« 2015年12月 | メイン | 2016年02月 »

2016年01月27日

医学部受験の大学が決まった人は

国公立大の願書出願が始まり、多くの高3生は大学を確定させ出願の準備をされていると思います。

医学部受験の人の多くは、「志望理由書」や「自己推薦書」や面接練習を必要とするのではないでしょうか?
研伸館では、医学部受験生に「医学部面接対策(虎の巻)」や「典型問答集」をお配りしています。

(虎の巻)は大学別の過去の面接内容や、面接で聞かれそうなニュース、時事テーマを多く掲載していますので、志望大学の過去の面接例なども確認いただけるかもしれません。
(典型問答集)は面接で聞かれる基本的事項から時事テーマに関する予想設問と、研伸館にいる医学部生チューターが考えた解答例を掲載しています。

学科試験の合間に、知識を蓄える一助になればと思いますので、各校舎窓口にてお問い合わせいただければ、お渡ししますので、ご活用ください。

進学アドバイザー 湯川

2016年01月20日

あせらず・あわてず・あきらめず

あせらず・あわてず・あきらめず、
”気持ち”と”今やるべきこと”を整理して、前進!


 大学入試センター試験も終わり、出願校選択や目前の私大入試対策など、受験生としては、もっとも悩む時期かと思います。
また、風邪を引きやすい時期ですから、体調管理にも一層気を配りましょう。
焦る気持ちもわかりますが、一日一日の過ごし方がとても大切な時期です。
勉強の手は絶対に止めずに、“冷静に、ていねいに、正確に”分析・行動しましょう。


<今やるべきこと>

◎今一度、スケジュールを確認!

 ・次の入試日、
 ・検討中の大学の出願締切日
 ・塾の講習
 ・学校での面談など、

 大切な予定が多い時期です。日程を改めて整理・確認し、「うっかり」ということがないようにしましょう。


◎出願大学の検討は、その都度傾斜配点を計算しながら行う!

 同じ得点でも大学が設定する傾斜配点に換算すると合否可能性はずいぶん変わってきます。
 おおよその数値で判断せず、大学入試センター試験の全国集計がまとまり、志望動向や自分の位置が判明してから、必ず傾斜配点をひとつひとつ計算して正確なデータを基に判断しましょう。  


◎学校・塾の先生への相談は早めに。できれば前もって予約しておこう。

 自分だけでくよくよ悩まずに先生に早めに相談しましょう。事前に予約しておくと、順番待ちに時間をかけたり、時間がなくて相談できない、ということが防げ、安心して勉強に打ち込めます。


◎勉強の手は絶対にゆるめない!

 「現役生は最後まで伸びる」多くの先輩たちが立証してくれています。
 センター試験と私立大入試・国公立大2次試験は解答方式が異なります。英作文に取り組んだり、数祁彁嗣簑蠅鬚笋辰討澆襪覆鼻∩瓩勘を取り戻しましょう。


◎メリハリをつけて体調管理を! 睡眠時間確保!

 高3生の中には、もう毎日学校に行かなくてもいいという人もいると思います。
 だからこそ、学校があった時と同じような生活サイクルを心がけて下さい。「起床時間」「就寝時間」「勉強を始める時間」の3点を固定するとよいでしょう。ここで体調を崩しては元も子もありません。一定の睡眠時間も必ず確保しましょう。


受験はまだまだ始まったばかり。
あせらず・あわてず・あきらめず、
最後まで気持ちで負けずに前へ進もう!


進学アドバイザー 大原

2016年01月13日

研伸生へ

年が明けてからも暖冬で暖かい日が続いていましたが、
昨日頃から一気に本来の冬のピンとした空気になってきました。

いよいよ今週末はセンター試験です。


センター試験を受験する人は、
この日にすべてをかけてきたと思います。

それは研伸館のスタッフも同じ気持ちです。

センター試験まであと○日のカウントダウンが
ジリジリと減っていくのを見る気持ちも同じです。

普段の勉強は本番のように緊張感をもってやってきたことと思いますし、
本番はやってきたことしか出せません。

しかし、自分の力はすべて出し切ることができるよう精一杯送り出します。

私は、1000人いたら1000通りの合格への道があると思っています。

もちろん王道となる合格法はあるでしょうが、
目指す大学・学部、勉強を始めたタイミング、
どんな高校に通っていて、部活がどれだけ忙しかったか、
もっと遡って中学生や小学生のときはどんな生活を送っていたのか…

その経験は全員が誰とも違うルートを通って今日まで来たのです。
他人と比べる暇があったら自分の力を出し切ることに集中しましょう。

来週また研伸館で待っています。

ガンバレ研伸生!

進学アドバイザー 古川

2016年01月06日

ちょっと視点を変えてみる 〜シリーズ〜

今回のテーマは『目的を持って目標を立てる』です。

あけましておめでとうございます。新年1回目のブログです。

年が変わると気分も変わるもので、昨年物事が上手くいかなかった人は今年こそは!と意気込み、昨年成果が出た人は、今年はもっと!とより向上心を高めていることと思います。

そこで皆さんに是非実践して欲しいのが、<目的を持って目標を立てる>という事です。

・・・??

「目的と目標は同じじゃないですか?」という声が聞こえてきそうですが、実は意味が全く違うんです。

特に大きな結果を求める時には、その違いを明確に意識して欲しいところで、理論は知らないかもしれませんが、成功者の多くが実践しています。

目標とは、目的を達成するためのステップです。

あくまでも、「目的」を達成するために目指すべき行動やその道筋を示したものが「目標」で、
目的が無いのに目標だけがあることはありえません。目的があってこそ、目標とするものが得られる!
これがキーポイントです。

以下、少し極端な例になりますが

○○大学へ行きたい!(目的)
だから○月迄に△△(目標)を達成し、○月迄に△△(目標)を達成する。

●●大学へ行きたい!(目的)
取り敢えず今やっている復習をして、終わって成績が安定してきたら、本格的に考えよう(目標無し)

どちらが成功するかは明白ですよね。

是非、結果が出せる1年にしましょう!^^


進学アドザイザー 番匠