« 2015年01月 | メイン | 2015年03月 »

2015年02月25日

春期講習講座の受講申請が始まります

研伸館各校より3月期平常授業受講講座確認書と春期受講申請書をご自宅に送っています。
手元に届いたら、3月期の受講講座を元に春期講習講座が記載されている青白ストライプの申請書に必要事項を記入のうえ、3月10日(火)までに在籍校舎の窓口に提出してください。
まだ予定がたたずに迷っている方も、3月11日以降でも追加・変更が可能ですので、担当講師や進学アドバイザーに相談のうえ、手続きをおこないましょう!!

実は春期講習講座で使用するほとんどの教材が「3月期で使用しているテキスト」となります。
ということは、春期講習で学習する内容は3月期の平常授業からの続きの単元や講座内容となります。他の講習以上に、「継続受講」が必要となるのは歴然ですね。 

 さらに、3月期では受講しなかった科目の中で、「好きな科目だけどなかなかテストで点数が伸びない」または「入試に必要な科目だけど後回しにしてしまっている」という場合には、3月期1週目の
平常授業で案内予定の、「3月期の平常授業を無料で体験できるイベント」への参加をお薦めします。
この機会を逃さずに積極的に受講を検討してみてください!

追伸:
普段より勉強時間が確保できる春休みを有意義に過ごすために、また受験の天王山である夏休みに入る前の練習という意味も含めて必ず学習計画をたてるようにしてください。
計画をたてる際には漠然としたもので「やっつけ勉強」になってしまわないように「理科の○○という分野、数学の○○という単元」に○○という教材を使って取り組むという感じで、それが具体的に決まれば1日分の勉強量、勉強開始時間を決めて進めていってください。
春休みはあっという間に過ぎてしまいます。短い期間だからこそどこに焦点をあてるかが大切です。
その1つの行動が明るい未来へと繋がっていくことでしょう。

進学アドバイザー 関山

2015年02月18日

研伸館からのお知らせ[まもなく新年度スタート!]

2014年度の平常授業も残すところ、あと4日となりました。
いよいよ、3/2(月)からは新年度(2015年度)のスタートです。

校内生のみなさんはすでに3月からの申請を済ませていると思いますので、
もう一度、時間割で曜日・時限を確認しておきましょう。

先日実施された「新学年体験Days」に参加できなかった人は、
VODによる受講が可能ですので、まだ受講を迷っている講座があれば、
VODを利用して受講してみてください。

※3月期からの講座は3/1(日)まで追加が可能です。

まだ、研伸館に通っていない方はぜひ3月からの受講を検討してください。
途中月からの受講も可能ですが、大事な基礎を言われる内容は、
3月・春期・4月に扱うケースがほとんどですので、
良いスタートダッシュをきるためにも早期からの受講をオススメします。

体験受講・入学説明会は随時実施していますので、
お時間の都合が合えば、お気軽に各校窓口まで来てください!

※「春の友人紹介キャンペーン」も忘れずに利用してください。

進学アドバイザー 今津

2015年02月11日

新学年受講申請書の提出は本日が締切です!

新学年受講ガイダンスは受けましたか?
新学年体験daysは受講しましたか?
そして、新学年からの受講講座は決まりましたか!

新学年受講申請書の提出は本日、11日までです。
「3月からの予定がわからない」
「部活の予定が決まってから」
と、毎年提出が遅くなる人がいます。
締め切りは11日です。
予定がどうなるかではなく、まず本当に必要だと思う講座を取得して提出しましょう。
一度提出した講座内容の変更も後からできます。
提出した後で、再度、講師や進学アドバイザーに相談することもできます。

提出期限を守るという習慣は、大学受験の出願期間を守ることへも繋がります。
このブログを見て、「えっ、今からじゃぁ校舎に行けない!」という人は、FAXでも構いません。
現役合格へ向けた第一歩です。
期日を守って提出しましょう!

進学アドバイザー 北村

2015年02月04日

研伸館は3月から新年度スタート!

高1生・高2生のみなさんは、
いよいよ新年度の受講講座の申請が始まりました。

今週より各教室で受講ガイダンスが実施され、
新年度からの受講講座についてや、年間の流れについての
説明を受けているかと思います。

ご存知の通り、研伸館は3月からが新年度授業のスタートです。

何事も最初が肝心!

大学受験に成功するかどうかは、
やるか、やらないかで決まります。

できる、できないではありません。

「時間がない」「忙しい」といったできない理由を挙げても、
やるべきことが変わるわけではありません。

3月スタートから余力を残すことなく、全力で取り組みましょう!

進学アドバイザー 谷口