« 2016年12月 | メイン | 2017年02月 »

2017年01月25日

ちょっと視点を変えてみる 〜シリーズ魁

今回のテーマは『レバレッジ』です。

※これを実践すると1日の勉強量を1ヶ月で倍増させられるかもしれません!?
時間が無くて困っている人は是非参考にしてください。

学生のうちはあまり聞きなれない言葉で、『レバレッジって知ってる?』と聞くと、だいたい飲み物ですか?という話になります(笑)

ま、それはさておき、、、

レバレッジとは「てこの原理」という意味で、経済活動(とりわけ投資)において、最少限の労力で最大限の効果を発揮するためによく使われる用語です。

これを勉強時間に応用します。

例えば1日の自習勉強が4時間の人が居たとして、4時間でできる勉強量を3時間半でやりきる方法を考えたとします。

自己分析すると、『そういえば、参考書を読む際に5色ペンを使っていて、線引きに時間が掛かっているな。全教科において3色でも十分に見やすいからそこを改善しよう!』となります。

そして、ここで生まれた30分を別の時間に費やし、この思考サイクルをどんどん繰り返していくことで消化できる勉強量が次第に増えていきます。

勉強時間に悩む人は、現在与えられている時間をどうしようかと悩む事が多く、効率化や増やすという発想に中々たどりつけていません。

悩んでいる人は、是非一度考えてみてください^^


進学アドザイザー 番匠

2017年01月18日

高校2年生 センター試験チャレンジ2017

1月14・15日に大学入試センター試験が終了しました。
15日には、高校2年生の皆さんも『センター試験チャレンジ2017』として、この試験に挑戦しました。

さて、高校2年生の皆さん、試験結果はいかがでしたか?
もちろん、自己採点は終わっていますよね!

そろそろ志望校を絞り込んでいる人もいると思います。
目標校に対して、今、どれくらいの成績を残せているのか。
高3になるまでに何を補強しないといけないのか。
1年後にどうなっていたいのか。

この試験の結果は色々な事を考えさせてくれると思います。
試験の結果で一喜一憂するのではなく、試験の結果から自分の勉強の姿勢を見直す。
その心構えでもう一度試験を振り返ってみてください。

今から一年。
勉強方法一つで得点が倍増する人、目標得点を大きく超える人など、期待はどんどん膨らみます。
皆さんの成績アップを楽しみにしています。

※試験結果を踏まえて、講師や進学アドバイザーに相談してみてくださいね。

進学アドバイザー 北村

2017年01月11日

高3・校内生、がんばれ!

高3・校内生のみなさん、いよいよ今週末はセンター試験本番ですね。
日に日に緊張も増していると思いますが、今までのがんばりを発揮すれば大丈夫です!
研伸館のスタッフ一同、みなさん一人ひとりが最高の結果となることを祈念しています。

ブログ写真2017.jpg

また、みなさんに万全の体制で当日に臨んでもらうため、
センター試験前日の高3生の自習室・VOD利用は17:00までとさせていただきます(全校舎共通)。
「必ず」前日中に持参物の準備&時間割の再確認等をして、早めの就寝をこころがけてください。
油断は禁物!時間には余裕をもって当日朝を迎えましょう!

進学アドバイザー 今津

2017年01月04日

「迫る!!センター試験」 言っておきたいことがあります

高校3年生はセンター試験まで残り10日となってしまいました。試験当日まで、勉強計画や精神面をどうもっていくか、勉強すればするほどその難しさを感じているかもしれません。両極端(「低迷」「好調」)の繰り返しにストレスを感じることもあるでしょう。

また、この直前期、いつも以上に力が入りすぎて頭の整理がつかなくなってしまう可能性がある人は、今までの勉強内容で「できるようになった」ところを繰り返し確認することや、少し間をとって運動(足腰を動かす)してみる等「ゆとり」をもつことが大切です。

もう理解力をあげようとしてあがくよりも、今の実力を100%出し切ることに専念してください。得意科目は演習量を増やしピンポイントで簡単に見直していく、そして不得意科目は演習をしたうえで、教科書に戻って分野(単元)別に復習する時間も設けるようにしてください。

今まで受験した模試をもう一度見直してみて、自分がどう間違ったのかわかるようにノートに書き残し、入試前日までそのノートを使って何回も復習する等、受験本番の精神状況を考えて自信をもって解ける問題を増やしていきましょう。

「自分はまだまだ」と否定的にとらえずに、「自分はいける」と信じて最後までやりぬいてください。

また、センター試験の当日は、休み時間の使い方もある程度考えておきましょう。友人と終わった科目の答え合わせ等せずに終わったことよりも次の科目へ向けての準備をすることです。参考書を読むことだけが準備ではありません。むしろ気持ちの整理やリフレッシュに使うことが有効な方法だと思います。初日の試験で自分なりに手応えがあったとしても浮かれな いこと、例え初日が自分が思っているような出来栄えでなかったとしても2日目に全力を尽くすことが大事です。

皆さんの健闘を祈っています。

進学アドバイザー 関山