« 2017年08月 | メイン | 2017年10月 »

2017年09月27日

推薦入試の準備にはどれくらいかかりますか?

9月に入ってからAO入試の実施や、指定校推薦者の選定、公募推薦入試出願準備が始
まりました。
特に、これからの時期は推薦入試の準備に取り掛かるケースが多いのではないでしょうか?

よく生徒に聞かれるのが「推薦入試の準備にはどれくらいかかりますか?」ということ。私の
返答は学部にもよりますが、概ね「約1か月」と伝えます。これから模試が本格化する時期に
1か月も推薦の準備に時間をかける暇は無いという返事がかえってきます。その場合は「最
短で2週間程度」と伝えます。

それで推薦の勉強をやめるという生徒もいます。それはそれで仕方が無い場合もあります。
ただ、これと関係があるのですが「自己を評価」してもらうアピール内容が1日や2日で資料
集めも含めてできることは決してありませんし、もし1日・2日で書ききれる自己評価ならば、
他の人に勝る考える個性と、大学への思いもその程度ということになります。

大学と学部を調べ、自己の将来像にむけての筋道を自分の性格とあわせて進めていく工程
と、この資料だけで合否が決まるというものを作り上げていくにはどうしても2週間以上かか
ってしまうものだと私は思っています。

推薦入試を受ける・受けないに関わらず、”自己アピール”を書きてしてみてはどうすか?書い
たものを改めて見返すと、自分を鼓舞するのに役立つかもしれませんよ。

進学アドバイザー 湯川

休んでいる場合ではない

一日の中で残暑よりも少しずつ涼しい時間が増えてきたように感じます。
今週は秋分の日もあり、いよいよ今年の夏ともお別れだなと感じますね。

研伸館でも夏期講習が終わってからしばらく経ちますが、学校行事も多いこの
時期、うっかり勉強から遠のいてしまって、気付いたらもう9月も終 わ り!?
と焦っている人もいるかもしれません。

さて、夏期講習の序盤でこのブログで触れさせてもらったことを再度紹介させ
てもらいます。

〆FはAを○時間、Bを○時間する…の様に、一日のノルマ・時間配分を決めている
午前中に集中した勉強時間をたくさんとる(朝イチから勉強する姿勢に)
自習室に人が少ないときこそ自分はやる(周りに流されない)
げ撞戮澆終わったときにどう変わっていたいかを明確にする
ゲ撞戮澆寮茲里海箸楼戝狭佑┐此⊆信を持って完全燃焼したと言える夏にする

如何でしょうか?夏の間にやり切れた人は自信を持って模試に臨んできてくだ
さい。
 銑い禄以降にもそのまま実践可能です。ぜひ試してみてください!

上記に加えて秋以降は、「1日の休みを取り返すのに3日」を頭の片隅に置い
ておいてください。
センター試験カウントダウンも気になるところですが、取り返すのに3日か
かっていたら…

休んでいる場合ではありませんね!

進学アドバイザー 古川

2017年09月13日

ちょっと視点を変えてみる 〜シリーズ23〜

今回のテーマは『遠くを見る』です。


夏休みを終え、2学期がスタートし、暫く経ちます。

『なかなか成果が出せない』『なかなか行動できていない』といった悩みを抱えている人は
いませんか?

実は、そんな人たちにはある共通点があります。それは、
【目の前の事に追われすぎている】  という現実です。


大人にも言えることですが、忙しい毎日・次から次へと溢れる課題。

気が付くと目の前の事だけに目を奪われてしまっています。


そうなるとどうなるか??

ヒラメキや行動力が低下し、更に悪化すると、疲労感やモチベーション低下に繋がっていきます。

その状況から抜け出すためにはどうするか?
【悩んでいる時こそ、遠くを見る!】 ことが重要になってきます。

例えば、自転車に乗ることができなかった時の事を思い出してみてください。

自転車に乗る練習をした時に、最初は乗れずに転んだと思います。
そんな時、目線はどこに行っているでしょうか?

自分の漕いでいる足やハンドルなど、最も近い所を見ています。逆に乗れるようになったら、

進行方向や目的地、ひょっとすると遠くの友達に手を振っているかもしれません。


そうなんです。物事がスムーズに進むときっていうのは、視線は遠くを見ています。
忙しい時ほど、遠くを見る!


悩んだ時には、参考にしてみてください^^

進学アドバイザー 番匠

2017年09月06日

高1・高2の皆さん、準備万端ですか!

9月10日(日)、高校1年生・高校2年生の人は第2回学力診断テストがあります。
今回は5〜7月、夏期講習での学習内容が試験範囲となります。
7月には対策冊子も配布しました。

夏休み中、学校の課題、休み明けの課題テストなど、気になることがあったと思います。
また、文化祭や体育祭など、学校行事が身近に迫っている人もいるでしょう。
しかし、今日からあと数日は、学力診断テストにも力を注いでください。
日頃の予習・復習に加え、もう一度試験範囲と向き合うことできっと良い成績にたどり着くはずです。

なお、9月10日にテストを受けることが難しい人は予備日受験の申請をお願いします。
「今回はパス!」はありません。
学力診断テストは研伸館の生徒全員が受験する試験です。
まずは自分の今の学力をしっかりと把握し、次へのステップを踏み出してください。

進学アドバイザー  北村