« 2017年12月 | メイン | 2018年02月 »

2018年01月31日

新学年体験フェスタに参加しよう!

研伸館は3月から一足早く新学年の授業がスタートします。

新しい学年からは心機一転!
ギアを上げて勉強に取り組もうと考えている人も多いかと思います。

そこで、そんな皆さんの取り組みを後押しすべく、
研伸館では2月に「新学年体験フェスタ」を実施いたします。

体験フェスタでは、その名の通り、
新学年から研伸館で開講される講座のほぼ全てを無料で体験可能です。

授業の体験にとどまらず、新学年からの学習指針や
大学受験に向けての心構えもお伝えしますので、
ぜひともこの機会を活用してください!

みなさんの参加をお待ちしています!

進学アドバイザー 谷口

2018年01月24日

先んずれば人を制す

先手を取れば相手を抑えることができるから、
何かをする時は人より先にやるのがいいということ。

高校3年生の国公立志望者は、そろそろ受験校が決まり出願も完了した頃だと思います。
受験校が決まれば、後は合格目指して邁進していくのみです。何事に対しても人よりも
1歩早く行動していくように意識して、受験日まで過ごしていくようにしましょう。
朝も人より少し早く起床することを心がけ、人より少し多く時間を作りましょう。
私立受験も真っ只中です。少しでも早く会場に入り、落ち着いて力を発揮してください。

高校2年生は、今の高校3年生の頑張りをしっかりと見て1年後の自分をイメージして
おきましょう。
“まだ1年もある”それとも“もう1年しかない”感じ方は、それぞれでしょう。

今の自分をしっかり見つめ、やるべきことに少しでも早く着手していきましょう。

進学アドバイザー 乕間

2018年01月17日

今からが本当の勝負の時

センター試験を受験された方、お疲れ様でした。
これからが本当の勝負の時です。結果に一喜一憂するのではなく、今は
できることをしっかりと行ってください。

私大受験をされる方も受験日が近付いてきました。過去問を解いても無
くならない不安との勝負です。どんどん講師に質問をして、ケアレスミスが
おこる原因をつぶしていきましょう。

国公立受験者は、データネットなどの結果が返却されるまでは粛々と問
題を解く時期です。
まだ、センター試験の結果を担当サポーターに連絡されていない方は、
各校舎へのFAXやマイページでご連絡ください。

結果が返ってきたら、各担当サポーターや授業担当講師に相談をして
ください。特に志望大学の決定に苦慮する方は学校や研伸館で是非相
談し、早期に志望大学を決定させ、あとは志望大学に向けて気持ちを昂
らせながら取り組んでいきましょう。

私達は皆さんの受験に最大限の尽力をする最後の時期です。悩むことが
あればまず相談。問題を解いて疑問がのこれば相談。
相談・相談の繰り返しです。受験本番まで気持ちを途切れさせることなく
進めていきましょう。

進学アドバイザー 湯川

2018年01月10日

受験生へ

いよいよ勝負の時が近づいてきました。

これまで一通りの学習を経てきた皆さんは、今もっとも大切な時期を迎えています。
焦りや不安で勉強が手に付かなくなったり、緊張を紛らわそうとついつい友人と
長話をしてしまったり、と手を止めてはいないで しょうか。

また、今からあれこれ新たな問題集に手を出すのは、相当な負担になるととも
に、かえって焦りや不安にもなります。
過去問演習以外の勉強には、これまで自分が使ってきたテキストや問題集を用い
ることです。
一度見た問題や答えを知っているものでも、それを再確認し自信に変えていくこ
との方が有効です。
あるいは自分が書き込んだテキストやノートを見返して、「これだけやったから
大丈夫」と思えるようになることも大事です。

そして、センター試験当日は、自分がやり込んだテキストや問題集を何冊かお守
り代わりに持って行くと良いでしょう。

みなさんの健闘を信じています。

進学アドバイザー 古川

2018年01月03日

ちょっと視点を変えてみる 〜シリーズ25〜

今回のテーマは『感動をエネルギーに変える』です。

小学校・中学校・高校の時に感動したことを振り返ってみてください。

感動で心が温かくなったり、意欲的になった経験が、みなさんの頭の中で
いくつか思い浮かぶと思います。

一方、あの時はあんなに感動したのに、今となっては熱くならないよな〜
という経験も多くあると思います。

事実、感動した経験を活かせていない人がほとんどです。

では、どうやって活かすか。
それは、【感動を繰り返し思い出すこと】です。

例えば、研伸館の授業を通して、今まで分からなかった
部分が理解でき、とても感動したとします。

ただ、その満足度の余韻に浸ってしまい、
復習が後手になった経験のある人もいるかもしれません。

学んだ直後は、その理解できた感覚がいつまでも
続くような気がしますが、

放置状態では、3日もあれば、ほぼ全部忘れます。

感動の熱が残っているうちにノートを見直すでも良いですし、
感動した内容が勉強方法等なら、友達に教えてあげる
(=アウトプット)も効果的です。

人に伝えるという行為は一見自分の時間を削るように思うかも
しれませんが、自身の記憶定着には、実は一番効果的です。

冬休みに感動したことを早速エネルギーに変えていきましょう^^

進学アドバイザー 番匠