« 2015年09月 | メイン | 2015年11月 »

2015年10月28日

10月も終わり

最近は昼夜の寒暖差が大きくて体調管理が大変ですね。

研伸館では今週は秋期講習中…秋真っ盛りな今日この頃ですが、
いかがお過ごしでしょうか?

いつから始まっていつ終わるのか…
春!夏!冬!よりもその始まりと終わりが曖昧で、
気を抜いているとあっという間に過ぎ去ってしまうのが秋なのかもしれません。。。


さて、高1・高2生は先日の学力診断テストの結果を受けて、11月からクラスが変わっている人も多いと思いますので、ご注意ください。

高3生は夏や秋に受けた模試の結果がぞくぞくと返ってきていることと思いますが、第2回研伸館センター模試も今週返却です。

結果に一喜一憂することは禁物ですが、そういう訳にもいかず、志望校を射程圏内にとらえていくべき時期でもあります。

担当講師・校舎の進学アドバイザーはもちろんのこと、高3生には担当サポーターが付いていますので、抱えている不安があれば気軽に相談に来てください。

先日行われた大阪マラソンではないですが、受験生にとっての「秋」は、マラソンに例えるなら「35キロ地点」(体力・精神力面で最も厳しいポイント)かもしれません。

「あなたは、受験前日からタイムマシーンに乗って戻ってきたと思いなさい」
と唱えた(引用した)人がいますが、本当にやる気を起こさせる言葉だと思いませんか?

受験前日、どうあがいても明日は受験という立場から比べれば、まだまだ時間はある!まだあがけるということですね!

折り返し地点は過ぎていますがまだまだここから!
厳しい時こそ踏ん張りどころですよ!

進学アドバイザー 古川

2015年10月21日

ちょっと視点を変えてみる 〜シリーズ〜

今回のテーマは『居心地の悪い場所を探せ!』です。


もっともっと飛躍して欲しい皆さんに一つ質問です。勉強をしていく上で、今自分を取り巻いている環境は居心地が良いですか?それとも悪いですか?

もし居心地が良いというのなら、今すぐそのぬるま湯から出て来てください。

・・・なぜ??

居心地が良い状態、これをコンフォートゾーンと言いますが、この環境に慣れすぎてしまうと、成長しなくなってしまいます。

人間というのはとにかく楽して生きたい生き物です。できることならそれが一番いいことかもしれませんが、成長したい!一回り大きくなりたい!と願うのなら、一度考えてみてください。

確かに自分のフィールドから離れて全く知らないステージに上がるのはとても勇気のいることです。
自分がみっともなく、時には未熟さを思い知らされるリスクもあります。
それに嫌気がさしてまた自分のいた心地よい場所に戻りたくなるかもしれません。

ですが、初めはみんなそうです。

難関大学合格を勝ち取った先輩達もそういう苦渋を味わって合格を勝ち得ています。

高いステージにいる周りの環境は、恐らく今まで自分の人生で触れてこなかった価値観でしょう。自分の中での違和感みたいなものがまとわりつき、居心地の悪さを感じます。ただその違和感が居心地悪く感じるのはあなたが今までその価値観を持ちあわせていなかったからです。

最初はそれでいいです。それを感じたら素直にこう思いましょう。

「自分は成長してる」と。

どんな些細な事でも良いので、毎日何かしらの自分の成長を感じて昨日までなかった自分の成長を今日、明日と少しずつ感じてみてください。

大事なのは常に成長を感じることです!


学園前 進学アドザイザー 番匠

2015年10月14日

提出期限は大丈夫ですか?

10月14日(水)
 高2秋スタ申請書
10月17日(土)
 高3冬期講習マーク申込
10月29日(木)・30日(金)・11月1日(日)
 高2現役合格への扉申込
 (校舎により異なります。)

これらはすべて申請書や申し込みの締め切り日になります。
皆さんはもう提出すべきものは提出しましたか?
「今度でいいわ…」
「もうちょっと考えてから…」
「予定がよくわからない…」
なかなか提出しない人は、皆、同じことを口にします。
しかし、締切間近まで何も決められず、チャンスを逃したり、適当な選択になったりしたことありませんか?

これは勉強に臨むときにも同じことが言えるはずです。
「明日でいいわ…」
「もうちょっと後で…」
「予定をしっかり組んでから…」

先送りにして、良い結果に繋がることはあまりありません。
今できることは、今する。
提出物は早めに出す。
そんな小さな心掛けから、勉強への取り組みも少しずつ変わるはずです。

進学アドバイザー 北村

2015年10月07日

−知力・体力・時の運シリーズ2015ぁ

■長時間の姿勢を整える=疲労回復の必要性■

さて、寒い季節の到来が肌でも感じ始めたこの時期、疲労も蓄積される時期でも
あります。そこで、今回は『疲労改善』の食に関するものです。
また試してみてください!
(ただし、効果には個人差があるのでその点はご了承ください。 )

■疲労の回復メカニズム■
すごっく簡単に言うと、

頭や身体を使うと、『活性化酸素』というものが体内に生じます。
それを『抗酸化物質』という成分が壊していくことで”疲労改善”
となることがよく知られていることです。

ただ、『抗酸化物質』は体内に入ると”抗酸化力”が低下しやすいもので、
なかなか疲労回復にはこれ!というのが少ないのが現状です。
 
■イミダペプチド■
抗酸化物質として注目を浴びているのが『イミダペプチド』という物質です。

簡単に言いますと、
この物質は体内に入ると『βアラニン』と『ヒスチジン』に分解され、
血液中にそのままの形で身体の隅々まで行き渡りやすくなるという状態になります。

そして動物には、この2つの物質を再びひとつにする『イミダペプチド合成酵素』
というものがあるので動物には有効な抗酸化物質である・・・と言えます。

このイミダペプチド、多く含まれている代表的な食物としては、

・マグロの赤身
・鳥の胸肉

があります。ただ、熱を加えると壊れやすい物質でもあるため、刺身など
生に近い調理で食すことをよく勧められています!
(最近ではヨーグルトに含めて販売していることもありますよ!)

効果は本当に個人差ありますので、あくまで一つの情報として知っておいてください。
特に『疲労が溜まりやすい』時期に突入する受験生の方は、一度『イミダペプチド』
探してみてください!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

進学アドバイザー 佐々木