« 2015年03月 | メイン | 2015年05月 »

2015年04月29日

研伸館学力診断テスト(5/10)あるある

現在、高校1、2年生は研伸館学力診断テストの受験型申請期間となっています。
この試験は校内生全員受験と なっていますので当日(5月10日(日))受験できない人は必ず予備日受験申請の手続きを済ませてください。


皆さんは先生方や保護者の方々にゴールデンウィーク中にしっかりと今までの復習をしておく ように、またはこれからの学力アップのために計画をたてて効率よく勉強を進めておくようにと耳にタコができる程言われているのではないでしょうか。

各自で勉強のペースや学力の違いがあるので、それぞれの課題は違うと思います。
ここで「復習」「効率」という点で勘違いしてはいけないように確認ということで記載しておきます。

<効率良く勉強するという言葉だけにとらわれすぎて、勉強量が少なくなっている人はいませんか?>

★「自力で解かずに答えだけを見て復習している」
★「定期テストや初級レベルの問題にじっくり取り組まずに一問一答等で簡単に済ませている」

等、手っ取り早く済ませることだけを考えていませんか?

効率は自分自身が学習していくうえで作りだされるもので、基礎の積み重ねで訪れるドロくさいものです。自分が決めた時間帯で具体的に何を学ぶことができたかを意識し、目の前のことを消化していけば自然と学力は上がるはずです

<また模試や実力テストの復習のやり方として>

★「学力が高い人は模試や実力テストの良問をすべて解けるように復習する」
★「合格レベルまであと一歩の人は模試や実力テストで見つけた弱点を重点的に学習した後で模試や実力テストの復習にとりかかる」
★「合格レベルまでほど遠い人は基礎学力を身につけることに専念する」

各自が志望するレベルに対して要求される量の学習を必ず段階追って積んでいき、その結果「過去問研究」ができるような立派な学力を身につけていってください。

この5月の学力診断テストは定期考査と重なる学校も多く、計画的に対策をしておかないと失敗してしまいますよ!

<学力診断テストにおける失敗談>
★「ぼん単をもっと早くから覚えておけばよかった」
★「テキストの問題を完璧に解けるようにしておけばよかった」
★「対策プリントを真面目にやっていればよかった」
★「毎回の授業内小テストもしっかりと取り組むべきだった」

日頃の授業の予習復習からしっかりとこなせていれば直前にあせる必要はないはずです。
しかし、英単語などの暗記モノは日がたつと忘れてしまいますよね。
ゴールデンウィーク中は学校の授業も研伸館の授業もないですから毎日少しずつ英単語を覚えていってはどうでしょうか。
高1や高2から毎日勉強なんて・・・と思うかもしれませんが、今頑張っておけば高3になって苦労せずに済みますよ!

学力診断テストに向けて特別なことはしなくてもいいのでテキストの問題を完璧に解けるようにしましょう。

<定期テストと学力診断テストが重なる人は>
★「学力診断テスト前1週間は学力診断テストをメインに勉強し、終われば学校の勉強に専念する」
★「それぞれにかける時間を決めておく」

など、どちらもおろそかにならないように自分なりに工夫してみてください。

以上の内容だけでなく、受験勉強に関してわからないことが出てくればすぐに進学アドバイザーまで相談にきてくださいね。

進学アドバイザー 井上

2015年04月22日

研伸館からのお知らせ[休館日について]

●4/26(日)
川西校・三田校・住吉校・豊中校・高の原校・西大寺校・天王寺校が休館となります。

●4/30(木)〜5/6(水)
研伸館全校舎が休館となります。

休館日は窓口受付、自習室・V0Dなどは一切利用できませんので注意してください。

また、休館明けの5/10(日)は、第1学力診断テスト(高1・2対象)が実施されます。
受験票を発送していますので、集合時間など、間違えのないように注意してください。

※5月期平常授業は、5/11(月)よりスタートします。
 5/7(木)〜5/9(土)は4月期3回目の授業となります。

進学アドバイザー 今津

2015年04月15日

研伸館のLINE@を活用しよう!

