« 2014年07月 | メイン | 2014年09月 »

2014年08月27日

切り替えはできていますか?

 さて、夏休みもあと残すところわずかとなりました。引退が早い部活もあれば、まだ続いている部活もあると思いますが、そろそろ真剣な受験モードに切り替えができているでしょうか?部活を最後まで必死に取り組むことはとても大切なことだと思います。しかし、引退したら、すぐに受験モードに切り替えましょう!今の時期の一日一日はとても大切です。志望大学をまだ決めかねている方は是非、研伸館の講師または進学アドバイザーに相談してみましょう!志望大学が決まるとモチベーションも上がり、勉強がスムーズに進むかもしれません!

 そこで今日は、みなさんと同い年の方々を紹介したいと思います。必死に受験勉強をされているみなさんは、テレビを観ている暇など無いかもしれませんが、連日、甲子園で開催されている全国高校野球選手権大会が放送されています。ほぼ毎日グラウンドに出て練習し、最後の最後まで必死に部活に取り組んだ高校生が部活の引退をかけて戦っています。しかし、選手たちは試合に負けた瞬間から次の目標に向けて切り替えていることでしょう。プロ野球を目指す選手、大学野球に進む選手、受験勉強を始める選手… 次の目標は選手によって様々ですが、それぞれが気持ちを切り替えて取り組んでいるはずです。

 未だに部活モードから受験モードへの切り替えがうまくできておらず、ダラダラとした毎日を過ごしている方は、まだ今からでも間に合うはずです。今、この瞬間から受験モードへ切り替えましょう!

進学アドバイザー 井上

2014年08月20日

ちょっと視点を変えてみる 〜シリーズА

今回は、『アンカリング』についてお話したいと思います。

アンカリングとは、特定の体験に対して、五感を利用した感覚的な刺激を条件付けし、その体験を定着させて、いつでもたやすくそのときの精神状態を引き出せるようにするテクニックのことをいいます。

??ですよね。

大勢の観衆の前で発表や演奏、試合などをしなければならない時、怖気づいて弱気になってしまうことありませんか。自信を急に失ってしまったことはありませんか。

そんな時に一瞬で自分を最高の状態にできるテクニック。それが「アンカリング」です。

色々な実践方法がありますが、今日はすぐにできるオススメを1つ紹介したいと思います。
『リラックス状態を一瞬で生み出すアンカリング』
誰しも、お風呂の湯舟に浸かっている時はリラックスをしています。

湯舟に浸かっている時に小指を握るという行為を繰り返し、習慣化します。

緊張時に小指を握っただけで、湯舟に浸かっている時と同じリラックス効果がでます。
※ポイントは習慣化です。

プロのスポーツ選手もよく使っているテクニックで、有名なところではイチロー選手ですかね。
イチロー選手が打席でバットを前に突き出し、左手で右腕の袖を引っ張る仕草を毎回見せますが、あれも最高のパフォーマンスを引き出すためのアンカリングと言われています。

是非一度お試しください^^

進学アドバイザー 番匠

2014年08月13日

高2「秋スタ」まで3ヶ月

高1・高2生対象の「第2回 学力診断テスト」まであと1ヶ月を切りました。

第2回学力診断テストの結果でクラスが決定するのは11月期の講座、
いわゆる「秋スタ」講座です。夏期講習が終わるといよいよ秋スタまでもう少し。

「秋スタ」とは、簡単に言うと、
“高2の11月から受験生としてスタートを切る”ということですが、
(そのためにはスタート時点で希望のクラスにいることがベスト)

高2生の皆さんの周囲には、
“受験は高3から始めよう”“部活を引退してから始めよう”
と構えている人が多いと思います。

“まだ高2”なのですからそれが当然かもしれません。

しかし、少し考えてみてください。

3年間の高校生活で、ちょうど折返しとなる高2の夏。
つまり、大学受験まで残された準備期間はあと半分です。

現役高校生にとって「受験勉強は高3から始める」こと。
それは受験生として本当に正しいスタートラインでしょうか。

実際の高3の生活には、学校の授業、部活、学校行事など…
高2までと何ら変わらない、
現役生だからこその“高校生らしい”生活が待っています。

つまり、高3になったら自然と受験勉強に専念できるということはありません。
その環境を“意識の変化”だけでは変えにくいのが現実です。
後から焦っても当然、時間が逆戻りするわけではなく、
もしかすると取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。

そこで、研伸館では、
高2の11月から「受験生」として受験勉強をスタートさせるために、
「高2 11月秋スタート講座」が始まります。

受験生活スタートまで約3ヶ月。
この夏からどれだけ勉強できるかが勝負所です。
高2の秋から「受験生へのスイッチ」を入れることができれば、
高3に向けての好スタートが切れたと言えるでしょう。

万全の状態で受験生としてのスタートラインに立つために、
まずは残りの夏期講習を全力で過ごしましょう。

進学アドバイザー 古川

2014年08月06日

夏のイライラを吹き飛ばせ!〜カルシウムとマグネシウムの適切な比率とは?〜

■カルシウムの働き(要約)■
 カルシウムには、骨や歯を形成するが主だったものと思いがちですが、
 その他に
  ・精神の安定をはかる
  ・心臓や筋肉の働きを正常に保つ
  ・血液や体液の性状を一定に保つ
    ・・・などの役割も担うことがあるのです。
  つまり、体内での”鉄分”代謝を補助するなどの働きもあると
  いうことです。

■マグネシウムの働き(要約)■
 簡単に言うと、エネルギー代謝を促進して疲労回復を手助けする、筋肉の働き
 を調整する、イライラを解消する、体温や血圧を正常に保つ・・・などの
 働きがあります。
 さらにカルシウムとともに骨を強化し、歯のエナメル質をつくるなどの働きが
 あります。

■2つの働きを効果的にする方法■
 「精神の安定」「イライラを解消する」という働きがあるカルシウム、マグネシウム

 ですが、どちらかが偏ったりすると、その働きの効果が薄くなってしまいます。
 つまり、受験生の皆さんがよく抱えるストレス・精神的負担を、食事によって
 緩和することも大切です!!

 【方法】 
 
  2つの栄養素を効果的に摂取するには、

 カルシウム:マグネシウム = 2 : 1

 が理想とされています。
 以下のようなものを中心に「より良い栄養摂取」を心がけてみましょう!
 ※受験生の支えとして、バランスよい食事生活は不可欠!
 ご家族の協力も得て暑い夏を乗り越えていきましょう!
  
 <カルシウムが豊富に含まれている食材>
 牛乳・ヨーグルト・チーズ・シシャモ・鮭水煮缶・小松菜・豆腐・厚揚げ・ひじき・ワカメ・緑黄色野菜など

 <マグネシウムが豊富に含まれている食材>
 ナッツ類・ひじき・ワカメ・納豆・油揚げ・豆腐・ゴマ・バナナ・ほうれん草・緑黄色野菜など

  自分で補給するのであれば、
 
 例えば・・・水分補給ゼリー = カルシウムとマグネシウムを2:1とバランス良く配合されていますよ!
 (デザート感覚でおいしく食べれるし)

(ただし、効果には個人差があるのでその点はご了承ください。 )

進学アドバイザー 佐々木