« 受験生としての心構え | メイン | 「勉強の仕方」を勉強する »

起承転結

漢詩を用いる時に用いる組み立て方の1つです。「起」で起こしはじめ、「承」で受け継いで深め、「転」で見方や場面を変え、「結」で締めくくる。ということになります。
高校生の1年で考えると今は「結」の時期に入るのだと思います。目の前の大学入試や学校の期末テストが素晴らしい締めくくりとなればと思います。また、「起」を考えるにあたり、最初にどんな結末があるのかを考慮することが求められるといいます。間もなく迎える新年度に向けて、新しい学年での目標を立て、素晴らしいスタートダッシュを切れるように準備していきましょう。

進学アドバイザー 乕間

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.up-edu.com/mt/mt-tb.cgi/4539

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)