いよいよ研伸館の4月期授業がスタートしました!

学年も変わり、心機一転、張り切ってまいりましょう!

さて、学校の新学期も始まり、クラブに、学校行事に、模試やテストに
大忙しな日々を迎えることかと思います。

そんな中、研伸館でも日々の授業に加え、テストやイベントが実施されますので、
ついつい大事な予定を見落としてしまうこともあるのではないでしょうか?

そこで、研伸館各校のLINE@をぜひご活用ください。

研伸館ではすべての校舎でLINE@のアカウントを開設しており、
友だち登録された方には、研伸館各校より、タイムリーに各種案内を配信いたし
ます。

リマインダー機能として、LINE@は効果てきめんですので、
ぜひ研伸館各校のLINE@に友だち登録してみてください!

特にこの4月から新しく研伸館に入学された方は、ぜひご登録を!


※LINE@の友だち登録は、
 [その他]>[公式アカウント]より、研伸館で検索してください。

進学アドバイザー 谷口

2015年04月08日

試行錯誤する時期

4月より学校は新学年になりました。ここで皆さんがしなければいけないこと
に、「試行錯誤」することがあげられるかと思います。

今後、今春見事現役合格を果たした先輩たちの体験記やコメントを研伸館
や学校で目にすることと思います。(研伸館であれば「体験記集」「強者の戦
略」「阪大神大への軌跡」や春期講習で配布していたK−STATIONなど)

自身の勉強方法と先輩たちの勉強方法を比較したとき「量」「時間」「工夫」
の違いを感じることができる先輩のコメントに出会えると思います。

特に同じ学校の体験記などは、その学校独自の状況
などでの「時間の確保」や「目安・目標」を身近に感じることができるはず。
自身に不足していることを考えたとき、解決方法がそういったコメントから
発見できたらすぐに実践してみましょう。

現役生にとって大切なことに、”練習量”があります。
「効率化」「後回しにして得すること」がないものがこれになります。
そうはいっても、先輩たちのコメントには”コツ”が多くちりばめられている
と思いますので、その手法を活用して5月いっぱいと目安に実践してみれ
ば「効果」を確認できると思います。もし、効果が見えない場合は他の方法
に変更してみることもいいかもしれません。

今あがくことは非常に大切です。波に乗れた人ほど、夏以降の結果に差が
生まれてきたケースをたくさん見てきました。
みなさんもまわりに遅れることなく、万全のスタートをきってください。

進学アドバイザー 湯川

2015年04月01日

センター試験「まだまだ先」?!

こんにちは!
4月に入り、いよいよ暖かくなってきましたね。
新年度を迎えて、大学受験へ向けて自分なりに気持ちも新たにされているのではない
でしょうか。
でも、正直「まだまだ時間がある・・・」と、なんとなくそう思っていませんか?


今から約5か月後の9月1日には、「大学入試センター試験受験案内」の配布が開始
されます。
多くの高3生はこれを学校で受け取り、10月上旬〜中旬で出願となります。
いわゆる”センター試験の願書”ですね。
実際には学校の先生に書類を確認してもらうということもあり、9月中には受験教科
や科目数を決めておく必要があるのです。


教科や科目と同じくらい注目してもらいたいものに、「配点」があります。
多くの受験科目の勉強を同時に進めていく上で非常に重要な要素です。

例えば、

平成27年入試 神戸大学工学部機械工学科(前期日程)大学入試センター試験配点

総配点(傾斜配点)375点 
うち、国語の配点 125点

実に、総配点の33%以上を国語が占めることになります。

神戸大学工学部(前期日程)入試では、全学科でセンター試験配点における国語配点
占有率が33%を超えています。中には35%以上という学科(情報知能工学科)も
あります。数学や理科の理系科目がどれだけ得意でも、こういった現状を認識し対策
を立てておかないと得意科目を生かせる2次試験には進めないのです。


センター試験まで300日を切りました! あと約41週!
教科の勉強のほかに、大学の研究内容や入試教科・科目・配点等の把握を進めていこ
うと思ったら、決して「まだまだ先」ではないはずです。


進学アドバイザー 大原