。

学習は一気に詰め込むよりも、適度な感覚を保ってコツコツとおこなう方が、
記憶保持という観点ではよいということです。

勉強で大事なのは、学習したことをいかに効率的に記憶にとどめておくかです。
計画を立てる際は「分散学習」を意識してみてくださいね。

進学アドバイザー 谷口

2014年07月02日

国公立の大学案内を確認しよう

 こんにちは。
 7月に入り、高校3年生のみなさんは、大学案内・選抜要項を手に入れる時期に
入りました。(私立の場合にも大学案内の改訂があった場合、最終版が7月に発行
されます)
 特に推薦入試を検討されている人は国公立・私立に関わらず選抜要項を手に入
れて必要物の準備、志望理由書の記入を始めなければなりません。
 志望理由書には大学の特徴などを踏まえる必要がありますので、大学HPとあわせ
て確認をしておきましょう。 
 今年は新課程入試ということもあり、変更点をしっかりと確認しておくことが重要です。
内容に関する不明点などがあれば、授業担当講師、進学アドバイザーに相談してくだ
さい。

進学アドバイザー 湯川